【勝浦川津港】堤防釣り

毎年夏の時期になると、勝浦川津港に出掛けています。
昔、ココでマダコの1kg級を釣り上げて後、タコテンヤを投げていると、結構釣れる事が多く、夏にはアジも回遊してくるので、サビキ釣りをしながらテンヤを投げると言う釣りをしています。

三連休の初日、大潮で満潮が18時半なので、夕まずめ狙いで出掛けてみました。
15時半に到着すると、いつもは数人しか居ない漁港前堤防も今日は10人くらいが釣りをしていました。

空いている場所に入って用意をして、周りを巡回するとショゴが回遊しているようで、20cm位のを釣り上げている人が居ました。あわよくばショゴも釣りたいなぁと思っていたら、タコテンヤを投げていた嫁さんが「根掛かりして取れない」らしい。

川津港でテンヤが取れないほどの根掛かりは今まで無かったので、何かロープか何かが沈んでいるのか?と強弱つけて外す試みをしましたが取れず、最後は力任せで引っ張り、「ブッチ」
テンヤロストです。予備のテンヤがあって良かった。

サビキの方は、コマセを撒くとフグの猛攻。アジ狙いの場合は、タナは下にしないと駄目と以前ココで教わっていたので、嫁さん子供に伝えて、テンヤ投げをしていましたが、タコの乗りはなし。

サビキはフグを釣っては外しての繰り返しですが、アジが掛かる時があって、10~15cmのが、日没過ぎまで粘って5匹。
うーーん、これじゃ近所で手長エビ釣っていた方が良かったかなぁ

今日は月が太平洋から昇ってきました。
月明かりが綺麗でした。

コメントを残す