エアトラベルをしよう!⑩

今日、首都圏も緊急事態宣言が解除されました。
とは言え、少なくなったとは言えまだまだ感染者は発生していますし、世界的にはまだ収束していません。
色々な話を総合すると、どうも今年の海外旅行は厳しいのでは?と言う状況です。なのでこのエアトラベルシリーズももう少し続くかも知れません。

ビクトリアフォールズの上部

ビクトリアフォールズから流れ落ちるザンベジ川


さてさて今日の写真はヴィクトリアフォールズです。
ジンバブエとザンビア国境を流れるザンベジ川にある落差108mの滝で、南米のイグアスの滝そして北米のナイアガラの滝とあわせて世界三大滝と言われています。
ちなみに自分は、イグアスには行った事がありますが、ナイアガラは行って無いのですよね。まあそのうち行けるでしょう(笑)

1994年3月に訪れており、先日アップしまたケープタウンを訪れた後、ヨハネスブルグ経由でこちらに向かいました。
当初はクルーガーのサファリに行きたかったのですが、現地でサファリの手配がつがず急遽、代案として行くことになりました。
なので航空券もヨハネスブルグでドタバタと手配して取り敢えずブワワヨ経由で向かい、なんとB707に乗ってビクトリアフォールズへ行きました。

エアージンバブエのB707

エアージンバブエのB707

ホテルも手配していなかったので、街ナカのホテルにGoShowしたのですが、シーズン中とあって数件断られて、ようやく紹介して貰ったRAINBOWホテルに宿泊し、翌日滝を見に出かけてきました。

国境なので出入国となりますが、ザンビアのビザは持ってません。ええいダメなら帰ってくればいいやと言うことで管理所に行くと、その場でビクトリアフォールズ周辺だけのビザを20ドル位で発行してもらえました。

ビクトリアフォールズと虹

ビクトリアフォールズと虹

訪れたのは3月で丁度、滝の水量が最も多くなる時期で轟音をたてて滝壺に流れ落ちていき、その反動で舞い上がった飛沫が大雨のように降り注ぐと言う凄い状態でした。
なのでカメラを濡れないように撮影するのが大変でしたね。

残念なのが時間がなく1泊2日の行程で夕方の便でヨハネスブルグに戻ることだったのがホント、心残りです。

今の旅行者には考えられないでしょうが、当時南アフリカの情報って殆ど無かったのです。
インターネットはおろか、ガイドブックの定番「地球の歩き方」も無くロンリープラネットの「トラベルサバイバルキット」を持っていきましたからね。

ああ、またアフリカも行きたいなぁ~

エアトラベルをしよう!⑨

以前、南アフリカのクルーガー国立公園でのサファリを紹介しましたが、南アフリカには2度訪問しています。

一番最初に訪問しているのがクルーガーを訪れる7年前の1994年です。
当時はスイス航空がヨハネスブルグ経由でケープタウンまで飛んでおりチューリッヒからMD11で訪れました。

喜望峰

喜望峰 Cape of Good Hoop


ケープタウンからヨハネスグルグまでは列車移動を予定していたのですが、列車のチケットが手配できず、飛行機にしようと南アフリカ航空に行くこと。

南アフリカ航空のオフィスを訪れると、たまたま帰国便のリコンファームで訪れていた同年代の日本人旅行者と意気投合してレンタカーを借りて観光しようと言うことになり、喜望峰はもちろんのこと、南アフリカ最南端のケープアグラスまでドライブしたりと一緒に行動してなかなか楽しかったです。

アグラス岬

アグラス岬 Cape Agulhas

まだこの頃は治安が今より安定しており、ケープタウン市内なら昼間は観光客でも歩けましたし、ヨハネスブルグ市街地も警戒を怠らなければ差し当たっての危険は無かったです。

2度訪問目に訪問した際はかなり治安が悪くなっていて夜間の外出はかなり気を使いましたが、ケープタウンはほんといい街で、また行きたい場所ですまります。

エアトラベルをしよう!⑧

緊急事態宣言が5月末まで延長になりこのシリーズもまだまだ続くことになりそうです。

さてさて今日、紹介するのはブルネイ・ダルサラームのバンダルスリブガワンです。
行ったのは1991年の6月、もう30年近くも前になります。

なんでまたブルネイに行こうとしたかと言うと、テレビ番組「なるほどザ・ワールド」でロイヤルブルネイ航空のファーストクラスのトイレが金メッキになっていると言うのと見たのと、学生時代に読んでいたWWⅡ戦記物でブルネイ泊地と言う言葉が良く出てきたのです、南方油田を占領した日本海軍の軍艦が駐留した場所でもあったので行ってみたいと思ったのです。

香港経由でバンコクまで行き、ロイヤルブルネイ航空のB757でバンダルスリブガワンに到着。ブルネイホテルで2泊しました。

ブルネイはイスラム教の国です。
なので町中にモスクがあり、市民は拝礼を欠かせません。ココは町中にある「オールドモスク」と呼ばれており、ランドマーク的存在なモスクです

