【一つテンヤマダイ】6/30大原港うすい丸

image

先月釣り仲間の飲み会で一つテンヤに行こう!となって必然的に大原で午後船乗って仲間の週末別荘で宴会の流れになりました。
午後船なので朝早く出る必要が無いので楽なんですが、行きがけにいすみ鉄道でキハ52の撮影して大原港にやって来ました。

午前船は根魚で出船だったようでキントキが大漁だったようで、クーラー満タンの人も見掛けました。うらやまし~

午後船は我々7名の他、1名の乗船で計8名で12時半に出港です。北東の風がやや強くうねりも出て船速も遅くなり、ポイントまで航程1時間近く掛りようやく到着しました。
シーアンカーが入ってスタートフィッシングとなります。
今日は8号のテンヤで初めてみました。水深は30mとの事ですが、35m程道糸が出た辺りで、着底したような感触。

風が強くうねりもあって底立ちが判りにくい状況で、今日は厳しそうだなぁと嫌な予感。
それでも、エサ取りのアタリはあってアワセるのですが、なかなか本命が来ません。

右舷では、早速タイが上がったようですが、左舷は小さなハナダイやマダイが釣ったメンバーも居ますが、どうもダメなパターン。自分はウマヅラを上げただけです。
何回か移動したりしますが、底潮が早く、タナ取りしても直ぐに流され浮いてしまい、タナ取りも難しくなってきます。10号テンヤにしてみたのですが、それでも時折底立ちが取れない時がありました。

夕まずめに期待したのですが、どうも芳しく無いまま時間が過ぎていきました。
この日のハイライトは、左舷胴の間のメンバーが中層で青物が掛り、大フィーバー? 周りからサメじゃない?なんかとヤジが飛ぶ中10分以上格闘して3kgのワラサが上がりました。
ライトなタックルでも上がるものですねぇ~

この後気合いを入れなおして18時半の沖上がりまで頑張りましたが、本命は釣れず The End

19時半に帰港となり、そのまま宴会へ。
夏の大原は潮の流れが早いから一つテンヤは厳しいかな。でもアタリは多いし、なんせタックルが軽いからそんなに疲れないのがGoodです。
次回はタイを釣りたいなぁ~

コメントを残す