【キスアナゴ】(5/4)浦安・吉野屋

当初は5/1のメーデーの後、キスアナゴリレーに行こうと思っていたら天気が悪く中止にして、今日に順延しました。

予報では晴れとの事で、10時半に家を出て途中、釣具屋で仕掛けを購入して早めに浦安の船宿に到着しときます。ボードを結構札が取られていて、まだ空いていた右舷ミヨシから4番目を確保してから受付で料金9500円を払います。
早く来たのは前から気になっていた昼食を駅近くの「まぐろや相馬水産」でマグロ丼を食べてから乗船しようという魂胆だったのです。

マグロ丼を堪能して船宿に戻り支度して乗船すると、今日は二艘出しになり移動する人の調整があり、移動した人が居たのでミヨシから2番目になりました。

干潮で河口の水深が浅くなっているとかで少し遅くれて13時10分に出港となり、木更津沖を目指します。でも東京湾上空には大きな積乱雲が出来ていてなんか嫌な予感がします。

木更津沖まで1時間程で到着するとなんとなくどんよりした雲が多く西の方は結構暗くなっています。
雨がふらなければいいなぁ~と青イソメを付けてスタートします。

水深15m程で着底後、少し底を少し切って誘いを入れるとククックとアタリがあります。竿先で合わせるといい感じの引きがあり良型のシロギスをゲットです。

2投目も少し誘いを続けるとアタリがあり先程の様な引きでは無いもののまあ春先らしいサイズのキスでした。
こう立て続けに釣れると今日の小さいクーラーじゃ入り切らないカモなんて思ったのが行けなかったのが、この後が続きません。

船中でもポツポツ状態で流石に喰いが良いとは言えない状況です。ちゃんと誘いを入れないとアタリが遠いようでこまめに誘いを入れている人はポツポツと釣れています。

釣れている人の誘いを真似して誘いを入れて見るとアタリは出るのですが、なかなか針がかりしません。
タイミングなのかなぁ~とインターバルを長くして向こう合わせにしてみたら上手く掛かりました。

ようやく足元の樽にキスがそこそこ泳ぐようになりましたが、キス釣りってこんなに難しかったっけ?と思うほど数が伸びません。
キスが20位は欲しいなぁと思っていましたが、夕方までに達成できるか厳しくなりました。

それとアカクラゲが結構流れて来るようになり、仕掛けに触手がまとわりつき手前まつりも多くなります。
16時を過ぎてこれではアナゴも厳しくかるかなと思っていると、恐れていた音が響き始めます。

最初は遠い目で鳴っていたり光っていたのですが、木更津の製鉄所あたりでも鳴り始め、さっきまで見えていた製鉄所の炎が雨で見えなくなってしまいました。

少し場所を移動して雷雲から離れて釣りを続けますが、どんどん暗い雲が広がってきて風向きも不安定になってきました。
17時頃から風も次第に強くなり冷たくなってきました。こりゃダウンバーストだ、このままだとヤバイなぁと思っていたら大粒の雨が降り出してきました。

合羽を着て釣ってましたが、雨が強くなるので一時キャビンに避難します。
少し待てば雨は弱くなるかなとキャビンで夜との様子を見てたのですが、好転せず17時半に船長から早上がりが宣言され、終了となってしまいました。

釣ったキスは15匹で、名物の船上うどんも食べれず、アナゴも釣らないで夕日がまだ残る18時半に帰港となりました。
東京湾の釣行で早上がりは初めての経験です。
なにも補填も無く終了。
残念無念。
アナゴはリベンジしないと駄目かな
キス釣果

<収支報告>
 収入の部
  シロギス(12cm~25cm)15匹
 支出の部
  乗船代 9500円
  仕掛け等 1540円(オモリ、仕掛け等市販品)

<船宿>
 浦安 吉野屋

コメントを残す