モスク

オールド・モスク

この時、初めてのイスラム文化に触れました。

イスラム国家なのでもちらんラマダンもありますし、お酒も禁止です。でも外国人が宿泊するホテルではお酒は提供されていました。

改修中のモスク

改修中のモスク

ブルネイは水上集落でも有名です。水深が浅いので建築物を建てやすいと言うこともあるのでしょう。

水上タクシー

水上タクシーから集落を眺める

この日は半日の市内観光ツアーに参加して、ボートに乗って水上集落を巡りました。

ブルネイは豊富な石油資源に恵まれ所得税や住民税が無い国です。なのにこんな水上集落って思いがちですが、なんとも上下水道が完備されていて町中の住宅と変わりが無いそうです。

水上集落

水上集落

そして、ブルネイと言えばスルターン、国王が国家元首になっています。ブルネイに来たからには王宮はひと目みたいと見に行ってみました。

改修中のモスク

改修中のモスク

ラマダン明けには国民に開放され、国王に拝謁することが出来るそです。
さすがにこの時は中に入ることは出来ませんでしたが、広大な敷地で高級自動車が敷地内を走っていて、流石王宮だなと思ったものです。

滞在中に、油田を見に行くツアーに参加したかったのですが、催行人数が揃わず見に行けなかったのが残念です。

そしてブルネイから再びバンコクへ戻るロイヤルブルネイ航空では念願のファーストクラスに搭乗しました。
いやー初めてのファーストクラスラウンジに緊張しましたね。
当時は、ビジネスクラスでもラウンジが無いキャリアもありましたし、まだまだラウンジ自体が一般的では無かったです。

もちろん、噂の金メッキが施されたトイレも堪能?してバンコクで降機するのが名残惜しかったですね(フライトはブルネイからバンコク・ドバイ経由のフランクフルト行でした)

ブルネイに行く前までは、香港やシンガポールなど日本語が良く通じる場所ばかりで、初めてマイナーな場所への旅行で、自分の英語力では上手く意思疎通ができず苦労したりしました。

そんなことあって、個人的にはブルネイは思い入れがある場所でもあります。

エアトラベルをしよう!⑦

GWが始まりましたが、今年は未来の為にステイホームです。
さて今日のエアトラベルは、エーゲ海クルーズです。今では3密の代名詞ともなってしまったクルーズ船ですが、アテネから日帰りでのクルーズ船はどちらかと言うとフェリーに毛の生えた感じの船でしたね。
と言っても1996年の船なので今はもう少し豪華かのかも?

アテネから日帰りで3島を巡るクルーズで、一番印象に残っているのがイドラ島でした。

港の様子

港の様子

なにせ島内は自動車やバイクなどの乗り物が禁止されており、移動で活躍するのが“ロバ”です。

最初は観光客向けかと思ったのですが、島での重要な?交通手段で港にはロバが客待ちしていました。
ちなみに後ろに写っている船がクルーズ船です。

猫の様子

猫の集会所

石畳の道が続き、住宅やお店も田舎も港町的な佇まいでしたね。

クルーズ船には、各島でオプションツアーが用意されいて、見どころをバスで回ったりする場所もありましたが、自分は町をのんびり散策してました。

そうそう、船の中でバイキング形式でのランチがあったのですが、あんまり美味しくなかったなぁ~

街の様子

街の様子

そして、島なのでネズミを追い払う「猫」が多く、いわゆる猫島みたいでした。
なのであちこちで猫がタムロしており、ネコ好きにはたまらない場所でもあります。

日帰りクルーズでしたが、結構朝早くピレウス港を出発して帰りも遅く20時近くに戻って来た記憶があります。
で港からホテルまで送迎があるのですが、どのバスに乗って良いのか分からず、適当なバスに乗ってホテル名を言ったらちゃんと連れて行ってくれました(笑)

機会がればイドラ島にはまた行ってみたいです。

エアトラベルをしよう!⑥

セントマーチンの夕日

セントマーチンの夕日

2015年にセントマーチンを訪れた時に撮影した夕日と言うかサンセットと言うか・・・
RWY28から離陸した機体を眺めていたのですが、雲に光が反射してなんか綺麗だったので。

セントマーチンと言えばクルーズ船の寄港地です。世界中を覆うコロナ渦の中、クルーズ船がなんか悪になっているのが気になります。

風の便りではセントマーチンに入港したクルーズ船にコロナ感染者が乗船していたとの事でようやくハリケーンからの復興がようやく軌道にのりつつあったセントマーチン経済に大きな影を落としてなければ良いですが・・・。

エアトラベルをしよう!④

今、NYCは戦場と化していますが早く、平穏な日が戻ることを祈りつつ2015年に訪れたときの写真を。

海外に出かけるようになって、25年を経過して初めてのNYC上陸でした。正直NYCって個人的にはそんなに行きたい場所では無かったので優先順位的には下だったので・・・

