【キスアナゴ】(5/4)浦安・吉野屋

当初は5/1のメーデーの後、キスアナゴリレーに行こうと思っていたら天気が悪く中止にして、今日に順延しました。

予報では晴れとの事で、10時半に家を出て途中、釣具屋で仕掛けを購入して早めに浦安の船宿に到着しときます。ボードを結構札が取られていて、まだ空いていた右舷ミヨシから4番目を確保してから受付で料金9500円を払います。
早く来たのは前から気になっていた昼食を駅近くの「まぐろや相馬水産」でマグロ丼を食べてから乗船しようという魂胆だったのです。

マグロ丼を堪能して船宿に戻り支度して乗船すると、今日は二艘出しになり移動する人の調整があり、移動した人が居たのでミヨシから2番目になりました。

干潮で河口の水深が浅くなっているとかで少し遅くれて13時10分に出港となり、木更津沖を目指します。でも東京湾上空には大きな積乱雲が出来ていてなんか嫌な予感がします。

木更津沖まで1時間程で到着するとなんとなくどんよりした雲が多く西の方は結構暗くなっています。
雨がふらなければいいなぁ~と青イソメを付けてスタートします。

水深15m程で着底後、少し底を少し切って誘いを入れるとククックとアタリがあります。竿先で合わせるといい感じの引きがあり良型のシロギスをゲットです。

2投目も少し誘いを続けるとアタリがあり先程の様な引きでは無いもののまあ春先らしいサイズのキスでした。
こう立て続けに釣れると今日の小さいクーラーじゃ入り切らないカモなんて思ったのが行けなかったのが、この後が続きません。

船中でもポツポツ状態で流石に喰いが良いとは言えない状況です。ちゃんと誘いを入れないとアタリが遠いようでこまめに誘いを入れている人はポツポツと釣れています。

釣れている人の誘いを真似して誘いを入れて見るとアタリは出るのですが、なかなか針がかりしません。
タイミングなのかなぁ~とインターバルを長くして向こう合わせにしてみたら上手く掛かりました。

ようやく足元の樽にキスがそこそこ泳ぐようになりましたが、キス釣りってこんなに難しかったっけ?と思うほど数が伸びません。
キスが20位は欲しいなぁと思っていましたが、夕方までに達成できるか厳しくなりました。

それとアカクラゲが結構流れて来るようになり、仕掛けに触手がまとわりつき手前まつりも多くなります。
16時を過ぎてこれではアナゴも厳しくかるかなと思っていると、恐れていた音が響き始めます。

最初は遠い目で鳴っていたり光っていたのですが、木更津の製鉄所あたりでも鳴り始め、さっきまで見えていた製鉄所の炎が雨で見えなくなってしまいました。

少し場所を移動して雷雲から離れて釣りを続けますが、どんどん暗い雲が広がってきて風向きも不安定になってきました。
17時頃から風も次第に強くなり冷たくなってきました。こりゃダウンバーストだ、このままだとヤバイなぁと思っていたら大粒の雨が降り出してきました。

合羽を着て釣ってましたが、雨が強くなるので一時キャビンに避難します。
少し待てば雨は弱くなるかなとキャビンで夜との様子を見てたのですが、好転せず17時半に船長から早上がりが宣言され、終了となってしまいました。

釣ったキスは15匹で、名物の船上うどんも食べれず、アナゴも釣らないで夕日がまだ残る18時半に帰港となりました。
東京湾の釣行で早上がりは初めての経験です。
なにも補填も無く終了。
残念無念。
アナゴはリベンジしないと駄目かな
キス釣果

<収支報告>
 収入の部
  シロギス(12cm~25cm)15匹
 支出の部
  乗船代 9500円
  仕掛け等 1540円(オモリ、仕掛け等市販品)

<船宿>
 浦安 吉野屋

【ヤリイカ】(2/11)浦安・吉野屋

今年の初釣りはイカにしようと釣行を計画し、11日祝日に照準をあわせます。

しかし週中の祝日で南房まで行くのは厳しいな湾奥からの遠征船でも良いかな~とヘタレな考えが優勢となり、朝4時45分に起床、5時10分自宅発で5時半には浦安の吉野屋に到着。いやー楽チンですわ。

受付で料金10500円と氷代100円を支払い乗船券を貰うと15番。6時には乗船してくださいとの事だったので道具を運んで乗船したのが5:45です。気合が入っている人は5時前には来てますから最近、いかにヘタレになったかが判ります。
釣座は左舷の胴の間です。まあ4隅は常連で占められますからこんなものです。

6時には乗客が揃い、船長が釣座間隔の調整をして左舷は8人となりました。東の空が明るくなった6時20分に出港となり旧江戸川を下り、東京湾を南下すること2時間のクルージングです。

