Articles from 6月 2018



この夏は名古屋が狙い目?

そろそろ夏の旅行シーズンが近づき、各キャリアは集客に精を出していますが、この夏の欧州へ出かけるなら名古屋が狙い目かも知れません。

と言うは、ルフトハンザが名古屋発でキャンペーン運賃を出しています。
6/1-8/5, 8/14-8/31出発の期間限定で往復65000円(Fare Basis:K_NNEP9)と夏休み期間で欧州直行便としてはなかり安いのでは無いでしょうか?

目的地:名古屋発FRA/MUC/ZRH/VIE行
旅行日数:3日以上14日間で復路は最初の日曜日以降
週末サーチャージ:日本発が土・日曜日、欧州発が金・土の場合10000円片道追加
予約クラス:L
発券期限:21日前
払戻し・変更不可

ただLHは燃料&セキュリティサーチャージとして10700円(片道)が必要となりますので結局は10万程度になってしまうのでちょっと魅力が薄れるのが残念ですね。

LH/DHL/ルフトハンザドイツ航空 A340-300 D-AIGF

名古屋発のルフトハンザはA340-300での運航です

ネパール直行便復活へ第一歩

Nepal Airlines B757

ネパール航空のB757

日本とネパール間の航空協議が開かれ、乗入れ空港の拡大で合意することになりました。

現在、両国間の航空協定では関空とカトマンズ間の航空路線開設が認められていますが、この協定が締結されたのが1993年で当時は成田に就航希望する航空会社に対して「関空OK、成田NG」と言う政策を行って関空への誘導を図っていました。

協定発効によりロイヤル・ネパール航空がB757で関空から上海経由でカトマンズまで勲功していましたが、関空と言うハンディいとバブル崩壊で2000年頃に運休となりネパールとの直行便が無くなったままでした。

今回の航空協定では日本側は羽田を除く日本国内とネパール間全空港で双方で週14便に大幅増となり、第三国キャリアのコードシェアも可能となるなど利便性がかなり向上する。

ネパール側は航空協定発効後の早い時期での就航を目指したとの事なので、早ければ今年のウインタースケジュールから乗り入れる可能性もあります。
ただネパール航空(RA)は機材繰りが厳しく整備状況も悪いことからEUへの乗り入れを禁止されており、もし利用の際は一考をする必要がありそうです。

2機のB777-300ERを追加発注へ

2機追加されるスイス国際航空のB777-300ER

LX/SWR/スイス国際航空 B777-300ER HB-JND

スイス国際航空(LX)は先月、2機のB777-300ERを追加発注しました。
長距離線機材として既に10機のB777-300ERが活躍しているが新たに2機のB777-300ERが2020年に導入されることになります。

現在は10機のB777-300ERと6機のA340-300が長距離線機材として使用していており、2機のB777-300ERが投入されることで需要の好調な長距離線の増強を行う計画です。

元々、LXではB777-300ERは次世代フリートの導入までの繋ぎと言われてましたが、どうも当面はフラグシップとして活躍する様な感じです。

成田線で使用している6機のA340-300も就航から15年を経過しており、B777-300ERの投入が期待されていますが、機材繰りの関係で投入が遅れていますが、2機のB777-300ERが追加により成田線に投入される可能性もあります。
2020年は東京オリンピックもありますから期待して吉報を待ちましょう。

やはり駅は避難所に向いてない。

今朝、大阪府北部を震源地とする最大震度6弱の地震が発生しました。通勤時間帯に関わらず大きな被害にはなっていませんが、それでも3名の方が亡くなり、負傷者も多く出ています。
ご冥福をお祈りしますとともに早く通常生活が出来るようになるのを期待するしかありません。

近年、阪神淡路大震災、東日本大震災と大きな震災が続いており、それに対する震災対策も進んでいたこのともありますが、忘れた頃にやってくると言う諺のとおりだと思います。

今回の地震で、震源地に近い阪急高槻市駅では駅ホームにある電光掲示板が落下しています。
東日本大震災の際、駅を閉鎖して締め出した事に立腹して駅を避難所として開放するようにと迫った人が馬鹿な知事が居ました。

基本的に駅は避難所に相当する耐震構造では無いのでこういう事が起こりうる訳で現に、今回の地震直後に電光掲示板が落下しています。

運転再開したら早く帰りたいと言う人が避難所となった駅に殺到するわけで、そこに余震が来たら同じ様に掲示物等が落下することが想像出来るだけに駅を避難所にすると言う発想は、ホントおかしいんですよね。
今回の地震を教訓に学んで頂きたいけど、その当時の知事はもう居ないけど・・・