NYC エンパイヤステートビルからの夜景1

NYC エンパイヤステートビルからの夜景1

なのでNYCに行ったと言うよりトランジットで訪れたので夜にマンハッタンのホテルに着いて翌日の昼前には空港へ向かうと言うスケジュールだったのであまり観てないんですよね。

NYC エンパイヤステートビルからの夜景2

NYC エンパイヤステートビルからの夜景2

ホテルからエンパイヤステートビルまでは近かったこともあったので、展望台に登って夜景を堪能?しましたが

NYC エンパイヤステートビルからの夜景3

NYC エンパイヤステートビルからの夜景3

夜景は香港の方が綺麗かな。

NYC 自由の女神を遠景

NYC 自由の女神を望む

翌朝はWTCのグランド・ゼロに立ち寄り、テロの犠牲者を追悼して遠くに自由の女神を観て

NYC タイムズスクエア

NYC タイムズスクエア

タイムズスクエアのカフェで朝食を求めてホテルに戻りチェックアウトと言う慌ただしさでした。

昨年12月にもトランジットでNYCを訪れましたが、時間が無くダウンタウンには行けませんでした。次回はいつ行けるかな・・・

エアトラベルをしよう!③

「アイスランド」この場所もまた訪れたい場所です。
前回訪問したのは2005年ですから、もう15年も前なんですよね。この時はオーロラと世界最大の露天風呂?「ブルーラングーン」に行こうと言う事で行ってきました。

アイスランドに到着した翌日、DAY TOURでアイスランドの「ゴールデンサークル」と呼ばれる観光名所を回り、今夜はかなりの確率でオーロラが見られそうとの事で、そのままオーロラ鑑賞ツアーに申し込んでバスでオーロラ鑑賞に出掛けました。

オーロラ

オーロラ


バスはレイキャビックの街を出てオーロラ鑑賞に適した郊外に向かうのですが予報に反して、なかなかオーロラは現れず23時過ぎに街に引き上げよう街に向かい始めると、いきなりバスが止まり、ガイドが「オーロラだ!」と言い車外に出るととても幻想的な風景が広がってました。

宇宙から降り注ぐ緑色と赤い色のカーテンがもう神秘的で体が武者震いするほどでした。
それまでトランスシベリアルートの機内からオーロラを見たことはありますが、機内より地上から見るとのでは感動が全然違いましたね。

当時デジカメは300万画素で、まだまだ夜間撮影だと綺麗に解像出来なかったのが残念です。
なので三脚持参で今の機材でもう一度撮影にトライしたいものです。

なんせアイスランドの冬場は北海道並の寒さなので過ごしやすいですからね。

エアトラベルをしよう!②

今年は撮影に行けなかったですが、来年は桜と菜の花の競演を撮影に行きたいですね。

いすみ鉄道と桜

いすみ鉄道と桜

桜と菜の花って日本の春を代表する風景ですよね。

小湊鐵道と菜の花

小湊鐵道と菜の花

来年の春をを楽しむには、この苦境を頑張って乗り越えないといけませんね。

エアトラベルをしよう!

友人で航空ジャーナリストとして活躍するKoji KitajimaさんのBlog「あびあんうぃんぐ」であたかも旅行したような気分になる、「エアトラベル」を実践しようと紹介されます。

このところコロナばかりで暗い話題が多かったので、賛同して気分を変えていきましょう。

さてさて、自分もあちこち出掛けて、もう一度行きたいという場所は沢山ありますが、その中で行きたいけどなかなか実現していないのがケニアです。
1997年の9月に訪れ、マサイマラ国立保護区のロッジに2泊3日と短い滞在でしたが、始めてサファリの楽しみました。

ヌーの大群

ヌーの大群

もう少し遅いとヌーの大移動が見られたのですが・・・
それもこれだけのヌーがいるのですから流石アフリカです。
キリン

キリンを目が合いました

キリンが悠々とサバンナを歩いて行く姿はまさにアフリカに居るんだなと感動します。

ライオンの親子の食事

ライオン親子の食事

ロッジでは朝と夕に四駆に乗ってサファリに出掛けます。レンジャーが連絡を取り合い、こうやってライオンの食事に出会える事があります。
流石に狩りの最中に出会うのは難しいですが、ライオンの親子がこうやってシマウマを食べるシーンは動物園では見ることが出来ないですからね。
カバのプール

カバのプール?

滞在2日目の朝は朝のサファリの後にロッジ近くの河原「カバのプール」で野外朝食となります。
なかなかしびれる朝食でしたね。
ロッジの滑走路

ロッジの滑走路

ナイロビからロッジまではツインオッターで移動しました。
車移動なら安いのですが、短い日程だったので往復飛行機を利用しましたが、まさかアスファルトで無い滑走路に降りるとは想像してませんした。
コックピット越しにRunwayが見えた時、本当にソコに降りるの?と驚きました。

この当時はまだデジカメなんて無く、フィルムだったのすがネガの劣化が残念です。

あーケニアにまた行きたい!