洲崎沖のイカ釣り船団には8時20分に合流することが出来ました。勝山の船なら7時には着いてますから1時間半のロスです。まあその分自宅で寝れましたけどね。

船団に入って反応を探し船長から「サバが多いから注意して」との後、投入合図となりました。
水深は220mとの事でリールの水深計がどんどんカウントされていきます。
サバに捕まった人もいましたがなんとか着底して誘いを掛けると竿先に反応が出ました。追い乗りを期待しましたが乗らないようなので巻き上げ開始です。

すると自分の右隣とオオドモの人がお祭りしており、こりゃサバに捕まったらヤバイなと思っていたら左隣とお祭り。
アチャーこりゃだめだと思いましたが、なんとかスルメが自分の仕掛けに付いていて1杯ゲット。

しかし、仕掛けはパーに。
「サバが多いので直結か角が長いのを持っている人は交換した方が良い」との船長。
なので道具箱に入っていた11cmの直結仕掛けを取り出してセットします。

旋回してイカの反応に当てて投入となります。
お陰でサバに捕まることなく着底しますがどうやら群れが小さいのか投入して着底、少ししゃくると上げて~の合図となって200m巻き上げて移動の繰り返しです。

そんな事が続いて樽にはスルメが1杯だけ寂しく泳いでます。

少しづつサバも少なくなってそのうちブランコ仕掛けに戻そうとしていたら、投入時に手前祭りを起こしてしまい、仕掛けをブランコに交換する事にします。

船中もポツーンポツーンとイガが上がる程度です。
イカの捜索をしては投入、反応が消えては上げての繰り返しをしていると時計は12時を過ぎてもう残り2時間。
ヤリイカを1杯追加することが出来ましたが・・・
ika
もう今日はダメと悟ります。
ブランコなのでサバが掛かりますが、サバも寒サバで丸々太っているので大事に持ち帰ることに。

最後は船団から離れて少し北側で流するとイカのノリがありました。しかし巻き上げ途中にバレてしまい、再投入すると今度はサバに捕まってしまいました。

このサバのお陰で仕掛けが祭ってしまい、解いている間に良い群れに当たったのかイカが乗ったようです。
なんとか復旧した3本角だけで再投入してやってみましたが、タイムアップで修了となってしまいました。

結局、スルメとヤリイカが1杯づつと言う貧果に。
トップでこそツ抜けしてますが、まわりは似たよな釣果ばかりでしたね。

帰りも浦安まで2時間。でも1時間近くキャビンで寝て帰えれるのは楽です。渋滞知らずですしね。
宿には16時過ぎに到着で、自宅には17時には着いて刺身づくりしてましたからこういう遠征船も悪くは無いですね。これで釣果も良かったら最高なのですが・・・

<収支報告>
 収入の部
  スルメ 1
  ヤリイカ1
  サバ  2
 支出の部
  乗船代 10500円
  氷代   100円
  仕掛け 約3000円(角は再利用)

となりました。

<船宿>
 浦安 吉野屋

【キス・アナゴリレー】(2015/5/1)浦安・吉野屋

メーデーの5月1日、今年はアナゴが好調らしいと言うのでキス・アナゴリレーに行ってきました。
出船は13時ですが、まずはメーデーに出席にしなければならないので、8時に家を出発してまずは浦安の吉野屋へ。

宿に着いて釣り座のボードを見ると既にオオドモは埋まっていたので、右舷トモから2番目を確保して受付した後、メーデー会場へ向かい出席。
12時に船宿に戻ってくるといい感じで札が埋まっており、乗船して用意が整った13時に19名で出船となりました。

江戸川を南下し凪の東京湾を進み約50分程で木更津沖に到着。

キス竿を2本用意して、一本は標準的なキス仕掛けで探り釣り、もう一本は胴付仕掛けで置き竿にします。
今日は機嫌のいいかのか直ぐにアタリが出始めて心地よいキスの引きを堪能しながら1匹目ゲット。約20cmの良型キスでした。樽にキスを入れていると置き竿にもアタリが出てそっちも上げると、こっちも良い型のキスでこりゃ忙しいなぁ(笑)

船中でもコンスタントに上がり、自分も10匹を超えキス釣りはこうじゃなければなぁと思いながらポンポンと釣り上げます。
kisu
時折、ピンキスもまじりますが、良型主体なのでなかなか楽しく、ピンキスだとリリースする余裕も出てきます。

風にあたりながらの流し釣りで、到着当初はソヨソヨと南東の風でしたが、次第に強くなり流れる速度も早くなり仕掛けが浮き上がってしまう場面もあり、そうなると上手く棚に仕掛けがハマる人にはアタリが出ます。
こうなると胴付の置き竿を不利になるので、仕掛けを回収して探り釣りに専念し、少しづつ数を伸ばしていきます。
中には上手くハマれない人が居て仲乗りさんが指導していました。

16時近くなるとスパンカを揚げて横流しから縦長しにチェンジ。
下げ潮になって右舷側は船下に仕掛けが入ってしまうので、投げて浮かしながら仕掛けを動かして誘う戦法にしますが、アタリが遠退きました。

