【ハゼ】木更津・金田漁港(2014/9/14)

そろそろハゼのシーズンと言うことで、今年も木更津、金田漁港で竿を出してみました。
この日の満潮は19:20なので、上げ狙いでいつものように午後に自宅を出発。
途中でエサを仕入れて環八羽田から首都高・アクアライン経由で向かったのですが、14時近くになってもアクアラインが渋滞していて環八羽田から海ほたるまでダラダラ運転。
お陰で14時半前に着ける筈が、15時を回ってようやく到着する始末。あー三連休を甘く見過ぎた?

仕掛けを用意して釣り始めると、アタリはソコソコあります。
ただ、なかなか針がかりしないなぁと思っていると嫁さんが釣り上げたのを見て納得。
まだ型が小さいようです。
いつもなら、もう少し大きくなっている筈なのですが・・・

この日のアベレージサイズ

この日のアベレージサイズ


ハゼは広範囲にいるようで、軽く投げればアタリが出ます。
徐々に潮が満ちてきて水位も上がってきたので、堤防から湾外に向けて投げてみると、いつもの湾内で釣れるアベレージサイズが釣れました。湾外ならもう少し大きいサイズは釣れるのですが、全体に生育が遅れているような感じです。
次の大潮回りあたりになれば、型も良くなるかも知れませんね。

頻繁にアタリがあったのですが、やはり針がかりしません。針も大きめのを付けていたので余計に掛からないのかも。
パッタとアタリが止んだと思ったら、おおきなガザミが掛かりました。味噌汁だねだぁ~と喜んだのもつかの間、目の前でバレてしまいました。
30cmはあった筈。
ガザミが消えたあたりに仕掛けを落としてみましたが、残念ながら掛かりませんでした。

アタリが遠のいたのはガザミが回遊してきたから?
もう夕日が綺麗な時間になり、今日は大して釣れないなぁと、湾内で釣っている家族の方に戻ります。
なんやらアクアラインの反対側が煌々とライトが付いています。
また氣志團のコンサートでもやっているのかねーと、何気にスマホでチェックするとビンゴ!。氣志團が姉ヶ崎でコンサートをしているようです。去年は、盤州のイイダコ船に乗っている時に、氣志團がコンサートやっている会場の前で釣っていたことがあるのですが、今年も同じようにコンサートの日に釣り来ているとは・・・

日が暮れて回りも暗くなった18時半に竿納。
トータル15匹。
うーん、ちょっと貧果ですねぇ~それに唐揚げサイズだったのも残念。
もう一回位、チャレンジしないとダメですね。

コメントを残す