【午前タチウオ】(11/26)金沢八景・忠彦丸

夏からロングランが続いているタチウオですが、冬場の大型タチウオが釣れる観音崎沖で釣れているようなので釣行してきました。

でも土曜日だと1094レも撮影したいよなぁと考えていたら「午前船」なら両方行けるんじゃないと言うことで、午前タチウオを出している金沢八景の忠彦丸に予約を入れました。

レクチャー風景朝5時半に自宅を出発して6時半に港に到着。今日は予報の良い土曜日とあって受付の前は大賑わいでした。
今日は北風だから日が当たる右舷がいいなぁと右舷ミヨシから3番目の札を確保して料金を支払います。午前船は第三倖運丸で出漁となります。
船に乗り込み準備をしていると出船前の餌の付け方、誘い方レクチャーが始まりまり、よーく聞いてから出港となりました。
周りを見渡すと、比較的若い人が多いで、隣はカップルで来た女性だったし女性もチラホラ。後で分かったのですが竿さばきを見ているとルアー釣りをやっている人が多いようでした。
釣り船の世代交代の時期なんでしょうか?

航程30分の程の観音崎沖には既に船団が出来ています。その中に入って反応を探して、山に当たった所でスタートフィッシング!
教わったエサの付け方とおりに鯖タンを付けて80号オモリを投げ込みます。
周りはLTタックルの様です。
自分は今までPE4号を巻いていた電動をPE3号に巻き直して来ました。竿もヤリイカ竿で一昔のタチウオタックルで、周りから完全に浮いているタックルです。

水深70mちょいで着底。後は大きく竿をしゃくる昔ながらのスタイルで攻めてみます。周りはルアーライクな誘い方です。うーむ流行に乗れて無いナウくない爺さんみたい・・・

船中でポツポツと上がりはじめましたがなかなかアタリがありません。
ようやくアタリがあったのは初めて15分後位でした。シャクリの途中でアタリがあり、一旦動きを停めて、少し送り込んで強く合わせると、ググッグと引き込み乗りました!

いい引きをしながら上がってきたのは1m程の冬タチらしい幅広タチウオでした。
昔ながらのスタイルでは釣れないのではと焦り始めたところだったので釣れて良かったです。さて頑張ろうとして投入したら今度はお祭り。反対舷と三つ巴で結構復旧に手間取りましたが、なんとか復旧し戦線に復活します。

9時過ぎ頃からタチウオの活性が上がってきて、入れればアタリが来ます。一発で針掛かりすれば良いのですがそうは問屋がおろさないのがタチウオで、アタリがあってからいかに針に掛けるが難しいんですよね。

上手く、針に掛けて上げてみればちょっと小さい夏タチサイズ。
巻き上げの時から多分小さいなぁと思っていたけど、やっぱりか。

でかいの釣りたいなぁと、投入してシャクリ始めると直ぐにゴツゴツとアタリが出ます。一呼吸置いて合わるとノッた・・・あれ外れたと・とテンションが無くなり、巻き上げてみればハリスが切られていました。うーむ送り込んだのが悪かったのかなぁ。

仕掛けを変えて今度はあまり送り込まないようにして合わせるようにしたら、ポンポンと続け様にGetします。
でも型がなぁ~

6本目を上げた後、またハリスを切られたので仕掛けを変えようとしますが、バックに入っているのは昔の2本針仕様だったので、船で仕掛けを購入(300円)して再投入。
残り1時間なのでラストスパートだなとシャクリますが、今までアタリは頻発していたのが消えてたまーにアタリがある程度になってしまいました。

まあそのアタリで掛ければ良いのですが不発に終わり、ヤバイなぁと焦り始めると駄目ですね。
アタリが無いのでエサが無いのか?と上げてみれば付いているし・・・喰いが悪くなったのかな

結局沖上がりの11時まで追加することが出来ずに納竿となりました。
船長が釣果を聞きに回っているのを効くと右舷では5~6と答える人が多かったですね。と言うことはアベレージ的な釣果かな。まあアタリは釣れた倍はあったんですけど(笑)
タチウオ釣果
港には11時半前に戻ってきました。
実釣3時間ですがタチウオみたいなシャクリに力が居る釣りにはこれくらいの方がいいカモ。

さあ、1094レの撮影に行きましょう!

<収支報告>
 収入の部
  タチウオ 70cm~1m 6
 支出の部
  乗船代 6500円(HP割引で5500円)
  仕掛け 300円(1本針)
となりました。

船宿 金沢八景 忠彦丸

=船宿HPから=
◇◆26日釣果◆◇
65~100cm 3~12本
他魚種:
◇◆26日コメント◆◇。
オモリは各糸に合わせて60号・80号にて走水前70m!!
朝一番より好反応キャッチ♪も触りはあるものの掛けるのが難しいようでポッチラポッチラと・・・良型交じりで十分なオカズにはなりましたよ♪魚群健在!後はあなたの頑張り次第といったところです♪♪明日も期待して頑張ります!!

コメントを残す