下地島17エンド車進入禁止へ

下地島空港といえばRWY17エンドです。

下地島空港といえばRWY17エンドですが・・・

下地島空港のRWY17エンドと言えばエメラルドグリーンの海に突き出た赤い誘導灯柱の風景で知られていましたが、3月23日から空港を周回する外部道路のうち空港ターミナルビルの先から車での進入が禁止されます。

下地島空港はパイロットの訓練空港として航空ファンには知られた場所でしたが、JALとANAが訓練から撤退して長いこと閑散としてきましたが、2015年の伊良部大橋開通で宮古島と陸続きになり交通の便が飛躍的向上、下地島空港も民営化され3月からLCCのJetstarの乗入りが始まり、7月には香港エクスプレスが週3便で乗入れすることも決まってます。

宮古島から車で気軽に来れることになり、17エンドに向かう増え幻のビーチだとかインスタ蝿するとかで観光客がバスや車で押し寄せ、周回道路に車が溢れる自体になりました。

下地島空港の17エンド側にはILSが設置されており、バスがエンドに通過されると航空法の高度制限に抵触する恐れがある事や、交通事故による空港場周フェンスの破損の発生、大型車の自重による道路破損が発生していることから今回の車両進入禁止になりました。

便利になった反面こういう事態になってしまうのは残念でありません。幸いなことに徒歩での立入りまでは禁止されなかったのは、配慮してくれたのだろうと勝手に解釈してますが、そのうち馬鹿が問題を起こして完全閉鎖されない事を祈るばかりです。

懐かしシリーズ”下地島空港に佇むJALのB747-200”

このこところ多忙&体調不良で更新が滞っています。3月に行った温泉レポートも上げてないし・・・
そんな訳で今日のエントリーは困ったときの懐かしシリーズと言うことで、今日紹介するのは下地島空港のB747-200です。

JL/JAL/日本航空 B747-200 JA8127

JL/JAL/日本航空 B747-200 JA8127

2002年11月に初めて下地島に家族で旅行しその際に撮影したショットです。

下地島に到着した時、ジャンボ機がタッチアンドゴー訓練をしており空港近くのさしばの里にあるコテージにチェックインして空港に向かうとその日の訓練は終わっており、駐機場に佇むB747を撮影して翌日こそはと思っていたのですが・・・

翌日、訓練で飛び立ったのはB767だけ。B747の訓練は予定より早く終了してしまったようで迫力のあるタッチアンドゴーを見られなかったのは残念です。

その後、下地島を訪れる機会となったのが、下地島での訓練最終日となった2014年1月でした。ANAのスーパードルフィンが元気よく飛び回っていましたが、それもこの日まで。
今はシュミレーター訓練の他、実機訓練は中部空港で行わており下地島で訓練するのはJTAなど限られたキャリアだけになってしまったのが残念です。

下地島からセントレアへ

下地島での訓練は見られないが残念

下地島での訓練は見られないが残念

2013年度の訓練をもって下地島での訓練を修了したANAですが、今、実機訓練を中部空港を使って訓練しています。

シュミュレーターでかなりの訓練が出来るようになってますが、五感をフルに使う訓練には実機による訓練が必要と言うことですね。

時折、中部空港の公式アカウントで訓練の様子が呟きされていたりします。

B6がタッチアンドゴーしているとなれば見に行きたいものです。

ですが、流石に訓練スケジュールは公表されて無いのでいつ有るか判らないのが残念です。
下地島みたいに訓練スケジュールを公表してくれれば撮影に行きたいのですが・・・

まあ、行って訓練があればラッキー的な感覚で行かないと駄目とですね。
流石に週末は訓練は休みですから平日限定でしょう。

訓練と言えば千歳空港での政府専用機の訓練も見に行きたいですね。
747のタッチアンドゴーなんてそうそう見られないし、引退も近いしもう一度見たいものです。

【RORS/SHI/下地島】2014/1/24撮影レポート その4

いつまで下地島のレポートが続くんだと叱られそうですが、今回が最終回となります。

この日の訓練は14時までが予定されていましたので、午後はRwy17エンドに立ち寄った後、Rwy35側のポイントに移動しようとしていた矢先、エアーバンドから聞こえてきた「Runway change 17」の声。
うぉーココに来て17にチェンジとは、なんとも幸運なんでしょう