三番瀬の潮干狩り

毎年恒例の三番瀬潮干狩りですが、今年は5月に予約を入れていたのですが、天候不良で渡船中止となってしまいました。リスケを考えていたら今年の三番瀬は不漁でかなり苦戦の様子です。

今年は駄目かな~と思っていたら先週末の潮回りでは良い成績を出しており、これはいいなぁ~と思っていたら、今日の渡船にキャンセルありと言うことで、「たかはし遊船」さんへ

11時半出船なのでゆっくりと出かけられます。
今日のポイントは放水路河口の護岸脇です。ココは牡蠣殻を分けてアサリを探すポイントで、慣れないとアサリを探すのが困難な場所です。

アサリが居そうな場所を狙って掘り出すとポツポツとアサリが出てきました。
ヘドロと砂で固まった牡蠣殻を掘り起こすのは一苦労です。場所によっては砂が堆積した場所もあるのですが、そちらはアサリよりホンビノスの方が多い感じです。

牡蠣殻の方はホンビノスは混じらずアサリオンリーなので、ある程度アサリが取れたので移動しながらホンビノスも取ろうとするとどういうわけか、アサリの方が多くホンビノスはあまり取れません。
中には網いっぱいにホンビノスを取って居るの人も・・・

再び、牡蠣殻ポイントに戻ってアサリを狙うと、好ポイントを発見。
良型混じりでアサリが取れます。最初からこの場所やっていればもっと取れたのに~と徐々に潮が満ちてくる中、掘り続け14時半頃にそろそろ上がりますよ~の声で終了となりました。

目測で3kgは採れたのでは無いでしょうか?
三番瀬潮干狩り今年の三番瀬はようやく本調子になってきたかも

増える旅客施設使用料

空港利用料に加え出国税が必要に成る国際線

少し前までは海外へ玄関は成田空港で、毎回出国時に空港利用料(確か2000円だった?)を払ってました。まあ、日本だけでは無く、海外の空港でも空港税の名目で徴収していましたし、いわゆる贅沢課税みたいな物でした。

しかし、羽田空港に残留した中華航空を利用して出国する時は不要だったのでホノルルや台北へ向かう時はちょっと安い?と言うこともありました。

それがいつの間に国内線利用です僅かな金額ですが空港利用料を支払う必要がある空港が出てきました。
さらにこの秋から、仙台、伊丹、新千歳、関空(第一ターミナル)の国内線でも空港を利用する旅客から旅客施設利用料を徴収することになります。
航空券に上乗せされて徴収されるので、利用料を払っていると言う感覚が無いかも知れませんが、今後同様に徴収する空港が増えてくると思います。

来年には国際観光旅客税も始まります。こちらは国際線だけですが運賃以外に支払うものが増えてきてます。

財政赤字なので予算が厳しいのは判りますが、受益者負担って本当に正しいの?と疑問になってしまいます。ちゃんと旅行者の為になっているのか?変なところで消えて無くなっていないかと勘繰ってしまいます。

議論がすり替わりった?民泊新法

今日から住宅宿泊事業法が施行となり、今まで法令的にグレーな面が多かった「民泊」について法整備されました。

しかし、法令は民泊に否定的な意見が多かったことから、なかりの制限が課せられており、地域によっては実質民泊を営むことは出来ないようなところもあります。
今まで日本の規制は、なにか生命に関わる「大きな事件や事故」があって初めて、安全対策がどうだとからと言う議論になるのが通例ですが、民泊ではそういう事例はあまり出てないような気がします。

そもそもなぜ民泊なんでしょうか?
需要の多いのは大都市です。特に東京や大阪では慢性的なホテル不足だったところに訪日客が押し寄せて宿泊代が高騰したことから、訪日客がそれまでは水面下だった民泊を使う動きが活発になり、宿泊業を営む方面から利用客を取られると言う面から民泊は、安全性や衛生的に如何なモノかと言う声が出たのでは無かったでしょうか?

