【シロギス】(8/24)金沢八景・忠彦丸

今日は、久しぶりにキス釣りに出かけてきました。
昔は夏になると良くキス釣りに行っていたのですが、2009年を最後にキス釣りに行ってないと言うことで、嫁さんを引き連れて行ってきました。

流石に前夜に花火とか見に行っていたので、午前はキツイので午後キスです。
家を11時に出発すれば1時間で八景に到着出来ます。
今日の船宿は春先にLTアジに乗った後、割引券と共に仕掛け無料のハガキが来ていた「忠彦丸」さんです。

港の堤防に車を駐車すると既に多くに車が止まっており、今日は混雑するかな?と思いましたが受付のボードを見ると両ドモは埋まっているもの、後は全くのフリーでした。

午後船だと夫婦で8750円とリーズナブルな所が嬉しいですね。
サービスの仕掛けは胴付き仕掛けです。キス釣りも天秤仕掛けだったのが今は胴付が主流になりつつあるようです。

船に乗り込み、準備をしていると出船です。
富津沖に向かうかと思ったのですが、船は左に舵を切り八景幸浦沖へ。
水深7m立ちでスタートフィッシングです。

船下より投げてさびいた方がアタリが出ると言うので少し投げてさびきながら釣りますがなかなかアタリが出来ません。
暫くすると船下狙いの嫁さんにアタリ。15cmクラスのシロギスをGetしています。
うーむ。
こちらが釣れない間に嫁さんや船中ではポツポツ上がっているので、気合を入れて釣るとようやくアタリ到来。

上がったのは10cm弱のピンギスでした。
まあ今日は10時20分が干潮だからこれから上げ潮が効いてくれば喰いも上向くかな・・・
嫁さんは、なにやや重そうに巻いているのを見ていると、仕掛けに茶色っぽい物体が・・・お、イイダコだ!
と思ったら嫁さんは、ヒトデと思ったそうです。
良い型のイイダコが上がりました。

ポツポツと上がりますが、喰いがイマイチだったのか移動となりました。
少し走ってやって来たのは根岸製油所の岸壁間際です。
煙突からは煌々とガスが燃える炎を間近に見ながら岸壁から30m位の場所を流します。

こちらはキスの活性が高いようで、アタリは頻繁でキスもいい感じで釣れだしました。
南西の風が打ち付ける場所になるのと風で船が流されながらの釣りになり、まあそれが良かったのかも知れません。

20cmオーバーも交じるようになりました。
嫁さんがサバなのかデカイのを掛けてバラしてしまい、仕掛け交換をやっている間に自分に仕掛けにイイダコが掛かたり、ゴミを釣ったりと少々のロスをしながら、ようやくバケツの中に泳いでいるキスが増えてきて、数はイマイチだけど、アタリもあるし飽きない程度に楽しめます。

おのポイントを流し続け、16時に沖あがりとなりました。
この時点で、自分は25匹、嫁さんは21匹と二人で46匹と家族で食べるには充分な数です。ただ、ピンギスがかなり混じってますが・・・
kisu
港には16時半に帰港となり、帰り道も渋滞に合わず、きっかり1時間で自宅に到着。
キスを捌いたりしたので夕食が少々遅くなりましたが、キスの刺身と天ぷらで満足満足。
ピンギスは今晩干して明日、唐揚げになる予定です。イイダコは方が良いのでたこ飯にしようかなと思ってます。

[船宿]横浜・金沢漁港忠彦丸
[仕掛け]胴付1本針
[オモリ]15号)
[料金]5500円(餌・氷付)HP印刷で1000円引き

[この日のHPのから引用]
◇◇24日釣果◇◇
午前・・・14~22cm 12~67匹
午後・・・14~24㎝ 15~43匹
他魚種:ホウボウなど

◇◆24日コメント◆◇
午前は富津沖7m前後、午後は八景~富岡沖8~14m前後を流しました。
特に午前は良型主体にトップ67匹で50匹以上の方は4人もいて好調でした。

コメントを残す