グアム、北朝鮮の恫喝の影響甚大

B737で運航するUAのグアム線

UA/UAL/ユナイテッド航空 B737-800 N73298

北朝鮮のミサイル恫喝外交の影響でグアムへの観光客が減っており、デルタ(DL)が正月需要が一段落する来年1月8日をもって成田/グアム線を運休、グアムから完全撤退します。

さらに、ユナイテッド(UA)も今月の最終日曜日から始まるウィンタースケジュールから成田線以外の地方路線について撤退に等しい「運休」となる路線や減便が行われます。

グアムは日本から近い南国リゾートとして団体や家族旅行の渡航先として人気がありますが、ミサイルの標的になると言う報道から観光客のキャンセルが相次いでます。

個人的には北朝鮮がグアムを攻撃するとは考えにくく、日本が標的(間違って落ちるのも含めて)になる可能性が高いような気がしますけどね。

ウィンターシーズンは農閑期となる東北や北海道地域からグアムへの需要が高まる時期に、今回のUAの運休と言うのは地方でキャンセルの傾向が高い言うことでしょう。

グアムは観光産業で成り立っている島ですから、今回の騒動はかなりの痛手な筈です。
今後の北朝鮮状況にが改善されない限り暫くはこの状況は変らない可能性が高い訳で需要回復には時間がかかりそうです。