B737がRwy17に向かってきました。

B737がRwy17に向かってきました。

70-200mmを付けていたので海を入れられず機体アップに

70-200mmを付けていたので海を入れられず機体アップに

レンズを替えて海を入れて撮影。これぞ下地島

レンズを替えて海を入れて撮影。これぞ下地島


色々と構図を替えて撮影します。

色々と構図を替えて撮影します。

誘導灯を入れてみました。西側からどとコンクリの点検橋なのが残念

誘導灯を入れてみました。西側からどとコンクリの点検橋なのが残念

周回コーズからRwy17へ

周回コーズからRwy17へ

アウターマーカーを入れようとするとAFがどっちに焦点するか迷ってしまうのでMFで

アウターマーカーを入れようとするとAFがどっちに焦点するか迷ってしまうのでMFで

おっと、寄り過ぎたので修正

おっと、寄り過ぎたので修正

このアプローチでこの日の訓練が終了となりました。
翌日は南の風になる予報なので、もう一日滞在できれば良かったのですが、予定があり帰京せねばなりません。
でも最後の30分だけですがRwy17を使ってくれたのはホント嬉しかったです。
1月の訓練以降はどうなるか不透明な中、次回も来れることを祈ってフェリー発着場へ。

出港間際のフェリーはやてに向かうと、航送しようとしていたユンボが乗せられず空いたスペースに乗せてくれました。次便だとギリギリなので乗れて良かったです。

レンタカーを返却して宮古空港へ。デッキに出て一便前のJTA564便が南西航空カラーだったので撮影します。

NU/SWL/南西航空 B737-400 JA8999

NU/SWL/南西航空 B737-400 JA8999


着陸時は曇られてしまいましたが、タキシングの時は西日が差してくれました。

JC/JEX/ジャルエクスプレス B737-400 JA8995

JC/JEX/ジャルエクスプレス B737-400 JA8995

こちらは折り返し自分が乗るJTA566便です。便名はJTAですが機材はJALエクスプレスでちょっと残念。どうせならJTA機材が良かったなぁ。

JTA566便で那覇へ向かい、那覇からはジャンボで羽田へ向かい今回の撮影は終了です。
長々と撮影レポートにお付き合いありがとうございました。


下地島その3へ> <終> <飛行機の館へ

【RORS/SHI/下地島】2014/1/24撮影レポート その3

この日の訓練はB737-500”スーパードルフィン”の1機のみやってくる機体は同じですが、色々な構図を試しながらの撮影はとても楽しいです。
だってこんな素晴らしい光景ですもの。


タッチアンドゴーの後は低い高度のままレフトターンします。

タッチアンドゴーの後は低い高度のままレフトターンします。

こういう風景を撮影出来るのは日本ではココだけですね。

こういう風景を撮影出来るのは日本ではココだけですね。

エメラルドグリーンの海をバックに訓練するスーパードルフィン

エメラルドグリーンの海をバックに訓練するスーパードルフィン

赤い誘導灯が良いアクセントになります。

赤い誘導灯が良いアクセントになります。

同じような構図ではつまらないので、佐和田の浜から撮影してみました。

同じような構図ではつまらないので、佐和田の浜から撮影してみました。

伊良部島自慢の海岸から飛び立つスーパードルフィン

伊良部島自慢の海岸から飛び立つスーパードルフィン

もう12時半を過ぎたので、腹ごしらえの為、「サシバの里」へ。
以前来た時は、ココのコテージに2泊しました。
今でも嫁さんは、下地島ののんびりしているのが良かったと言ってます。またゆっくり訪れたいなぁ

