【RJTT/HND/羽田】2020/1/4撮影レポートその3

昼前から雲が広がってくる予報でしたが、逆に帰る頃になって晴れてくると言うなんとも撮影に良くあるパターンです。

JL/JAL/日本航空 JL37 B777-200ER JA706J

JL/JAL/日本航空 JL37 B777-200ER JA706J

完全に雲が取れれば青空バックで綺麗になったのですが・・・まあ晴れただけヨシとしないと駄目かな

NH/ANA/全日空 NH847 B787-9 JA893A

NH/ANA/全日空 NH847 B787-9 JA893A

D滑走路先端近くに来ると旋回するシーンを撮影しやすくなります。

BC/SKY/スカイマーク BC105 B737-800 JA73NG

BC/SKY/スカイマーク BC105 B737-800 JA73NG

737クラスも大きく撮ることが出来るのが海上からの撮影の良いところです。

NH/ANA/全日空 NH21 B767-300 JA8971

NH/ANA/全日空 NH21 B767-300 JA8971

北上するにつれ離陸機が近づきお腹がよく見えるようになります。

NH/ANA/全日空 NH663 B777-200 JA711A

NH/ANA/全日空 NH663 B777-200 JA711A

スターアライアンスカラーのトリプルを真下から撮影しますが、重いレンズでの見上げて撮影は結構たいへんです。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G77 A320 JA26MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G77 A320 JA26MC

D滑走路が遠ざかると逆光になってしまいますが、海がレフ板になってお腹に当たります。

C滑走路の正面に船が移動します。この時間になると光線状態が悪くなってきます。

NH/ANA/全日空 NH223 B777-300ER JA791A

NH/ANA/全日空 NH223 B777-300ER JA791A

北アルプスバックにC滑走路から離陸するトリプルです。

NH/ANA/全日空 NH741 A321Neo JA134A

NH/ANA/全日空 NH741 A321Neo JA134A

機体が軽いのでターミナルをバックにして離陸します。天気が良ければバックに富士山が写る筈なんですけどね。

船は天王洲に戻るのでC滑走路と並走しながらゆっくりと北上します。

JL/JAL/日本航空 JL43 B777-300ER JA740J

JL/JAL/日本航空 JL43 B777-300ER JA740J

LHR行のトリプルERがC滑走路を目一杯使って離陸していきます。流石に欧州便だと重量がありますからね。

そろそろ羽田沖とおお別れです。

HD/ADO/エアドゥ HD21 B737-700 JA11AN

HD/ADO/エアドゥ HD21 B737-700 JA11AN

羽田沖では船のミヨシ(船首)側で撮影していましたが、流石に寒かったです。
まあ、冬の船釣りで寒さは判っていましたから防寒対策をして行ったのでなんとか耐えられました。

船は大井ふ頭を通って天王洲の船着き場には予定とおり12時半に帰港しました。
天候が残念でしたが3時間半のクルーズは、なかなか充実した時間となりました。
グルーズ代金は4700円と、3時間半の時間から考えると安いのでは?
船はクルーザーでは無く通船タイプなのでカッコいい船ではありませんが、安定性はありますしデッキから撮影しやすいですし、なんせ普段撮影できない場所に行けるのですから、また行きたいですね。


飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2020/1/4撮影レポートその2

浮島沖から再びD滑走路に沿って移動します。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G45 A320 JA09MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G45 A320 JA09MC

スカイツリーバックにスターフライヤーのA320が離陸します。

NH/ANA/全日空 NH969 B787-8 JA815A

NH/ANA/全日空 NH969 B787-8 JA815A

ドリームライナーも続きますが曇ってしいました。
晴れていればよかったのですが・・・

JL/JAL/日本航空 JL113 B787-8 JA847J

JL/JAL/日本航空 JL113 B787-8 JA847J

少しづつですが晴れ間がのぞいてきました。

NH/ANA/全日空 NH469 B777-300 JA751A

NH/ANA/全日空 NH469 B777-300 JA751A

後ろに東京タワーが写っているのですが、この時に限って曇るとは、なんとも運が悪いことですねー。

NH/ANA/全日空 NH963 B777-200 JA704A

NH/ANA/全日空 NH963 B777-200 JA704A

D滑走路から上がったドリームライナーとC滑走路から上がったJALが上手くコラボしました。

BR/EVA/エバー航空 BR169 A330-300 B-16337

BR/EVA/エバー航空 BR169 A330-300 B-16337

エバーの330が管制塔バックに離陸していきます。

TG/THA/タイ国際航空 TG683 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG683 B747-400 HS-TGA

