【RJTT/HND/羽田】2018/8/5お召し撮影レポート

天皇、皇后両陛下が北海道150周年式典に参列されて今日、帰京すると言うのでこれは「お召しフライト」がある!と言うことで羽田空港へ出撃してきました。

北海道警察のHPに掲載されていた交通規制情報によれば新千歳空港ICから空港ターミナル間が13:30~14:30まで規制されるとの情報なので、お召しは新千歳を14:30~15:00の間に出ると予想されます。
なら羽田は16:00頃だろうと考えて15時ちょい前に羽田空港の第3駐車場へ入庫して6階のV1スポット側に行くと・・・なんと51番スポット手前あたりに3階建てのプレハブが建っていて撮影できる範囲がかなり狭まっています。

お召しの場合、展望デッキが警備の都合で閉鎖される場合が多いのでココしか無いなぁと思っていたのですが・・・
それに撮影者どころか警備の警官も居ないし、到着はもっと遅いのか?

FR24で新千歳空港あたりをウォッチしているとJL4902と言う聞き慣れない便名でJA306Jが15時前に出発しています。でも、離陸後は関西方面のフライトが使うルートで日本海側を飛行していきます。

JA306Jは午前中に羽田から新千歳にフェリーされているからお召し機のだろうと読んでいたのですが違うのか?
その後、陛下が乗られたのはJA306Jなのが判明しましたが、当該機は新潟方面に向かっています。
おかしいなぁ~と思っていたら、ようやく私服警察官がやって来て「撮影ですか?」と声を掛けてきます。

新潟あたりからJA306Jは進路を東に向けて羽田の北方到着ルートに乗って来ました。時間調整で大回りルートになったのか?

JAL4902便 B737-800 JA306Jの飛行経路

JAL4902便 B737-800 JA306Jの飛行経路


V1スポット前でも報道陣が集まって来て到着が近づいてきました。報道陣は陛下がタラップから降りてくるシーンを撮影するのでしょうから位置的に駐機位置を想像します。

報道陣もスタンバイ完了


首都高にもパトーカーや白バイが現れて交通規制の用意しています。
JL4902はTWRにハンドオフされてRWY23へVOR/DME進入となり、着陸後タキシングしてくるのを待ちますが・・・

どうにもこうにもプレハブが邪魔だー

操縦席上に日の丸が掲げられてがお召し機であることを示しています。

7階からならプレハブを交わせたかな。でも7階での撮影は出来ないこともあるし、なんせ今日は暑いから日差しのある7階では倒れてしまいそうですからね。

マーシャラーが居る位置にタキシングしていきます。

なんとかクリアな写真が撮れるかと思ったのですが・・・

えーJALさん、そんな位置にタラップカーを置いているの!
あと5m位下げておいて呉れれば良かったのに

エンジンが切られてタラップがL1ドアとL2ドアに向かいます。
陛下が降りてくるエプロンには赤い絨毯が用意されました。

使わないタラップカーが予備ですかね。

機体脇には、CABと白バイに先導されたリムジンが用意されいます。
先にL2ドアが開いて宮内庁か随行員の方でしょうか?大急ぎで降りてきて用意された車に乗り込みます。

そしてゆっくりL1ドアが開いて、陛下が先にタラップに降り、続いて皇后様が続きます。

陛下と皇后がお降りになられます。

タラップを降りる際に、両陛下が機長窓の方に会釈をする様子が見られました。

タラップから降りると出迎えの方に会釈してお車に向かわれます。

トリミングしています。

産経新聞の「大山文兄のV1ウオッチ」記者さんも居るのかな?

両陛下がお車に乗られると、CABカーと白バイが先導して車列が出発します。

お車はセンチュリーでしたっけ? ナンバープレートが菊の紋章になっています。

そう言えば北海道ではお車に掲げられた「天皇旗」が外れそうになって車列が一時止まってしまったとか。
時代が時代なら大変なことになったことでしょうね。

そもそも天皇陛下より高い位置から見下ろしている事自体、不敬行為で捕まります(笑)

首都高は車列が通過するまで暫く通行止めになります。
ランプバスが機体脇に横付けされて残っていた随行員が乗って行き、機体周りが静かになりました。

大任を果たしたJA306J

この後は日の丸も片付けられて普段の姿に戻ります。

さて今日はこれで撤収しましょう。


 <飛行機の館へ

コメントを残す