長距離のサーチャージ大幅値下げ

JALとANAは燃油サーチャージの徴収額について、原油価格の下落により今年4月1日から5月31日までの発券分を値下げすることを国交省に届け出ました。

今後、外航キャリアも同価格で追従すると思われます。(日本線以外では各社とも設定額は異なります)


 北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア:7,000円
 ハワイ・インド・インドネシア・スリランカ:4,000円
 タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア・ノヴォシビルスク:3,000円
 グアム・サイパン・フィリピン・パラオ・ベトナム・イルクーツク:2,000円
 東アジア(韓国以外):1,500円
 韓国・極東ロシア:300円

特に、今回の値下げで北米や欧州路線については片道1万円程(現行17500円)下がるのでかなりの値下げ感があります。

今回は4月、5月の発券なので今GW期間の予約、発券を行うと現行のサーチャージになりますから注意が必要です。
現在の原油価格情勢から今回の値下げは一時的と言われており、今後上昇する可能性があるので夏の予定を考えている方は早めに動いた方が良いかも知れません。

燃料サーチャージは値上げへ

石油価格がじわじわと高騰して、一時は設定されてなかった燃料サーチャージもじわじわと値上げされてきました。

来年2月から発券分について、JALやANAが値上げすることを申請し、日本に乗入れている外航キャリアもほぼ同額で追従することなりました。

JALが申請した日本発サーチャージは
 日本-韓国・極東ロシア 1,000円⇒1,500円
 日本-東アジア(除く韓国) 3,500円⇒4,500円
 日本-グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム・イルクーツク 4,000円⇒5,000円
 日本-タイ・シンガポール・マレーシア・ノヴォシビルスク 6,500円⇒8,500円
 日本-インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 8,500円⇒11,000円
 日本-北米・欧州・中東・オセアニア 14,000円⇒17,500円

となっています。

近距離は500円~1000円の値上げですが、長距離線になると3500円ですから往復で7000円の値上げは痛いですね。

適用期間は2019年2月1日から3月31日発券分までですが、4月以降も値上げしないとも限りませんから長期休暇になるGWに旅行するなら早めに発券しておいた方が良いでしょうね。

燃料サーチャージ再び値上げへ

JL/JAL/日本航空 JL12 B787-8 JA838J

燃料サーチャージが高くなる・・・

一時は日本発着便の燃料サーチャージが無くなりましたが、最近の燃料価格の上昇により2月から復活しましたが、4月1日からまた値上げされることになりました。

JALとANAは既に値上げを2月に発表していますが、外航キャリアも続々と値上げを発表してきています。
まあどこもJALやANAに追従するような形です。

今回の値上げ額が2月の時点に比べて、ほぼ倍になりました。
 韓国線 300円
 中国・香港・台湾・マカオ線 1500円
 ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン線 2000円
 タイ・シンガポールなどの東南アジア線 3000円
 ハワイ・インドなどの中距離線 4000円
 北米・欧州など長距離線 7000円
香港は一気に3倍です。

今後も燃料サーチャージが上昇する可能性は高いですから夏の旅行を予定しているのなら早めに発券しておいた方が良さそうですね。

シンガポール航空、燃料サーチャージを運賃に統合

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 B777-300ER 9V-SWR

燃料サーチャージを運賃に統合するSQ

シンガポール航空(SQ)は、運賃とは別取りになっている燃油サーチャージと航空保険料を運賃に含める
一本化することを発表し、今春から政府認可などの条件が整った地域から順次導入されることになりました。

運賃と燃料サーチャージが分離していことから、利用者から総額料金がわかりにくいと言う声に加え、LCCとの競争も相まって分かりやすい運賃にすることを目的にしての改定になります。

SQグループのシルクエアも同様に燃料サーチャージを統合した運賃に移行することになります。

前から燃料サーチャージの不透明さについて苦言を呈しておりましたが、こうやって運賃に一本化されることは喜ばしいものです。

燃料サーチャージ格差?

2月から燃料サーチャージが復活しましたが、まだ価格的には低く欧州線でも3000円以下です。しかし、これが欧州発になると燃料サーチャージが全然高くなります。

Swissのホームページから東京からチューリッヒまでの航空券を購入しようとすると
日本発欧州行航空運賃以外の諸費用は14480円です。

一方で、チューリッヒから東京だと
欧州発日本行航空運賃以外の諸費用は538.5CHFで約61000円になります。

と言うことは5倍近くの格差があります。
うーむ。
ある程度、為替差益で方向格差はあると思ってましたが、これほどの差になるとは

こうなると燃料サーチャージの意味が判らなくなります。

燃料サーチャージと言う隠れ蓑

航空運賃に加算される燃料サーチャージが原油価格が下がったことから相次いで値下げされています。

元々、燃料が国際市場での取引価格が上がり運賃の値上げでは許認可制度の中では対応出来ないからサーチャージと言う形で運賃に加算する制度として長きに渡って徴収してきた訳です。

それが今、原油価格下落に伴ってジェット燃料も下がり、サーチャージの指標となるシンガポールケロン価格も、先日AHOさんに教えて頂いたチャートを見ると昨年末から下落して今は下げ止まり感があるのが容易に判ります。

このまま行けば燃料サーチャージの廃止も近い?と思っていたら、JALは5月からの燃料サーチャージをドル建て計算から日本円を基に再計算して価格を算定することなりました。

すると、ドル建て計算より日本円基準で計算した方が20%程サーチャージ額が高くなるのです。

その分、キャリアは収入としては増える事になります。

キャリアの言い分としては先物取引で既に予約済みだからとかイロイロ理由付けをしているようですが納得がいかないですね。

燃料サーチャージは運賃変動をし易くする為の隠れ蓑だったと言うわけです。
これから燃料サーチャージが下がると運賃が上がると言うこと覚悟しなきゃいけません。

困ったのです。