房総特急は頑張った?

成田エクスプレス

平均乗車人員が10名弱なNEX

JR東日本が発表した「ゴールデンウィーク期間のご利用状況」によれば新型コロナウィルス感染症蔓延による外出自粛で前年対比で5%と惨敗というべきか、よくヤッたと褒めるべきか?

成田エクスプレスにおいては、前年比で1%という数字。
13日間で利用者3000人ですから1日平均230人、5月1日から1~7・38~42,46,47,49~54号の20本だけの運転ですから平均すると1列車あたり10人弱と言うことになります。

成田空港を発着する航空便の殆どが貨物便となっているの中、空港利用者は限られるので仕方無いとは言え、殆ど空気輸送です。

一方で、房総特急は前年対比で12%と落ち込み率で言えば善戦?した方になるのでしょう。利用者数で1万人で東海道線の踊り子の3倍と言うのです。
変な見方をすれば千葉方面の外出自粛が足りなかったと言う人もいるかも知れません。

でも房総特急が善戦する理由が・・・と思ったらありました。前年は期間中3日しか無かった平日が今年は5日あったのです。
そもそも、房総特急は観光需要より通勤輸送にシフトしてますから混雑する普通列車を避けて特急利用をした人も居たのでしょう。

それにしてもGW期間中の輸送実績でこの数字はいろんな意味で衝撃的です。

NEX vs スカイライナー

成田と言えばNEXと言う人も多いのでは?

今日の18時頃、東京から成田空港へ向かっていた成田エクスプレス43号(NEX)が東千葉を通過した後、車両故障を起こして都賀駅手前で停車してしまい車両点検を行いました。

その影響で上下線が不通となり、約40分後に応急処置で運転再開したもの速度をかなり落として(15km/h以下?)のノロノロ運転状態で、佐倉まで運転して打ち切りとなりました。

NEXの乗客は後続のNEXに乗換えたことになるのですが、佐倉到着時点で90分以上の遅れですから後続に乗ったとしても成田空港には2時間近く遅れて到着したことになります。
途中打ち切りなので特急券は無手数料で払戻しになりますが、「飛行機の乗り遅れた人」は特急券の払戻しでは納得が行かないでしょうし、訪日客が良く使うJRパスなら払戻しはありませんからね。

成田空港のアクセスと言えば、NEXとスカイライナーがメジャーな選択肢ですが、正直言って事故に巻き込まれる可能性は、NEXの方が高いと思います。
さらに事故発生後に遅れを戻す運転整理のクオリティは京成の方が高いのは、他社乗り入れ区間が長く整理に慣れているからでしょう。
一方、JRは東京駅と千葉駅がボトルネックになってグダグダになり、特にラッシュ時になるとNEXは後回しにされます

そんな事故の原因として大きいのは人身事故と踏切事故です。
NEXは東京を出ると千葉まで殆ど高架を走りますが千葉からは地上走行で踏切が多くなり33箇所程。場所によっては線路沿いに柵すらない場所を走りまし、さらには新小岩駅を通ります。

一方、スカイライナーは日暮里から一部の区間で地上走行がありますが、成田空港までの踏切は7箇所程で殆どが高架になります。
※踏切の数はグーグルマップで数えましたので実際には誤差があるかも知れません。

もちろん事故の原因はこれ以外にも信号機や停電などありますから一概には言えませんが定時制を考えると、スカイライナーの方が良さそうな気がします。

まあ確率論的なところもありますが、特に乗る航空便が週2便とか便数が少ない場合、もし自分が乗った列車が遅れたら・・・と言う選択肢もどこかで考えておくと良いのかも知れませんね。

錦糸町にNEXを

墨田区が建設中のスカイツリー完成にあわせて、成田エクスプレス(NEX)の錦糸町停車を要望していくとの記事を見ました。

世界中からの観光客を呼び寄せるのにNEXがタワーのお膝元である錦糸町を通過してしまうのは忍びないと言うことらしい・・・京成線がタワーの真下と成田空港と直結しているだからそれで充分ではないかとは思うのですがね。

まあJRも今のところ錦糸町停車は考えてないようです。
もし、止めるならいっそのこと、東京駅での分割併合を錦糸町にして、新宿方面行は緩行線経由にして時間短縮したら?と考えてしまいました。
データイムなら、緩行線を間引きしてその間にNEXを入れちゃえばと言う考えです。総武緩行線は昔、データイムは7分間隔位だったのですからね。それに秋葉原や四谷に停車すれば劣勢?だったNEXも挽回できるんじゃ?

ちなみに横の写真は、建設中のスカイツリーです。