それがいいつの間に、民泊の議論が外国人が自分達のエリアに出入りするのは罷り成らぬと言う議論になってような感じです。

民泊によって、今まで自分達が住んでいる地域に知らない外国人が居ると言うことが許せないと言う感情は、日本人として理解出来なくは無いですが、そこまで露骨なのはどうなのか?と思ってしまいます。
既に、自分が住んでいる地域には日本以外の国から長期滞在している人が住んでいるのにも関わらずですよ

なんと言うか上手く議論がすり替わり、1番今回の法律でホッとしているのは都会の宿泊業界では無いでしょうかね。

懐かしシリーズ”JALのMD11”

JALのMD11 JA8588 オジロワシ

JALのMD11 JA8588 オジロワシ

MD11には47回搭乗しているのですが、ほとんどがSR/LXでDLが少しある中、JALのMD11には1回だけ、NRT-DELで搭乗しました。
その時、座席が主翼の上で丁度、ウィングレットに書かれたからオジロワシが見えました。

ちなみに搭乗したのは2001年10月27日で、9.11同時多発テロの直後です。アルカイダの犯行ということで中東情勢がきな臭くなった頃で、この日NRT発DEL行JAL471便に搭乗したのは50人を切っており、閑古鳥フライトでした。

なんでそんな時期にDELまで飛んだかと言うと、DELからSR195に乗り継ぎZRHまで飛ぶ為でした。
この1ヶ月前、SRは破産して運航停止となり政府などの援助で運航を再開したものの資金は1ヶ月分しか無く、2001年10月末で運航停止になるカモと言われてました。

SRでCAをする友人がもしかすると最後のSRでの勤務になるかも知れないと言うことでその便に乗り合わせようと、わざわざ格安航空券を手配(復路放棄で)しての搭乗でした。
ガラガラな機内から見たエベレストはとても綺麗だったのを覚えています。

DELに到着後、DEL/ZRHの航空券を空港内のSRオフィスで発券してもらったのですがクレジットカードの決済がインドオフィスでは凍結されていて現金で購入しました。
事前に日本オフィスでその情報をもらっていたので、現地で両替したのですがインドルピーを大量に持つことになったので襲われないかビクビクしながら移動したものです。

増便が続く韓国LCC

ZE/ESR/イースター航空 B737-800 HL8269

茨城空港に就航するイースター航空のB737-800

成田で撮影していると韓国のLCCが随分増えたなぁ~と感じます。そんな中、イースター航空が7月31日からインチョン~茨城線を週3便で開設し、就航当日は片道500円のセール運賃を6/18から座席数限定で販売します。
スケジュールは
 EZ ICN/IBR 1400発/1610着(火・木・土)
 EZ IBR/ICN 1710発/1940着(火・木・土)
となる予定です。 

イースター航空は2月に茨城空港へチャーター便として就航しましたが、搭乗率が良かったのか?それとも成田空港の補完と言うことなのか?定期便へ格上げ就航となります。

まあ発着料も成田に比べれば安いですからLCCとしては就航地として悪くない選択でしょうね。
茨城空港からは東京駅まで500円(航空機利用客以外は1200円)の連絡バスがあり、成田より1時間ほど余計に時間が必要となりますが価格志向の旅行者ならさほど苦にならないのでは無いでしょう。

韓国から増便が続くLCCの攻勢で、KEやOZの利用者は減っているのでしょうか?
最近、今までホットミールを提供していたOZの機内食が、ミールボックスの提供に変わったと言う話を聞きました。
日本キャリアは随分前からミールボックスになっていましたがついに韓国キャリアもサービスの切り詰めをするようになったのもLCCの影響なのでしょうね。

4TBのHDDでバックアップ

デジカメで撮影した画像が増える一方で画像用に用意した2TBのHDDが残り空き容量が100GBになり、容量を増やさないと保存が出来なくなるのでHDDの更新を行うことにしました。

これまで内蔵の2TBに保存した後、外付けの2TBにコピーしてバックアップしてさらにAmazonのプライム・フォトにバックアップしていますので4TBか6TBを買って、後はプライム・フォトにバックアップで良いかなと思ったのですが、昔、某社のクラウドバックアップサービスを使っていたら突然サービス中止になったことがありました。

やはりクラウドはバックアップのバックアップとして使うのが良いだろうと、4TBの内蔵と外付けで対応しようかと思っていたら、こんなのを見つけました。

玄人志向 USB3.0/2.0 GW3.5AX2-SU3/REV2.0

玄人志向 USB3.0/2.0 GW3.5AX2-SU3/REV2.0


3.5インチHDDを2台組み込んでRAID構成になると言うHDDケースがあったのでこれなら、内臓と外付けと分けずにこのHDDにRAIDで保存すれば良いのじゃない?ということになりました。

