【アジ】(11/18)袖ヶ浦牛込港・牛込ゆうせん(第三鳩長丸)

牛込ゆうせん勝山から夜ムツ釣りに出掛けるつもり準備万端でしたが、昼に「予報が悪いので出船中止」の知らせがあり、意気消沈。
これからじゃ午後船も間に合わないよなぁ~とネットで調べていみると、袖ヶ浦牛込港の「牛込ゆうせん」が14時半出船の「夕まずめアジ船」を出していると言う。
早速、TELしてみると一人にも関わらず、「いいですよぉ」の返事。LTアジの道具も持ち出し、アクアラインを通って自宅から50分程で到着。

暫くすると船長がやってきて、「このところ、シブイから覚悟してねぇ~。でも来ればデカイよ」と・・・まあ釣りが出来ればと準備をして14時20分に出港。
ポイントは、港から5分程の盤洲沖、港前の海苔筏周りにアンカーを入れてのかかり釣り。
アミコマセを籠に入れて、せっせとコマセを巻き続けます。船長もサビキ仕掛けを出してコマセを撒いてくれるのですが・・

ノーシグナルな1時間がたち、2時間が過ぎてもアタリすらありません。あちゃーやっぱ駄目かぁ~アジ釣りでオデコは辛いよなぁと。船長もそろそろ始まらないとなぁとぼやきます。

完全に日が落ちて、そろそろタイムアップの17時近くになって、初めてのアタリが到来。残念ながらばらしてしまいましたが、ようやく魚が来たか!と、コマセを詰め替えて仕掛を入れると、着底してコマセを振るとビビビとアタリ。ちょっとアジの引きとは違うなぁと上げると、これまた20cmオーバーの良型シロギス。

船長もおー随分良いキスだな。この時期この辺でこういうのが上がるんで狙うと面白いんだけどねと。
魚探に反応が出て始めたから残りのコマセ使い切るまでやってみてと延長してくれました。

ではと再び仕掛けを入れると、またもやアタリ。これはアジな引きだぞ上げてみると、15cm程のアジがダブルで釣れました。
時合い到来?かとせっせを再投入しますが、次が続きません。一人なんでコマセが効かないので仕方無いです。

少しすると今度もアタリ。アジには随分引くなぁと上げると40cm程の丸々太ったマアナゴがスレで釣れました。こりゃウマそうだ。今年の夏はアナゴ釣りに行かなかった分、嬉しい外道です。

仕掛をぐじゃぐじゃにされたので、交換してアジが釣れないかとコマセを打ち続けますが、群れが薄いからか後が続きません。
するとひったくるアタリがあり、こりゃなんだと上げてみれば1m近いサメ。船長が持って帰るかい?と聞くがいりませーんとハリスを切ってお帰り頂きました。

仕掛も無くなったし17時半を過ぎたので、もう上がりましょうと船長に伝え、帰港することに。
港でアナゴを割いて貰い、船代を支払い今日の釣行は終了となりました。

初めての船宿でしたが、船長も面倒見も良く気持ち良い釣りが出来ました。

【船宿】牛込ゆうせん(第三鳩長丸)
【料金】4500円(アオイソ、コマセ、氷付き)
【仕掛】アミ用LTビシ40号、アジビシ仕掛
【釣果】アジ2,キス1,アナゴ1

Trackbacks / Pingbacks

  1. 【袖ヶ浦】ラーメン・寿 | 旅と飛行機のTRAVAIR-BLOG

コメントを残す