JL303はフライトキャンセルに

先日もきじにしましたが、今月末の九州撮影遠征計画で予約していたJL303便ですが、今日正式にフライトキャンセルの連絡がありました。
JAL303便はキャンセルに緊急事態宣言が5月末まで延長されたので遠征自体諦めていましたが、フライトキャンセルになれば予約便の30日以内で変更ができますので様子をみていたのですが・・・

早速、変更しようとカレンダーとにらめっこすると・・・あれ、30日以内って言うことだけど来月は、もう梅雨の真っ最中じゃない。
そうだ、この日程もコロナで春先は難しいだろうからと梅雨前のギリギリで設定したのです。

撮影に行って雨に祟られるのでは面白く無いしなぁ~と言うことで結局払い戻しを選択することにしました。

ただ、購入時に一部をe JALポイントで支払っていたのですが、既に有効期限ギリギリで購入していたのでその部分はどうなるのかな?と思っていたら、有効期限失効分の払戻しの場合、特例で6ヶ月後の月末まで延長措置が受けられるようになってました。

さて、改めてA350で行く撮影遠征を考えなくてはなりません(笑)

JALのソーシャルディスタンス

来月、5/29の福岡行JAL303便を予約していますが、JALのホームページが昨日(4/28)に更新され、5月31日までの搭乗分について、新型コロナウィルス感染拡大による手数料免除での払い戻し対象となりました。

あわせて、JALは感染予防という事で機内のソーシャルディスタンスを確保する為に一部の座席を空席にして間隔をあける処置をすることを発表しています。

例えば3人掛けなら中央の座席を開ける処置をすることで密にならないような座席運用をすると言うことです。
JAL303便座席指定状況
予約便の座席(Jクラス)を確認してみたら1席ごとしか座席指定が出来ないようになっていました。

それ以前に、Jクラスで予約が入っているのはこれだけ?

5番~8番と16番の列は上級会員向けのプライオリティシートでしょうから指定が出来ないと思うのですが、一般枠で席が抑えられているのは、自分の11Kと15Dだけの様です。

もしかして予約だけして座席指定していない予約もあるかも知れませんが、このJAL303便は既に予約受付を停止している運休調整便になっており新規予約が出来ない状況です。

なのでこれ以上予約は入らないでしょうし、そもそも運休の可能性が高いのですから・・・

利用者が激減している航空業界なので出来れば乗りたいところですが、この状況下では「不要不急」の旅行を5月に行うのは厳しい情勢です。

5月に入って、新型コロナウィルスが消えました・・・となれば嬉しいですが、そう簡単では無いのがこのウィルスですから、まだまだこの戦いは続きそうです。

残念ですが断念するしか無いでしょうね。

運休対象便かな

3月の下旬に予定してた「A350で行く九州撮影遠征」が新型コロナウィルスの関係で5月下旬に延期して、5/29の羽田発福岡行JAL303便を予約していました。

2月の下旬では5月になれば落ち着くだろうと思っていたのですが・・・欧米からのウィルス逆流で減るどころか増える一方で緊急事態宣言が発布される状況です。

航空各社はGW前までの計画運休が5/6まで決まり、さらには5月末の計画運休を検討する状況になりました。

5/29の羽田発福岡行の予約状況表示は満席に

5/29の羽田発福岡行の予約状況表示は満席に

既にJAL303便は予約システム(CRS)上、残席0として予約受付出来ない状況になっています。一応ウェイティングリストは開いているのでキャンセル待ちは入れられる様にはなっていますが・・・

運航調整をしたり政府認可待ちで予約を入れられない様にする為にCRSの空席を0にすることは良くあることですが、これがちょっとした騒動になったようですね。
東京から満席の便でウィルスを運んでくる!って

さてさて、どうやらこのままいけばJAL303は運休になる公算が高そうです。
今の所、感染爆発には至ってませんが緊急事態宣言が5/6で収まる気配はありませんからリスケすることになりそうです。

