高速料金が約50%割引!ドラ旅パック

JTBが高速道路会社と共同で新しい旅行商品として開発した「ドラ旅パック」が明日10月28日から東京出発分が発売開始となります。

早い話ダイナミックパッケージの高速道路版といった感じで、このパッケージ商品を利用するとETC利用代金が通常呂金の半額程度になります。
宿はプラン設定されたJTB加盟宿泊施設から選択することになりますが、既に発売が開始された名古屋発を見ると、中堅クラスの宿が多い様です。

もう少し宿の選択範囲が広い(ボトム層)があると色々と使い勝手が良いのですが、そうなると旅行商品の趣旨から離れてしまうから難しいのかも知れません。

でもETC休日割引が30%となり、平日はほとんどETC割引の恩恵が無くなった今では高速道路を安く上げるための案として旅行の時は検討しても良いと思います。

まずは東京発がどのような商品設定になるのか?明日の発売を確認してみたいですね。

jtb

ドラ割「とちぎ観光フリーパス」

平成27年9月4日(金)~9月18日(金)と9月24日(木)~12月23日(水)の間で連続する2日間、栃木県内の高速道路(有料道路を除く)が乗り放題となるドラ割「とちぎ観光フリーパス」が発売されています。

©NEXCO東日本

©NEXCO東日本

利用料金は、2日間で

普通車4500円
軽自動車3600円

となっています。

残念ながらシルバーウィークの間は利用出来ませんが、期間中なら平日でも利用できます。
このドラ割は栃木県内がフリー区間になるので、フリー区間までは通常料金となります。(深夜・休日割引の併用可)


もし、平日に浦和から那須高原スマートICまで往復すると
浦和~那須高原4070円*2=8140円
このドラ割を利用すると
浦和~佐野藤岡往復1650円*2+4500円(ドラ割)=7800円
ですので340円安くなります。

単純往復では大した差ではありませんが、行きに佐野のアウトレット寄って、帰りに宇都宮で降りて餃子を食べるとか、途中下車するような使い方をすれば、もっとお得感が出ます。

ただ、休日の場合や深夜割引を使う時間帯だと、逆にドラ割の方が高くなる可能性がありますので、利用区間の料金を計算した方が良いです。

ドラ割「とちぎ観光フリーパス」は利用当日の高速道路のご利用開始まで(エリア外から通しで利用する場合は高速IC入る前まで)にホームページから利用申し込みが出来ますので、栃木方面に出掛ける際には要チェックです。

青森往復13500円!「2015東北観光フリーパス」

今年もNEXCO東日本のETC周遊割引「ドラ割」では東北地域の高速道路がフリーとなる「2015東北観光フリーパス」が5月15日から始まりました。

5月15日~7月27日、10月2日~12月21日までの金・土・日・月曜と祝日の翌日の3日間が対象で、
利用前に事前にホームページから登録をすることにより、以下の区間がETC無線通行によりフリーになると言うものです。

©NEXCO東日本

©NEXCO東日本

首都圏発は東北道川口JCT~館林間、常磐道三郷~石岡小美玉、圏央道白岡菖蒲~境古河、つくば中央~下総と上記フリー区間の往復で普通車13500円となります。

この他、北関東発(佐野藤岡以北の栃木県と岩間以北の茨城県)に加え、東関東発(東関東道と京葉道路穴川~蘇我間)が今年から新設されました。
(東関東発は6月7日の圏央道開通後以降に適用)

この「2015東北観光フリーパス」を使えば、週末に青森まで高速道路を使って往復しても13500円(首都高は別料金)です。

青森まで深夜割引でも片道9,660円ですからかなりお得になります。

去年、このドラ割(去年は12000円でした)を使って釜石線と津軽線に撮影に行ってかなり便利でした。

今年もこのパスを使ってどっか撮影に行きたいなぁ~

 

ドラ割「2014秋・東北観光フリーパス」

NEXCO東日本東北支社から封筒が届きました。何かのキャンペーンで当たった物かな?と開けて見れば、チラシが入っているだけ。
ウーン残念
pho_index_01
夏前に使ったドラ割「2014秋・東北観光フリーパス」の秋版発売のチラシでした。
このドラ割は東北、特に岩手県以北へ出掛けるならお得です。
首都圏から福島県以北の高速道路が週末を挟んだ3日間が乗り降り自由で普通車13500円となります

例えば川口JCTから東北道で北上金ヶ崎ICまで深夜割引を使っても6840円ですから往復しただけで元を取れます。
それに時間に縛られないのでお得感が増します。

また3日間有効なので平日にも使うことが出来るのも魅力です。
それとこのドラ割を有効に使う方法として、高速道路に乗り、フリー区間で有効期間になったと同時に降りても有効となる点です。

例えば、金曜日から有効のドラ割を申し込んで、木曜日に自宅を出発。ゆっくり東北道を北上して金曜日の午前0時を過ぎた頃に盛岡ICを降りてもドラ割適用となるのです。
なので実質4日間使うことも可能です。

ただ、逆に日曜日に盛岡ICを乗って月曜日の朝に浦和ICで降りたら適用外になります。

事前に申し込みをするだけでドラ割を使えるので便利ですから秋にドライブするならルート次第ではかなりお得です。

暇があれば釜石線のSL撮影に行きたいところです。