17時半からアナゴにしますとアナウンスがあり、残り1時間。まあ樽の中には目測で20超えのキスが居るので、まあ充分ではありますけど、残り時間に少しは数を延ばそうとがんばります。

udon吉野屋名物の「うどん」の用意が始まったようで、うどんつゆのいい匂いが漂うなかラストスパート。
結局、キスは29匹と言う結果になりました。

船は5分ほど走りアナゴのポイントに到着です。
まずは「うどん」が振る舞われます。
船上で食べるうどんは格別なんですよね。

釣る前に食べれるのは釣り始めて、いい時に中断しなくていいのでリレー船ならではです。
うどんを食べて、仕掛けを準備します。釣鐘オモリにハリス長が異なる2本の針を付けてシンプルな仕掛けで攻めます。


今年は好調が言われるアナゴですが、どんな感じでしょうか?
直ぐにオオドモの人が釣り上げ、気合を入れて小突きます。

釣り始めて15分位経過した頃、アナゴ竿に微妙な変化があったのに気付き、少し送り込んで少し待ちます。直ぐにまた底に当たる感覚とは違うような感触があったので、ええい!と合わせてみると乗ったみたい。

オモリ以上の重さを感じながら上げるとアナゴがいました。が、うーん木更津サイズにしては小型だなぁ。
それにアタリがものすごく小さかったぞ。

さあ、次もいくぞぉと頑張ってみます。少し間があって今度は置き竿にしていた竿に変化が出たので持ち替えて合わせを入れ2本目ゲット。
結構アタリ自体も少ないのかアタリが小さい。
好調と言う話はいずこに?

日がどっぷりくれた19時過ぎにようやく3本目に。型も小さいので以前に盤州沖で釣ったアナゴとは大違いだな
操舵室から聞こえてくる無線も「ダメだ~0~3だよぉ」とか嘆き節ばかり。

20時近くになり船長がアナゴを裁く準備に取り掛かり、今日はこれでおしまいかなと思ったたらガツガツと明確なアタリが出て、アナゴはこれだよねぇと次の引き込みで合わせて4本目ゲットです。

20時半で今日はココまでかなと思ったら、アタリがあったので合しそこねてしまい、直ぐに底に落とし誘ったらまたアタリが出たので今度は慎重に合わせて5本目ゲット。
良かった最低目標はクリア出来ました。
NCM_1534
アナゴの裁き終わった20:45に沖あがりとなりました。
東京湾の夜景を眺めながら21:30に船宿に到着。家に帰りキスを天ぷら用に捌いていたら終わったら深夜になってしまいました。
まあ、明日からGWだからいいかぁ。

この日の釣果ですが、船長のBlogによると
キス 13~20㎝ 5~38匹
あなご 23~28㎝ 0~13本 船中102本

だったそうです。
成績的には良い方だったようです。

【船宿】浦安吉野屋
【料金】9300円(氷は別料金)
【仕掛】キス:オモリ20号 市販キス仕掛け・アナゴ:釣鐘オモリ アナゴ2本針

今日はキス・アナゴリレーです。

今日は5月1日でメーデーです。組合員としてはメーデーに出席するのが義務と言うわけで午前中出席した後、浦安からキスアナゴリレーに乗船。

今年は久しぶりにアナゴの状況が良いみたいので頑張って来ます!

image

今日はイイダコ船です。

wpid-ncm_1301.jpg

秋の風物詩?今日はイイダコ釣りです。
最近はヘタレ釣り師なんで手軽な浦安出船です。
昨日は今一つ感だったんで今日はどうでしょう?

さて出船です。
行ってきま~す

【マダコ】(12/30)浦安・吉久から出船

今日は、釣り納めと言う事で、色々と考えた末にチョイスしたのは、マダコ。
この時期のマダコは型は良いけど数が出ないので返り討ち覚悟の出船でした。

流石に年末最後の出船とあって、マダコ船は16名を乗せて7時に出船したのですが、結果は、第二海堡の浅場で残念ながら超貴重な1杯を水面でバラしてしまい、クーラー空っぽでの帰宅でした。

でもって、今日ロストしたテンヤは計5つ。
1個700円(他の船宿だと500円位なんですけどね)もするので、4つ購入したので2800円の出費です(1個は持参)

最初の1個は、随分頑張ってくれたんです。
でも昼前あたりから、持参したエアバンドのスイッチを入れイヤホンで、羽田のアプローチを聴き始めたとたん、テンヤロスト

イカンイカンとイアホンを外して・・・でも流し替えの時に聴いたりしてそのまま投入してロスト。

極めつけは、海ホタル近くのポイント。
羽田に降りていく飛行機が次々と通る訳で、おージャンボだ、スタアラトリプルだ・・・やべ根がかりだ。

34Lに降りていくジャンボの姿を追っているとGO AROUNDしている!
こりゃ無線だとイアホン取り出し聴いていると、ガッシ!
あー、5つ目のテンヤが~

と二匹の兎を狙うと駄目ですね。こりゃ、来年も魚から逃げられちゃうかなな?
【船宿】吉久【料金】9000円
【仕掛け】タコテンヤ(50号)