国内線大幅減便へ

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA346J

先週末は新千歳空港の利用者が大幅減となりました。

国内線を運航する航空会社は新型コロナウイルスの感染が広がる中、航空需要が著しく減少しており3月6日から各社減便を行う事を発表しています。

JALとANA合わせると週500便を超えており、稀にない大幅減便です。

2月は中国向けの国際線が中心でしたが、3月に入り終息どころか拡大の様相をみせており、北海道は知事による不要不急の外出の自粛を住民に要請しており、先週末は北海道の各空港を発着する便には空席だらけだったそうです。

また企業の出張禁止令によりビジネス需要が大きい路線でも予約キャンセルが目立っており、観光・ビジネスの両面からの需要減となり3月期決算に影響がでそうな感じです。

LCCも近距離国際線が多く、まさに影響の渦中な地域に路線が多いこともありかなり影響が受けてます。

ライバルの新幹線も2月の輸送人員は前年比8~10%減となっており3月はさらに減少が想定されています。
新幹線は臨時の700系ラストランが運休(これはおバカな鉄が集まって感染を広がることを恐れた為ですが)となりましたが、概ねダイヤ通りの本数を確保してますが、今後はどうなるか?

今回の運休は需要減ということもありますが、乗務員への感染予防という側面もあります。特に乗務員が居なければ飛行機自体が飛ばなくなりますからね。

この騒動は長引きそうな情勢ですから、航空業界だけでなく世界経済に大きく影を落とすことになりそうなのが残念です。

懐かしシリーズ”Dream Skyward”

JA8907 Dream Skyward

JL/JAL/日本航空 B747-400D JA8907 Dream Skyward

2004年1月18日に羽田空港で撮影したJALの松井ジェットこと「Dream Skyward」塗装機です。
もう16年も前なんですね。まだ第二ターミナルが建設中でP1駐車場の屋上から撮影した記憶があります。
近所に松井ジェットのでかいポスターが貼ってあった中華料理店があったんですが、3年前に閉めてしまったんですよね。ということは10年も貼っていたのか(笑)

C滑走路の沖合に海上ステーションがありますが、D滑走路建設の関係でしょうかね。D滑走路の着工が2005年だったのでその準備施設なら時期的の合致しますからね。

この頃から、コンデジのC720UZを使い始めましたがで300万画素と今のスマホよりかなり劣ってました。
それでも35mm換算で320mm相当まで望遠が効くので重宝してましたが、どんどん新機種が出るたびに機能もうなぎのぼりの時期でもあり、どんどん取り残されてしまいました。

さよなら?JA8975

羽田沖でタイのジャンボをほかくしに行く途中、羽田空港の駐機場に尾翼にJALのマーク跡が残るホワイトタイトルの機材を見つけました。
レジを確認するとJA8975でした。

という事はERじゃないB767-300ですね。1995年からJALで飛んで約25年、ちょうど波乱の時期を歩んだ機材です。1995年と言えば、45/47体勢が終焉を迎えましたが、まだまだ日本を代表するキャリアとして君臨していました。

導入当時はB767-300は国内線の亜幹線用として飛んでいた記憶があります。国内線にも積極的に参入してましたが、オーバースペックな機材を使っていたものです。そういうところも殿様商売でしたね。

FR24の履歴を見ると10月31日に鹿児島からJAL652を最後にラインから外れています。
売却されるのでしょうが、ERじゃないB767-300を買うキャリアは今どき無いでしょうからスクラップかも知れないです。

JL/JAL/日本航空  B767-300 JA8975

JL/JAL/日本航空 JAL170 B767-300 JA8975

最後にJA8975を撮影したのは去年のGW、4/29でした。
次に出会うことはあるでしょうかね?