今日のメインターゲット、TGのジャンボがD滑走路から離陸します。もうシャッター切っぱなしです。
TGのジャンボはこちらで色々紹介してます。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX543 B777-300 B-HNU

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX543 B777-300 B-HNU

キャセイの短・中距離線用のトリプルが香港に向けて離陸しました。
香港の騒動が収まれば撮影に行きたいですね。

CZ/CSN/中国南方航空 CZ3086 B777-300ER B-20AA

CZ/CSN/中国南方航空 CZ3086 B777-300ER B-20AA

チャイナサザンの特別塗装機が上がりました。D滑走路に姿を表した時には最初はどこのキャリアだ?と思いました。

NH/ANA/全日空 NH249 B777-200 JA702A

NH/ANA/全日空 NH249 B777-200 JA702A

ANAハンガーのロゴバックに古い?トリプルが上がりました。
ANAが初期に導入したトリプルでもう20年以上も飛んでますからそろそろリプレイスも時期に差し掛かってますが、どうなるんでしょうね。

JL/JAL/日本航空 JL345 A350-900 JA05XJ

JL/JAL/日本航空 JL345 A350-900 JA05XJ

離陸後ライトターンする姿が綺麗に撮れました。
JALが導入したA350-900も既に5機目がライン就航して徐々に路線も拡大しています。


<その3へ> <飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2020/1/4撮影レポートその1

年末のフグ釣り釣行の際、浦安から出船した釣り船がD滑走路の脇を通っていき、D滑走路から飛び立つ飛行機を見て、正月はこれだ!と思って予約したのが、「羽田沖でジャンボ機の捕獲を狙おう!クルーズ」です。

正月なら空気も澄んで富士山バックが狙えると考えて、天気予報を見て予約しました。当日羽田周辺は午前中は雲は少なめの予報でしたが、天王州から出船して羽田に向かうと雲が多く、D滑走路は曼荼羅状態でした。

JL/JAL/日本航空 JL257 B737-800 JA340J

JL/JAL/日本航空 JL257 B737-800 JA340J

D滑走路から離陸するとライトターンしていきます。こういうひねりを撮影できるのも海上撮影ならではです。

NH/ANA/全日空 NH247 B787-8 JA817A

NH/ANA/全日空 NH247 B787-8 JA817A

D滑走路に進入するドリームライナーを正面から狙います。

JL/JAL/日本航空 JL81 B777-200ER JA702J

JL/JAL/日本航空 JL81 B777-200ER JA702J

離陸するトリプルをスカイツリーバックで撮影できました。
滑走路手前の柵が邪魔ですがロケーション的には仕方ないです。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH714 A350-900 D-AIXH

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH714 A350-900 D-AIXH

船が浮島町公園沖にに進むとルフトのA350が降りてきました。海に反射した光が機体を照らして少し幻想的な感じになりました。

JL/JAL/日本航空 JL254 B767-300ER JA614J

JL/JAL/日本航空 JL254 B767-300ER JA614J

A滑走路に着陸するB767を誘導灯と絡めてみました。
この日は北風が強めに吹いており波が立ち、船首デッキからだと船のピッチで撮影しにくかったですね。

JL/JAL/日本航空 JL372 B737-800 JA306J

JL/JAL/日本航空 JL372 B737-800 JA306J

雲が多めで少し残念でしたが、こういう写真はこういう天気でないと撮れないですからね。

JL/JAL/日本航空 JL372 B737-800 JA306J

JL/JAL/日本航空 JL372 B737-800 JA306J

「アンダージェット」と呼ばれる構図で。こうみるとB737も大きく感じます。(まあ実際は大きいのですが)

