静岡県【熱海】日航亭大湯

熱海 日航亭大湯オススメ度:★★★
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 等張性高温泉
《源泉温度》94.5℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》8.07 《成分合計》9020mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》無
料金:(大人)1000円
入湯日:2019.11.10
HP:-
住所:熱海市上宿町5-26

熱海温泉で老舗旅館として営業していた「日航亭・大湯」が日帰り温泉として営業しており、この大湯はかの徳川家康が入浴したことから「出世の湯」とも言われており、毎年このお湯を江戸に運んでいたそうです。

熱海駅の観光案内所でこちらの100円割引券を貰えるとの事で道を訪ねついでにもらい、坂道を下りながら歩いて15分程で日航亭へ
玄関でスリッパに履き替えますが下足置き場など旅館の佇まいそのものでした。フロントで料金を支払い浴場に向かいますが、この日はこちら自慢?の露天風呂が広い浴場は女性用になっていたのが残念です。

この日の男性用は露天風呂が小さめの方です。脱衣場も露天用と内風呂用がありそれぞれ独立しているかと思いきや中で露天と内風呂はつながっていました。

温泉は塩っけがある無色透明で循環なしの源泉かけ流しとなっています。源泉温度が94℃と高温なので投入量を調整して適温になるように調整されています。
なので新湯投入量はあまり多くは無くオーバーフローもさほどではありませんでした。

また訪問したのが日曜日の15時過ぎだったこともあり、露天風呂の方は利用者多かったからか、温泉にくたびれ感があり浴感としてはちょっとテンションが下がりました。
まだ内湯の方が温泉の鮮度としては良かったですね。

週末に温泉を楽しむなら午前中の早い時間に訪れるのがベストかも知れません。

リンスインシャンプー・ボディソープは洗い場に常備
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:JR東海道線熱海駅から徒歩15分 伊東線来宮駅から徒歩10分
車:駐車場有(7台、満車の際は市役所の有料駐車場利用)


もどる

静岡県【熱海温泉】熱海駅前温泉

熱海駅前温泉浴場オススメ度:★★★
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉 低張性高温泉
《源泉温度》74.3℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》7.1 《成分合計》4853mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》無
料金:(大人)500円
入湯日:2019.1.24
HP:-
住所:熱海市田原本町8-16 熱海駅前振興会館1F

熱海駅の改札口から歩いて3分、まさに駅前にある温泉です。熱海駅前振興会館というビルの1階あるので「天然温泉」の幟が無いと通り過ぎてしまいそうです。

入口脇の窓口で料金を支払い脱衣場へ移動します。
銭湯らしいロッカーがありコインが要らないのは助かります。源泉かけ流しとのことで「浴場の床が温泉成分で滑ります」の表示が誇らしく感じます。
浴槽は2畳半位であまり広くはありません。入浴した日は出がらしのお茶みたいな色の温泉でしたが、常連さんによればいつもは透明との事。

熱海と言うと強塩泉と言うイメージでしたが、こちらの源泉名熱海389号泉は塩分はほんのり感じられる程度でまろやかな感じの温泉でした。

源泉温度が高いので水道栓から加水されていますがそんなに加水量は多くはありません。温泉は投入栓からパイプで浴槽下部から注がれる構造になっているのは源泉掛け流しのお湯使いとしては優秀です。

内湯だけで広くも無いのでゆっくりのんびり浸かるのには向いてませんが、駅から近く熱海駅はJR東海と東日本の接続駅で乗換えとなるのでその合間に、軽く一風呂というのには丁度よいのかも。
ただ500円というのが難点かな。

シャンプー・リンス・ボディソープ類はなし
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:東海道本線熱海駅から徒歩3分
車:小田原厚木道路石橋ICから30分


もどる