【マダコ】(12/20)富津港「川崎丸」

今日は、多分今年最後の釣行として東京湾のマダコ釣りに出掛けてきました。
先週、横浜の本牧釣り桟橋でテンヤをやったのですが、釣れませんでしたので、そのリベンジ?と言うわけです。

この時期、マダコ船を出すのは富津と湾奥の船宿ですが、富津の船宿の場合、釣れない場合にはお土産として冷凍のマダコが付いてくるので、万一を考え前日に富津の川崎丸に予約をしました。

今朝は、4時半に出発して6時前に宿に到着です。車から出ると北風が結構吹いていて寒さが身体に染みます。どうやら今日の乗船客では一番最後の受付になりました。
船着場に移動して、着替えて乗船します。
今日は7人で片絃流しとの事で空いていた胴の間に入ります。

用意が出来た6時半に出船。航程20分でマダコの聖地?第二海堡に到着です。
随分前に、冬マダコに来た時は、ココで連続4匹釣り上げた事もあります。

丁度北風が島影になるポイントを攻めますが、ココは根掛かりが多い場所なので、慎重にテンヤを動かしてマダコを誘います。
暫くして、テンヤがぐぅーと重たくなりタコやテンヤに乗った感触がありました。ちょいと小刻みに動かしてタコが乗ったのを確認してアワセますと乗りました。
「乗ったよぉ」と船長に声を掛けるとタモ取りしてくれて、無事にネットインで船中第一号をGETです。
1kgあるか無いかの食べ頃サイズでした。

朝一で釣れると気が楽になりますね。

今日の目標は2匹なので、上方修正できるように攻めますが、根掛かりでテンヤをロスト。テンヤロストすると500円でテンヤと交換になります。
船中でもポツポツとマダコが上がりました。
大型が出ませんでしたが、1kg前後のマダコが船中で5匹釣れたところで、第二海堡を離れることになりました。

船は20分程南下して観音様を望む大貫沖のポイントに到着。
ココは水深10m前後の根回りです。
根掛かりに注意しながら探りますが、根掛かりでテンヤをロストしました。
ポイントを変えると、タコが釣れたりしますが単発で、なかなか自分にはタコが回ってきません。

今日はこの1匹で終わりか・・・と嫌な感じになります。
今まで、東京湾のマダコは第二海堡周り以外で釣り上げた事は無いんだよなぁ~と負の気持ちが大きくなっちゃいます。

気分転換に、サービスのカップラーメンを食べたりしましたが、タコの乗りは遠いまま、12時近くになってしまいました。
「最後に深場のポイントを流します」と船長のアナウンスで移動となりました。

今まで水深3m~10mのポイントでしたかココは水深30mの深場で、大型のタコが上がるポイントでもあるそうなので、最後に気合を入れてテンヤを投入します。
水深が深い分、テンヤのテンションが重くなり小突くにも少し力を入れる必要があります。

ミヨシで2人連続でバラシがあり、船長から「水深が深いので、アワセはしっかり入れるように」との注意があった後、自分のテンヤにもタコが乗ったような感触があり、腕を伸ばしてアワセてからタグリ始めたのですが、5m位タグっった所で軽くなりバラしてしまいました。
貴重な乗りだったのですが・・・

takoこのポイントでは結構、船中でマダコの乗りがあり、船長もタモ取りが忙しくなってきたところで、自分にも再びタコの乗りがあります。
さっきの失敗があるので、今回はしっかり確実にアワセを入れてたぐり続け、ネットインしたのは500g程の小ダコでした。

これで一応目的の2匹になりました。
大型も多いポイントらしいのですが、今日は500g~1kg前後のマダコがこのポイントで良く乗りました。中には最後のポイントで4匹を上げた人も居るほどで、タコの活性は随分たかったです。
自分ももう一回、マダコの乗りが有ったのですが、残念ながらアワセ損ねでテンヤに乗せることが出来ませんでした。

13時15分沖上がりの時間になり、今日はココまでになりました。
2kgオーバーの大型は出ませんでしたが、7人乗船して全員2匹以上釣ってますので、まずまずの釣果だったのでは無いでしょうか?

小さめにタコは「たこ飯」に丁度良いサイズでしたので、たこ飯で食しましたが、美味しかったですよぉ~
今日は釣れて良かった良かった。

 [船宿]富津港川崎丸
 [仕掛け]タコテンヤ(60号)
 [料金]9000円(氷付) テンヤ紛失につき500円

コメントを残す