HDDはネットで調べるとWESTERN DIGITALの「WD40EZRZ-RT2」が低価格で評判が良いのでこれを2台買って組み合わせれば良いのでは価格調査をすると9000円を切っています。

WESTERN DIGITAL WD40EZRZ-RT2


最近はネット購入の方がアキバで買うより安かったりしますが、日曜日は生憎の雨です。

週末の雨の日はアキバ特価が発動して安く購入出来るチャンスなので、ネット価格をメモってアキバに向かいます。
雨が降る中、カメラバックを背負っての買い物は辛いなぁ~とパソコンパーツを販売するお店を巡ってみると案の定「WD40EZRZ-RT2」に週末特価の文字が踊り、8500円位で売られておりネット価格より500円は安いです。

中でもツクモ本店は税別7480円限定10台のチラシが貼られていて最安でしたので、「これ2台ください!」と購入。
これが最後だったようで、購入と同時に価格表が7480円から7980円に上書きされました。

あとはHDDケースを探しますが、ネット価格より安いお店が無く雨も降っているし歩くのもしんどいので、前はソフマップだったビックカメラでは4838円だったので妥協して購入することにしました。
ビックならポイントをJALマイルに即変換して加算されますから、ポイントでは無くマイルにして145マイルゲットです。

まあ今日はいい買い物が出来たと、帰宅して早速HDDをケースに組み立てて、電源投入しますがエクスプローラーで認識しません。
あれ、おかしいなぁ~まさか初期不良?それとも相性が悪いのか?

ネットでググってみると、似たような質問があり「HDDを取り付けた後はHDDの初期化(フォーマット)が必要」と箱に書いてありますよと回答があったのです。
あ、ホントだ。箱に書いてあるじゃん。

最近のハードウェアだと接続すると「初期化しますか?」と聞いてくると勝手に思っていたのです。恥ずかしい(笑)
Windowsマークを右クリックして「ディスクの管理」を開いてフォーマットしてドライブの割当をすると4TBのハードディスクと認識してくれました。

後はファイルコピーソフトで画像ファイルをコピーすれば完了なのですが、結構コピーに時間が掛かります。
さて4TBで数年は持つだろうけどその後は8TBのRAIDを組むことになるのかなぁ~

安全神話もいずこに

のぞみ

日本の新幹線は安全の筈でしたが・・・

昨日、駅で東海道新幹線が運転見合せと書かれていたので、何かあったのか?なと思い帰宅しましたが、いやはや通り魔事件が起きていたとはびっくりです。

東海道新幹線では少し前に車内でガソリンを撒いて放火すると言う事件も起きています。
鉄道事業者の有責によるものではありませんが、こういう事件が続くと新幹線の安全神話って言うのも無いに等しくなります。

英仏間のユーロスターでは乗車前に手荷物検査がありますが、TGVなど欧州の高速鉄道ではノーチェックです。
中国の高速鉄道でも手荷物検査を行っているようですが、大量輸送と言う観点から全ての乗客の荷物検査をするのは現実的では無いでしょう。

でも、新幹線の車内で第三者行為で死亡事故が続けて起きると言う状況を考えると本格的に車内保安を考える時期に来ているのは無いでしょうか?

都会のたぬき

時折、運動を兼ねて会社帰りに高砂から小岩まで貨物線の新金線(総武本線金町支線)に沿うように歩いてみるのですが、先日新中川放水路の土手を歩いてみました。

日の入り後の残光がまだある中歩いていると土手に数人の地元の方らし人が集まって柵越しに河川敷をのぞいているので、なんだろう?と見てみると、「たぬき」が居ました。

河川敷に住んでいるタヌキ

このときは1匹しかいませんが、なんでもこの河川敷に家族で住み着いているようで夕方になると、餌を貰いに出てくるそうです。

たぬきと言うと、郊外の道路で時折車に轢かれてしまったのを見る程度で、動物園以外でまじまじとたぬきを見る機会が無いのでちょっと感動?です。

まあ、今でこそ高砂周辺は宅地化が進んでしまいましたが、20~30年前はまだまだ畑も多く残ってましたからね。
こうやって都会でもこうやってたぬきが居るというのはちょっとうれしいですね。

