政府専用機13億円で売却

2機で13億円は安いのか高いのか?

退役したB747-400型の政府専用機2機が競争入札の結果、リサイクル会社に約13億円で売却されることが報道されました。

リサイクル会社は「海外へ売却」する方針との事で、6月には自衛隊から機体が引き渡される予定です。

売却と言ってもこの時代ですからB747-400を購入するキャリアがあるかどうか?です。
少し前なら貨物機に改造してと言う使い道がありましたが、最近は中古在庫も増える一方で引き取り手が少ないのが現状です。

まあJALが整備していたVIP仕様機ですから悪くは無いので、どこかの政府専用機とか王室がお買い求めして呉れれば良いですが、ちょっと期待薄かな。

売却先がリサイクル会社と言うことなので、売却先が見つからずまさか鉄くずになってリサイクルに・・・なんて事にならないカモ?
でもリサイクル会社は運航要員は居ないと思うのですが、引き渡された後はどうするのかな?

コメントを残す