運転士が足りない

JR四国では3月のダイヤ改正でローカル列車の削減を行いなわれます。JR四国は北海道と同様に経営環境が良くなく少子化の影響をもろに受けています。

JR北海道の赤字理由の一つに雪対策費用の言う自然相手だけに削減が難しいと言う面がありますが、四国は温暖な機構であるので雪対策の費用が無いのが救いではありますが・・・

今回、JR四国が減便する理由に「人手不足」を挙げてます。
国鉄から引き継いだ職員が65歳の再雇用満了を迎え、運転士が不足しているのです。JR化後も経営環境から採用も絞っていたこともあったのでしょう。
いざ、採用しようとしても少子化で若者が少なくなって、進学により都会流出してしまい地元に戻ってこない若者も多いこのご時世です。

これからの日本における人口構成を考えると地方での就業可能人口が減って行くのは目に見えてます。
もう、地方の交通を守るのでは無く、地方の集約と言うのも考えなくてならないのでは?と最近思います。