福島県【会津坂下】津尻温泉 滝の湯

滝の湯
オススメ度:★★★★
泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性低温泉
《源泉温度》28℃ 《湧出量》97.27L/min 《PH値》7.7 《成分合計》3392mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》有 《消毒》無
料金:(大人)400円
入湯日:2019.8.31
HP:なし
住所:会津坂下町大字津尻下川原255-2

磐越西線の山都から国道49号線へ抜ける県道から少し入った所にある会津らしい一軒宿で、日帰り入浴も受け付けています。

脱衣場は脱衣カゴだけなので貴重品は持ち込まない方が良いですが、訪問時は先客も無く貸切状態でした。
内湯だけのシンプルな宿で、若干薄緑っぽい色の温泉が浴槽からオーバーフローしています。掲示よれば循環装置併用の掛け流しの様ですが、循環装置が作動している感じは無く、ほぼ掛け流しでは無いかと思われます。
ナトリウム塩化物泉ですが、微かに塩分を感じられる位で、さっぱりした感じの温泉です。湯の花らしい浮遊物も漂っていて温泉らしさは十分です。

浴槽からは宿の名前になった「滝」が眺められます。
訪れたのは夕方でしたが、貸切でしたのでゆっくりと入ることが出来ました。有名旅館や宣伝の行き届いている日帰り専門の施設と違い、こういう素朴な温泉はどこか心地よいものです。

シャンプーは洗い場に常備
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:磐越西線山都駅からタクシー
車:磐越道会津坂下ICから車で15分


もどる

福島県【いわき湯本】みゆきの湯

いわき湯本温泉「みゆきの湯」オススメ度:★★★★
泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物硫酸塩泉 低張性高温泉
《源泉温度》58.9℃ 《湧出量》4312L/min 《PH値》8.2 《成分合計》1838mg/kg
《加温》無 《加水》有 《循環》無 《消毒》無
料金:(大人)250円
入湯日:2010.10.23/2019.7.28
HP:https://kankou-iwaki.or.jp/spot/10295
住所:いわき市常磐湯本町天王崎1-8

JR常磐線の湯本駅から歩いて1分と正に駅前温泉です。なので電車の間合いに一寸人風呂が出来る貴重な温泉です。

元々あった地元向けの共同浴場が平成18年に改築されて、装いを新たに「みゆきの湯」としてオープンした施設です。常磐炭鉱の石炭と煉瓦工場をイメージしたデザインの建物になっています。
いわき湯本温泉と言えば「さはこの湯」が有名ですが、こちらは駅前で専用駐車場が無いので観光客は少なめです。

料金は250円と格安なのが嬉しいですね。
入口脇の下足箱に靴を入れて受付の脇の券売機で入浴券を購入します。杉材を使用していてロビーもウッド調で清潔感が感じます。

脱衣場には、脱衣籠と鍵のかかるロッカーの2種類がありますが、総数的には少ないので混雑時は籠を使うことになりますので、貴重品は貴重品ロッカーに入れて脱衣場に入るのが良いでしょう。

浴槽は長方形の浴槽で1/3程と2/3程に仕切られていて、狭い方はほぼ源泉の高温湯(44℃)となっており、若干白濁した感じのお湯になっています。もう一つは40℃程に加水されている浴槽で、ぬるめになっています。

小さな浴槽の方はほも源泉のままなので、湯の花の量も多く、硫黄臭もこちらの方が強く感じられました。ただ高温の浴槽への源泉投入量が少し少ないのが残念です。

残念ながら露天がありませんが、天井高く昔ながらの共同温泉らしく、湯気が篭らない構造になっているので、蒸し暑さは感じられませんので内湯だけにしては比較的長湯がしやすい感じがします。

ただカランの数が8つしか無いので、混雑時はカラン待ちをすることになります。
シャンプー類の備品類なし
ドライヤーは脱衣場にあり
<MAP>

鉄道:JR常磐線湯本駅から徒歩1分
車:常磐道いわき湯本ICから車で5分


もどる

福島県【聖石温泉】

聖石温泉オススメ度:★★★★
泉質:単純鉄冷鉱泉 低張性冷鉱泉
《源泉温度》12.6℃ 《湧出量》21.8L/min 《PH値》6.47 《成分合計》595mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》有 《消毒》有
料金:(大人)500円
入湯日:2019.4.14
HP:なし
住所:田村市船引町大倉聖石215

福島からの帰り道、どっかで一風呂浴びたいなあ~と思いながら国道349号線を走っていると「天然温泉」の看板が目に入り、寄り道してみました。
街道沿いの食堂みたいな佇まいなので、夜だったら見落としていたかも知れません。

