【RJTT/HND/羽田】2020/1/4撮影レポートその3

昼前から雲が広がってくる予報でしたが、逆に帰る頃になって晴れてくると言うなんとも撮影に良くあるパターンです。

JL/JAL/日本航空 JL37 B777-200ER JA706J

JL/JAL/日本航空 JL37 B777-200ER JA706J

完全に雲が取れれば青空バックで綺麗になったのですが・・・まあ晴れただけヨシとしないと駄目かな

NH/ANA/全日空 NH847 B787-9 JA893A

NH/ANA/全日空 NH847 B787-9 JA893A

D滑走路先端近くに来ると旋回するシーンを撮影しやすくなります。

BC/SKY/スカイマーク BC105 B737-800 JA73NG

BC/SKY/スカイマーク BC105 B737-800 JA73NG

737クラスも大きく撮ることが出来るのが海上からの撮影の良いところです。

NH/ANA/全日空 NH21 B767-300 JA8971

NH/ANA/全日空 NH21 B767-300 JA8971

北上するにつれ離陸機が近づきお腹がよく見えるようになります。

NH/ANA/全日空 NH663 B777-200 JA711A

NH/ANA/全日空 NH663 B777-200 JA711A

スターアライアンスカラーのトリプルを真下から撮影しますが、重いレンズでの見上げて撮影は結構たいへんです。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G77 A320 JA26MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G77 A320 JA26MC

D滑走路が遠ざかると逆光になってしまいますが、海がレフ板になってお腹に当たります。

C滑走路の正面に船が移動します。この時間になると光線状態が悪くなってきます。

NH/ANA/全日空 NH223 B777-300ER JA791A

NH/ANA/全日空 NH223 B777-300ER JA791A

北アルプスバックにC滑走路から離陸するトリプルです。

NH/ANA/全日空 NH741 A321Neo JA134A

NH/ANA/全日空 NH741 A321Neo JA134A

機体が軽いのでターミナルをバックにして離陸します。天気が良ければバックに富士山が写る筈なんですけどね。

船は天王洲に戻るのでC滑走路と並走しながらゆっくりと北上します。

JL/JAL/日本航空 JL43 B777-300ER JA740J

JL/JAL/日本航空 JL43 B777-300ER JA740J

LHR行のトリプルERがC滑走路を目一杯使って離陸していきます。流石に欧州便だと重量がありますからね。

そろそろ羽田沖とおお別れです。

HD/ADO/エアドゥ HD21 B737-700 JA11AN

HD/ADO/エアドゥ HD21 B737-700 JA11AN

羽田沖では船のミヨシ(船首)側で撮影していましたが、流石に寒かったです。
まあ、冬の船釣りで寒さは判っていましたから防寒対策をして行ったのでなんとか耐えられました。

船は大井ふ頭を通って天王洲の船着き場には予定とおり12時半に帰港しました。
天候が残念でしたが3時間半のクルーズは、なかなか充実した時間となりました。
グルーズ代金は4700円と、3時間半の時間から考えると安いのでは?
船はクルーザーでは無く通船タイプなのでカッコいい船ではありませんが、安定性はありますしデッキから撮影しやすいですし、なんせ普段撮影できない場所に行けるのですから、また行きたいですね。


飛行機の館へ

コメントを残す