壁紙コンテツの更新を考えてます。

本サイトのコンテンツに飛行機やSLの壁紙のダウンロードページがあり、昔はよく利用されていましたが、最近のログを見ると利用率は芳しくないようです。

まあ、最近は新作の公開もしていなかったことも一因だとは思いますが、最近のログを詳細に見てみるとモニタ解像度を見ると主流は1920*1080になりつつあり、以前の様な1024*768の解像度モニタからはアクセスがかなり減っていることも判りました。
それとスマホ端末からのアクセスがPCより多いのです。

その辺を考慮しつつ壁紙コンテンツの見直しを図っていこうかと思っています。

クリックすると1920*1080サイズの画像が表示されます。

LCC vs FSC

海外から成田に続々と低コスキャリア(LCC)が乗り入れして、FSC(フルサービスキャリア)の競争が激しくなる中、JALも中長距離線でLCCで参入します。

海外へ低価格で出掛ける事が出来るようになったのは消費者としては嬉しい訳ですが、航空ファンとしてはLCCとFSCどっちで行くか悩ましいことになります。

LCCで行ってみようと調べると、やっぱり飛行機に乗ったら機内食を食べたいよね。撮影機材があるとどうしても機内持込み制限を超えてしまうので、チェックインバッゲージになるので荷物を預けて、座席も時間によっては窓側か通路側か指定して確保したいし・・・

こうやってオプションを追加していくと、運賃は安いものの税金やオプションで結構なお値段になってしまったりします。

FSCだと幾らかなーとホームページから同じような日程で検索してみると、意外にも安い運賃が表示され計算するとLCCより数千円ほど高い位だったりします。FSCも外航キャリアではマイル加算対象外ですが、LCC対抗運賃をしれっとファイルしていたりします。(宣伝しないのはLCC潰しと見られたくないから?)

こうなるとそれまでLCCで行こうと考えていたのが、FSCでいいんじゃない?と気持ちがぐらつきます。

MM/APJピーチアビエーション A320 JA804P

LCCで行くか

BR/EVA/エバー航空 A330-300 B-16335

FSCで行くか

現在、絶賛検討中です(笑)

【RJAA/NRT/成田】2018/6/3撮影レポート

梅雨前のお買い物で成田まで行った日曜日にかる~く16Lエンドでスポッティングです。

GK/JJP/ジェットスタージャパン  A320 JA13JJ

GK/JJP/ジェットスタージャパン A320 JA13JJ

日本のLCCとして頑張っているジェットスター・ジャパンですね。

NH/ANA/全日空  B767-300ER JA620A

NH/ANA/全日空 B767-300ER JA620A

羽田だとあまり出会う機会が少ない
シャークレットが凛々しいB767-300ER。

GK/JJP/ジェットスタージャパン  A320 JA09JJ

GK/JJP/ジェットスタージャパン A320 JA09JJ

シャークレットになったA320が増えてウィングチップのA320は少しづつ珍しさが出てきた感じですね~

NH/ANA/全日空  B787-8 JA808A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA808A

B787の後方にこの後やってくるMUの機体が見えます。

NX/AMU/マカオ航空  A320 B-MCF

NX/AMU/マカオ航空 A320 B-MCF

マカオからやってきたNXのA320もシャークレット装備です。

NH/ANA/全日空  B767-300ER JA610A

NH/ANA/全日空 B767-300ER JA610A

Wi-Fiアンテナが無いので屋根がすっきり見えます。

NH/ANA/全日空  B767-300ER JA612A

NH/ANA/全日空 B767-300ER JA612A

立て続けにB767-300ERがBランに到着です。Bランから第一ターミナルまでタキシングすると時間が掛かるけど、増便枠だと仕方ないですね。

MU/CES/中国東方航空  A321 B-1813

MU/CES/中国東方航空 A321 B-1813

霞ヶ浦を横断して土浦あたりで大きく旋回して到着です。

NH/ANA/全日空  B737-500 JA302K

NH/ANA/全日空 B737-500 JA302K

スーパードルフィンのB737-500です。昔、ANAの成田発名古屋行の国内線に搭乗したときはB737-300でしたね。胴体の短い-500を見るとちょっと昔を思い出します。

GK/JJP/ジェットスタージャパン  A320 JA02JJ

GK/JJP/ジェットスタージャパン A320 JA02JJ

ジェットスターの2号機も随分活躍してますがLCCだと製造費分を回収するにはもっと働いて稼がないとだめでしょうかね・

さてこの後、鹿島貨物の1092レを撮影するので佐原方面に向かう時間なのでまだ撮影したい気持ちを切り替えて、移動することにします。


飛行機の館へ