またもや撮り鉄トラブル

先日、真岡鉄道のツイートで拡散した菜の花畑で発生したトラブルに続いて、先月、岐阜県中津川で線路内進入した撮り鉄を書類送検したとのニュースがありました。

これを撮ろうとして侵入?

これを撮ろうとして侵入?

丁度、EF64の国鉄色重連が走っていた時期です。
事件の場所も有名な場所で以前は線路近くまで入れ撮影することが出来たのですが、現在は立入りが禁止になっている場所です。ただチェーン柵があるだけなので容易に侵入出来るので、国鉄色重連を撮影しようと入った所を警察に通報されたと言うことでしょう。
鉄道営業法違反での送検なので、JRから告発されたと言うことでしょうかね。

最近、撮り鉄の暴挙は目に余るものがあります。立入り禁止区域での撮影や駅ホームで大型三脚や脚立の使用、罵声etcetc。
特に集団になると、おかしな行動をするのが多くなり、その奇行には目を覆いたくなります。

最近はホームでの撮り鉄トラブルで警察の出動も多くなって、鉄道会社も撮り鉄排除の方向に動きつつあります。

今年はG7が日本で行われるので、重要インフラでありテロの対象になり得る鉄道施設は高度な警戒・警備体制となります。
撮り鉄の存在はその警備体制の邪魔になりかねない訳です。

そういうところを自覚して貰いたいところですが、お馬鹿な撮り鉄には馬の耳に念仏なんでしょうね。困ったものです。

コメントを残す