鶏が放し飼いになっている駐車場に鶏を轢かないように慎重?に車を入れます。正に食堂といった玄関を入り受付で料金を支払い、座敷の奥へ進むと浴場があります。

脱衣所にはロッカーが無いので、貴重品は廊下にあるロッカーへ入れてくださいとの事でした。

内湯だけになりますが、浴槽にはかなり濃い茶褐色の温泉が注がれています。冷鉱泉なので加温ですが源泉投入口からは真新しい温泉が注がれており、浴槽に注がれ空気を触れ合うことで酸化して見事な茶褐色になっていきます。
表示によれば資源保護と地盤低下防止で循環しているとの事でしたが、どこから排注水されているか判りませんでした。

蛇口をひねると冷鉱泉が出てくるのも素晴らしいですが、あまり入れると直ぐに温度が下がりますので注意です。

窓が大きく開けられていたので、外気も入り程よい心地ちで入ることが出来き、スタッフの方が湯舟の温度を聞きに来たりと気配りされているのが良かったです。

ただ洗い場のカランの数が少なく、お湯も配管の関係で出が遅い(と表示もあるのは親切です)のが残念ですが、温泉好きにはこの濃い温泉はたまらないかも知れません。

ボディソープは洗い場に有り。
ドライヤーは脱衣場に有り
<MAP>

鉄道:JR船引駅からタクシーで15分
車:磐越自動車道田村中央スマートICから車で15分


もどる

福島県【土湯温泉】中の湯

中の湯

オススメ度:★★★★
泉質:アルカリ性単純泉 / 炭酸水素塩泉 
《源泉温度》43℃/51.3℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》8.55/7.4 《成分合計》575mg/kg・1562mg/kg
《加温》無 《加水》有 《循環》無 《消毒》無
料金:(大人)500円
入湯日:2019.4.14
HP:http://www.tcy.jp/nakanoyu/
住所:福島市土湯温泉町字上ノ町1

土湯温泉で老朽化のため休業していた公衆浴場「中之湯」が、国交省の社会資本整備総合交付金も手元に平成30年にリニューアルオープンしたあたしい土湯温泉のシンボルです。

建物の新しくエントランスはちょっとした旅館のような作りになっているのは温泉街の景観作りなのかも知れません。
料金は券売機で購入してフロントに渡します。脱衣場は籠だけなので貴重品は受付横にロッカーに入れるよう案内され、階段を下りて大浴場へ向かいます。

脱衣場はあまり広くは無く案内のとおり脱衣籠だけです。浴場もあまり広く無くカランも4つ程で混雑時にはちょっと辛いかも知れません。

内湯の浴槽は2つあり、小さめに「あつゆ」には炭酸水素泉が使われおり、名前のとおり源泉温度の高い温泉が注がれています。でも一定間隔で冷たい地下水が一気に加水されるので思った程熱くはありません。

もう一つの浴槽には単純泉が注がれており、若干白奪しているように見えますがどうやら白い花の湯が舞うのではく脱しているように見えるようです。微かに硫化水素の香りが残っており温泉らしさは十分にあります。
露天風呂も単純泉が使われており、景観はあまり良くありませんが気分良く入れます。

内湯、露天ともにオーバーフローしている量も多く、浴槽の大きさから源泉かけ流しとしては程よい温泉の使い方だと思います。

昼時で空いていましたので良かったですが、混雑時には入浴料の500円は高く感じるかも知れません。

共同浴場としては高めの設定、新築なのに浴槽があまり広く無いのは、土湯温泉の旅館が取り組んでいる日帰り入浴への影響を考慮しているのかなと思います。

シャンプー類はなし
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:JR東北本線福島駅から土湯温泉行バスで40分
車:東北自動車松川PAスマートICから車で20分


もどる

福島県【弥五島温泉】郷の湯

郷の湯
オススメ度:★★★
泉質:アルカリ性単純泉 低張性高温泉
《源泉温度》46.6℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》9.0 《成分合計》120mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》無
料金:(大人)330円
入湯日:2018.8.4
HP:http://satonoyu-0914.com/
住所:南会津郡下郷町大字弥五島字和田563

会津若松から南会津を抜ける国道121号沿いにある日帰り温泉です。会津鉄道弥五島駅からも歩いて5分も掛からない立地です。

券売機で入浴券を購入して受付に渡しますがが330円と言うのは銭湯よりも安いですね。ただ浴場にはシャンプー類はありません。
脱衣所には脱衣カゴのみなので貴重品はロビーの貴重品ロッカー(無料)を使うようにしましょう。

浴場はあまり広くは無くカランの数も8つ程です。
無色透明のお湯が浴槽に注がれていて常にオーバーフローしているので源泉かけ流しの看板に偽りは無いようです。
カランのお湯も温泉を使っているのか、微かに硫化水素らしき香りがしました。

露天風呂もありますが小さめで、大人が5人も入れば満員になる程ですが、源泉掛け流しになっています。
やはり露天があるとクールダウン出来て気持ちが良いですね。

シャンプー・リンス・ボディソープ類は無くフロントで購入。
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>


鉄道:会津鉄道弥五島駅から徒歩5分
車:東北道白河ICから車で40分


もどる