午後の訓練が始まったようなので、再びRWY17エンドへ

午後になり西側から太陽が当たるようになりました。

午後になり西側から太陽が当たるようになりました。

訓練は続きます。

訓練は続きます。

写真もまだ続きます。



下地島その2へ> <つづく> <飛行機の館へ>

【RORS/SHI/下地島】2014/1/24撮影レポート その2

下地島空港のタッチアンドゴー訓練は宮古島の観光スポットにもなっています。宮古島からのフェリーで一緒になった観光バスもRWY17エンドで停車して訓練の様子を見ていました。
バス以外にもレンタカーやタクシーなどでやってくる個人観光客も見受けられ、訓練がなくなると観光客も来なくなるのかなーと思いながら撮影していました。

海上保安庁も訓練もしていたので、ANA機と2機が入れ替わるようにタッチアンドゴーをします。

海上保安庁も訓練もしていたので、ANA機と2機が入れ替わるようにタッチアンドゴーをします。

うーーん、ANA機が随分接近しているなぁ

うーーん、ANA機が随分接近しているなぁ

タッチアンドゴーリジェクト

さすがに、ジェット機とプロペラ機ではスピードに差があるので、タッチアンドゴーはリジェクト

TAXIWAY

RWY-ENDまでやってきたB737はTAXIWAYをRWY35へ

再離陸するB3

気を取り直して再離陸

タッチアンドゴー

海上保安庁は訓練が終わったようで那覇に戻って行きました。

エメラルドグリーン

エメラルドグリーンの海が反射するのはなんとも言えません!

左旋回で周回コースに入ります。

左旋回で周回コースに入ります。

タッチアンドゴー訓練

横風が強くなってきたしあと少し南になれば17を使うかな?


下地島(1)へ> <つづく> <飛行機の館へ>

【RORS/SHI/下地島】2014/1/24撮影レポート その1

今回の遠征は当初、那覇だけの予定でしたが、下地島空港の訓練が今年度一杯になる可能性が高いと言うので急遽変更して下地島空港へ行ってきました。

那覇から宮古島へ向かいレンタカーを借りて平良で一泊。
この日は10時頃から14時過ぎまで訓練が予定されていたので、8時50分のフェリーで伊良部島へ渡りました。

10年ぶりの再訪となる下地島空港へ向かいます。

訓練所前の駐機場に今日の訓練機B737-500がエンジンが掛かって準備中です。
これで今日は飛ぶぞ!と訓練が有ることが確定です。(偶に訓練期間中でも飛ばない時も有りますからね)

この日の訓練機はスーパードルフィンことB737-500です。

この日の訓練機はスーパードルフィンことB737-500です。

RWY17エンドに向かい訓練を待ちます。
この日は東風で090°で時折強く吹いてます。もう少し南に振れればRWY17を使うんだけどなぁと思いながら訓練の開始を待ちました。

共立航空測量のセスナ機が離陸していきました。何かの測量で飛来してたのでしょうか?

共立航空測量のセスナ機が離陸していきました。何かの測量で飛来してたのでしょうか?

海上保安庁のダッシュ8が訓練の為に飛来してきました。

海上保安庁のダッシュ8が訓練の為に飛来してきました。

琉球エアコミューターのダッシュ8(JA8972)も訓練も為にやって来ました。

琉球エアコミューターのダッシュ8(JA8972)も訓練も為にやって来ました。

11時になってようやく訓練が始まりました。

11時になってようやく訓練が始まりました。

エメラルドグリーンの海が機体に反射するのもココならでは

エメラルドグリーンの海が機体に反射するのもココならでは

プロペラ機のタッチアンドゴーよりジェット機の方が迫力が違います

プロペラ機のタッチアンドゴーよりジェット機の方が迫力が違います

RWY35は残念ですが、こういう風景を見られるのもRWY35の時だけです。

RWY35は残念ですが、こういう風景を見られるのもRWY35の時だけです。


瀬長島編3へ> <つづく> <飛行機の館へ>