習熟飛行訓練が始まるJALのA350

先日、JALのA350-900が羽田にデリバリーされましたが、明日からの習熟飛行訓練スケジュールが公表されました。

以前、ANAのB787が日本到着後の習熟飛行訓練のスケジュールを公表しました。
スケジュールを調整して羽田に撮影に向かったのですが、訓練が順調だったのか予定より早く目的地空港を離陸してしまい、羽田に到着した時には既に整備地区にステイしていたことがありましたね。

でもこうやって公表してくれるだけでも、凄いですよね。鉄道じゃあり得ない・・・と言うか発表したら大変な事になりますから(笑)

今公表されているのは、
6/29
 JL4139 羽田4:55⇒北九州6:25
 JL4130 北九州7:55⇒新千歳10:20
 JL4135 新千歳11:30⇒成田13:00
 JL4136 成田15:00⇒新千歳16:50
 JL4137 新千歳18:10⇒北九州20:30
 JL4138 北九州21:40⇒羽田23:30

7/1.3.4.5
 JL4139 羽田5:55⇒北九州7:25
 JL4130 北九州8:25⇒新千歳10:50
 JL4135 新千歳11:50⇒成田13:20
 JL4136 成田15:00⇒新千歳16:50
 JL4137 新千歳18:10⇒北九州20:30
 JL4138 北九州21:40⇒羽田23:30
です。

撮影したところですが、この時期は天気が良くないのが残念です。まあA350はこれから撮影できる機会もあるでしょうから天気が良い時期に狙いたいですね。

【RJTT/HND/羽田】2019/5/19レポート

今日は予報が今ひとつだったのですが、晴れ間も覗いてまずまずの天気です。南風でLDA22運用のので午後から中防大橋へ行ってみました。

しかし現着すると雲が伸びて曇ってしまいました。いつもの位置で撮影しますが、オリンピック会場の工事で運河を締切る水門が出来上がってました。オリンピックは来年ですがココで来年もLDA進入アプローチ撮影出来るかな?

JL/JAL/日本航空 JL628 B767-300ER JA656J

JL/JAL/日本航空 JL628 B767-300ER JA656J

南側から黒い雲が帯状に流れてきてパラっと雨まで降ってきました。
うーん、雲が動いているから回復を期待しますか。
6J/SNJ/ソラシドエア 6J90 B737-800 JA813X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J90 B737-800 JA813X

この後黒い雲が離れていき陽射しが回復しました。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G46 A320 JA08MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G46 A320 JA08MC

いい感じに天気が回復してくれました。

しかしこの後、ベトナムのA350がタワーにハンドオフされた頃に雲が太陽を遮ります。

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A893

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A893

今日のVNはヤクザです。以前も893は撮影しているので曇ってもいいかな(笑)

NH/ANA/全日空 NH566 B737-800 JA85AN

NH/ANA/全日空 NH566 B737-800 JA85AN

フラワージェットがやって来ましたが晴れて欲しかったですね。やっぱり花は晴れてナンボですから

北方から到着するエアーカナダが22にアサインされました。国際線だとターミナルに近い22をアサインされる事が多いようです。

AC/ACA/エアカナダ AC001 B777-300ER C-FIUL

AC/ACA/エアカナダ AC001 B777-300ER C-FIUL

エア・カナダも陰ると色が出ないんですよね。

この後、雲が取れて光線が回復してくれました。

NH/ANA/全日空 NH90 B787-9 JA830A

NH/ANA/全日空 NH90 B787-9 JA830A

まだB787-9には乗った事が無いから一度乗りたいんですけなかなか機会がありません。

CZ/CSN/中国南方航空 CZ385 A330-300 B-1063

CZ/CSN/中国南方航空 CZ385 A330-300 B-1063

外航機はLDAアプローチに慣れてないのでどうしても内回りになってしまいます。このCZはかなり内回りでした。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMG

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMG

SQはまずまずのカーブを描いて22へ向かいました。

NH/ANA/全日空 NH636 B737-800 JA88AN

NH/ANA/全日空 NH636 B737-800 JA88AN

ANAが2018年度に導入した新しいB737-800ですが、カスタマーコードが8Lなんですね。リース会社経由だからですかね。

JL/JAL/日本航空 JL8172 B737-800 JA314J

JL/JAL/日本航空 JL8172 B737-800 JA314J

グアムからの臨時便かと思ったら調べて見ればグアムで操縦訓練で使っていた機材のフェリー便でした。
グアムで訓練するなら下地島で行えば良いのに・・・

16時を過ぎ、アプローチにA321NeoのNHが入ってきたので、これを撮って撤収しようかと思ったら、またもや雲がやって来て条件が悪くなってしまいました。

天気が良いのなら成田に行けばよかったかな。


飛行機の館へ

新LCC「ジップエア」誕生

JALが設立するLCCのブランド名が「ZIPAIR」に決定した事を発表しました。さらに社名を「ZIPAIR Tokyo」として2020年春に成田からバンコク、ソウルに就航する計画を進めることになりました。