JL/JAL/日本航空 JL110 B767-300ER JA656J

JL/JAL/日本航空 JL110 B767-300ER JA656J

A滑走路に降りるB767も光線があたれば綺麗に撮れるのですが・・・

JL/JAL/日本航空 JL87 B787-8 JA832J

JL/JAL/日本航空 JL87 B787-8 JA832J

浮標灯内側立入禁止の看板とドリームライナー

JL/JAL/日本航空 JL313 B777-200 JA8977

JL/JAL/日本航空 JL313 B777-200 JA8977

スカイツリーとツーショットで

JL/JAL/日本航空 JL502 B777-200 JA773J

JL/JAL/日本航空 JL502 B777-200 JA773J

C滑走路に着陸するオリンピック塗装機です。少し青空が広がって来ました。どうせならもっと早くに晴れて欲しかったですね。


その2へ> <飛行機の館へ

(1/4)羽田沖でタイを捕る

タイトルから羽田沖でタイが釣れのかと思われてしまいそうですが、そうなんですよ~タイが上がってるんですよ!
タイをやる船宿は天王州のジールクルーズで、出船日が限られるですが出れば必ず全員がタイの顔を見られると言うのです
ハハハ もう、リンク先を見れば判りますよね。(笑)

9時に16名を乗せて出船となり、30分ほど走ってポイントに到着します。船は速度を落として羽田沖のD滑走路脇を流します。D滑走路ができる前はこの辺りはマコガレイのポイントだったんですよね。
マコガレイ船にカメラとエアバンド持ち込んで乗ったのもです。
SCWの予報から今日は富士山を眺めながらタイが狙えると思って予約したのですが、予報に現れない低空の雲が羽田沖を覆ってしまい富士山は雲に覆われて眺めません。

タイが上がるまで外道?のルフトとかJLの350を捕りながらタイを待ちますが、寒い。ミヨシの突き出し居たので北風がもろに当たります。

10時半を過ぎてそろそろ潮見(時刻)表とおりなら時合の筈。竿(レンズ)先を注視すると、タイのアタリが来ました。

TG/THA/タイ国際航空 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG683 B747-400 HS-TGA

今日のタイはHS-TGAです。
富士山が見えませんでしたが、お正月で工場が休業しているお陰?で羽田沖から北アルプスの山まで見渡せます。
TG/THA/タイ国際航空 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG683 B747-400 HS-TGA

今日のタイはお鼻が灰色ですね。そうそう天然のマダイの鼻の穴は片側に二つで、養殖のタイは二つの穴がくっついて一つになっているんですよね。

TG/THA/タイ国際航空 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG683 B747-400 HS-TGA

北アルプスをバックにタイは加速していきます。
富士山バックは叶いませんでしたが、北アルプスバックの方がレアかも知れませんね。
TG/THA/タイ国際航空 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG683 B747-400 HS-TGA

タイが上がりました!
うーん惚れ惚れする機体です。朝から曇りがちでしたタイが上がる時には太陽が復活してくれました。
TG/THA/タイ国際航空 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG683 B747-400 HS-TGA

ギアアップした姿もなかなか良いです。

TG/THA/タイ国際航空 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG683 B747-400 HS-TGA

05から上がったタイはターンライトして。

TG/THA/タイ国際航空 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG683 B747-400 HS-TGA

タイはバンコクに向けて飛びたって行きました。
無事に羽田沖でタイを捕獲できました。

富士山バックになりませんでしたが、北アルプスをバックに撮れたのは良かったです。富士山バックは次回のお楽しみにしましょう。

天王洲の船着き場には12時半に帰港しましたが、半日船とは言え寒かった~。ホント、釣行並の武装で良かった。

この他撮影した外道達?は後日、撮影レポートにして紹介したいと思います。


1/4撮影レポートその1へ> <飛行機の館へ