シンガポール航空A380を成田へ

シンガポール航空(SQ)はシンガポール・成田線のSQ637/638便にA380を投入することを発表しました。
4/27のシンガポール発SQ638便からB787-10からA380にシップチェンジとなって運航されます。(成田発は4/28から)
シンガポール/成田/ロス線のSQ11/12便は現在のB777-300ERでの運航となります。
 SQ638 SIN/NRT 23:55 8:00+1 Daily A380
SQ637 NRT/SIN 11:10 17:20 Daily A380

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 A380 9V-SKC

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 A380 9V-SKC

予定では10/26のサマースケジュールまでとなっていますが、7月からは機内をリニューアルしたA380Rを投入する予定で6席用意されている「スイート」では、シートとは別にフルフラットベッドが用意されている豪華な機内が自慢となっています。

SQは昨年末からシンガポール・羽田線を増便し毎日4便飛ばしており、訪日観光客の需要が多く羽田線にもA380の投入を希望していますが、羽田空港ではA380の旅客対応施設が未対応なことから実現していません。

コメントを残す