【イイダコ】(8/26)浦安・吉野屋

東京湾、秋の風物詩のイイダコ釣りが開幕。8/21から浦安の吉野屋が看板を掲げ始め、トップで束超えの釣果が出ました。
開幕直後の盤洲沖でのイイダコは、抱卵したイイダコが多いので、型も良くて食べても美味いとあって、早速出掛けてきました。

今週に入って、釣果は低迷をしていて前日の釣果は散々だったらしく、不安を抱えながら家を出発し、6時半に船宿に到着しました。
この時点で、左右オオドモがうまっているだけで、じゃあ、ミヨシにしようとNo1の札を取って会計を済まし、乗船します。

7時半にシロギス船共々出船し、一路盤洲沖を目指します。
航程1時間程で、アクアラインの手前のポイントに到着して、スタートフィッシング!

今日は2本竿で1本はイイダコテンヤ、もう1本はスッテ仕掛で挑戦してみます。
仕掛けを下ろして、海底を小突きますが船中乗りは無く、直ぐに移動となりました。
やはりと言うか、不調の真っ只中に来てしまたようで、ようやくイイダコが釣れたのは、移動を繰り返し、アクアラインを越えて金田海岸沖でした。

イイダコがテンヤに乗った感触をキャッチし、アワセて良型のイイダコGET!いやー「ボ」になるんじゃないかと冷や冷やしてましたからね。

その後、ポツポツと船中でイイダコが上がりますが、乗りはまばらです。
スッテ仕掛に重さを感じたので、合わせて巻き上げると、上がってきたのは小さなスミイカでした。スッテだとこういう外道もあるんですねぇ~

南風が強くポイントを外れると移動となり、移動直後は釣れるパターンで、連チャンで釣れた時もありましたが、10時過ぎあたりからアタリが遠のき木更津沖に移動。
こちらも乗りが渋く、なかなか乗りがありません。

今日は、こういう時の秘密兵器を持参してきていて、道具箱から取り出し、スッテ仕掛を改良して、朝、エサ屋で買ってきた餌を付けて投入します。
底を小突いていると、ブルルっと秘密兵器にアタリがあり、外道のシロギスが釣れました。
秘密兵器は、イイダコが釣れる前に他の魚が喰ってしまう場合が多いのが、難点だったりするのです。

木更津沖では、たまーにイイダコが釣れると言った感じで、出船時に配らられたカウンターの数は「15」
今日の目標は30だったのですが、どうやら下方修正する必要に迫られてきました。

13時過ぎに再び金田海岸沖に戻ってみますが、乗りは渋いままでした。
ココでは秘密兵器も本領発揮で、2杯イイダコを釣り、テンヤも頑張って小突いて3杯釣り上げ「20」になりました。

残念ながらそこで今日はThe-ENDです。
14時半過ぎに、いつもより少し早い納竿となりました。なんでも大雨・洪水・落雷警報が発令されたらしく、都心の方を見ると黒い雲に覆われていました。

船長がビニール袋を配りながら、カウンターを回収して釣果を確認して回ります。船中結果は8~27杯との事で、20杯なら健闘?した方ではないかな?
外道に、小スミイカ1,シロギス8,メゴチ1と言う陣容で、外道も含めると、まあ30と言うことになります(笑)

道具を仕舞い、大急ぎで帰港します。羽田沖あたりから都心方向に雷が落ちる様子が見えます。
南風だったこともあり、40分程でデズニーランド近くまで戻り、江戸川に入って桟橋に着く寸前にポツポツ降りだし雷も響き渡り始めました。
少し濡れたものの、大雨になる前に船宿に戻り、車に乗り込むことが出来ました。

【船宿】浦安吉野屋
【料金】8500円(氷は別料金)
【仕掛】イイダコテンヤ6号、船宿スッテ仕掛

コメントを残す