丹波山村営釣り堀に3匹忘れてきました

昨日4/26は我が家GW恒例の丹波山村営つり場にマス釣りとBBQへ行ってきました。
混雑するので、5時に自宅を出発して中央道上野原ICから県道で小菅村を抜けて丹波山村の釣り場には7時半に到着しました。
image

なんと今日は1番乗りだったようで、場所は選び放題でした(笑)
料金(マス10匹3000円)を払って、選んだNo10の淵に車を回します。

魚の放流は8時半からなので、そればでは荷物を下ろしてBBQの用意をしながら淵の様子を見ると・・・居残りマスが居ない。
なんせGW初日ですからねぇ~

8時半に釣り場のおじさんが軽トラでマスを運んで来て、淵に放流してくれます。
釣りの方は嫁さん、子供に任して自分はBBQの用意です。

マスの方は放流したばかりは釣れませんが、30分程して口を使い出して、ポンポンと3匹釣れました。
3匹は塩焼きにして貰うので、受付に持って行き焼いてもらうことにします。

朝食を抜いているので、早めにBBQを始めました。この前の潮干狩りでGetしたホンビノスを焼いたり、スペアリブとか定番の肉を焼いて・・・1時間ほどで焼きあがったマスの塩焼きを食べたりとBBQを満喫した訳です。

去年はこの時間には全ての淵が埋まって賑わっていたのですが、GWの初日でそれも普通の土日なのでやはり人出が少ないようです。後半の連休は賑わうことでしょう。

さて我々の淵には、残り7匹のマスが泳いでいるのですが、BBQでお腹が満たされた後、残りを回収すべく自分も釣りに参戦します。

しかし、どういう訳か釣れません。やはり水温が低いからなのか・・・そう言えば来る途中、日陰の場所には雪が残っていた場所があったしなぁ
今年の大雪で積もった雪が溶けて川に流れて水温が低いのか?

ルアーでやってみたりと手を変えてやってなんとか2匹回収したのですが、残りが釣れません。時折泳いでいるマスの姿が見えるのですが、口を使いません。

14時を過ぎると帰りだす人達も出てきます。帰って釣り人が居なくなった淵を見るとやぱりマスが残っていて悠々と泳いでます。

気が付くと回りの淵で釣っていた人達は帰ってしまい、残っているのは我々だけです。
釣り場は16時半までが営業時間なのですが、なんとか10匹を回収しようと頑張りましたが、4匹追加するのが精一杯でした。
残念ながら残りは翌日の釣り人に進呈するしかありません。
Getしたマスは受付で腹出ししてもらってクーラーへ仕舞います。

毎年なんとか10匹はGetしているのですが、今年は難しかったです。やはり水温が低いのが原因かなぁ

いつもなら、村営のローラー滑り台で遊んでから温泉に寄ってから帰るですが、今年は最後まで釣り場に居たので滑り台に行く時間が無く、「のめこいの湯」に直行してBBQと釣りの汚れを落として帰宅しました。

コメントを残す