ルフトハンザの新カラー

ルフトハンザ(LH)と言えば、尾翼などに描かれているシンボルの「ツル」が制作から100周年を迎え。この程デザインを変更、新塗装となったB747-8とA321のお披露目が行われました。

©Lufthansa


LHと言うと尾翼に書かれた黄色のツルのマークが印象的でしたが、今回ブルーを基調と下カラーリングとなり、黄色のツルは消えることになりました。

最近のカラーリング傾向でブルーを基調としたカラーリングが多いので、黄色がアクセントになっていただけにちょっと残念な感じもします。

新塗装になったB747-8(D-ABYA)はお披露目を兼ねて2/8にドイツ国内の空港を巡るツアーを実施しました。
フランクフルトを8時に出発しケルン空港をローパスしデュッセルドルフに寄港、その後ブレーメン空港をローパスしてハンブルグ空港に寄港してからハノーファー空港をローパス、ベルリンテゲール空港に着陸した後、ドレスデン空港をローパスしてミュンヘン空港に寄港。そこからフランクフルトに戻る途中にシュツットガルト空港をローパスすると言うなかなか手の込んだお披露目飛行しました。

日本でもこういうお披露目飛行を見たいものですが、お上が許さないでしょうね。空港をローパスするなんて某団体の格好な餌食になりそうだし。

コメントを残す