いきなりLCC激戦区のバンコクに就航とは、事業統合するピーチとの対抗もあるものかも知れません。JALからB787を2機リース(移籍?)との事で、機材仕様については今後発表とすることになりますが、座席配置にはゆとりをもたせるとも発言されており、従来のLCCと比べて違いを出す模様です。

ETOPSの認可を受け次第、2021年にも太平洋線にも路線を伸ばす計画があることも示唆しており、今後どういう展開になるのか?
利用者としては、LCCなので一番の感心は運賃と言うことになりますが、いくら座席配置がゆったりしているからと言っても価格重視になりますからね。

そういえば、JALは昔、バンコクベースでJAZ(ジャパンエアチャーター )ってありましたね。チャーター目的で設立したけど、結局はJALのローコストオペレーション会社(LCO)になってしまいましたからね。
ZIPAIRもそうならないこと祈ります。

JALのLCOキャリアJAZ

チャーターよりJALの非収益路線のコードシェアとして運航が多かったJAZ

【RJOO/ITM/伊丹】2019/1/1撮影レポート

元旦に「定期便de初日の出フライト」で大阪トンボ帰りでは伊丹空港で少し時間があったので展望デッキで2019年の初スポティングをしてきました。

ただ、光線状態が今ひとつで、時間があればスカイパークへ行きたいところです。

XM/JLJ/ジェイエア  ERJ170 JA228J

XM/JLJ/ジェイエア ERJ170 JA228J

伊丹はJ AIRのERJが多く飛来します。将来、MRJが飛ぶのでしょうか?

NH/ANA/全日空  B737-500 JA8595

NH/ANA/全日空 B737-500 JA8595

ANA WINGSが運航するB737-500も伊丹ならでは被写体です。

JL/JAL/日本航空  B777-300 JA752J

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA752J

那覇までのロングフライトなので離陸がゆっくりでした。

NH/ANA/全日空  B737-500 JA300K

NH/ANA/全日空 B737-500 JA300K

キリが良い300番のスーパードルフィンが出発していきます。32Rの出発機は展望デッキから近いのでB3クラスでも300mmあれば充分撮影出来ます。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA347J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA347J

この位置だと順光で撮影できます。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA302J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA302J

去年の4/30に北九州から搭乗した302Jが伊丹空港に到着します。

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA601J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA601J

折返し搭乗予定となる601Jが羽田から到着しました。JALのB767-300に搭乗するのはかなり久しぶりです。最近はB737-800ばかりでしたからね。

JL/JAL/日本航空  B767-300 JA8980

JL/JAL/日本航空 B767-300 JA8980

ワンワールド塗装のB767-300が羽田に向かって離陸します。滑走路上の機体はちょっと光線状態が悪いのが残念です。夏なら良いのでしょうね。

NH/ANA/全日空  B737-800 JA66AN

NH/ANA/全日空 B737-800 JA66AN

32Lから上がるB737はちょっと300mm(35mm換算だと420mm)では遠いのでトリミングしてます。

XM/JLJ/ジェイエア  ERJ-170 JA220J

XM/JLJ/ジェイエア ERJ-170 JA220J

なんか機体後方の方が低いように見えるのは気のせい?

さて、そろそろ出発時刻が迫ってきたので保安検査場へ向かいましょう。


羽田編へ> <飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2018/12/30撮り納めレポート

30日は釣り納めをした帰り道、浮島公園に寄り道して1時間ほど撮り納めしてきました。北風が強く吹いてましたが倉庫が風よけになってくれたので寒さが和らぎ助かりました。

CI/CAL/チャイナエアライン CI220 A330-300 B-18303

CI/CAL/チャイナエアライン CI220 A330-300 B-18303

撮影一番槍はダイナスティのA330でした。背後に34Rから離陸したアシアナ機が入りました。

JL/JAL/日本航空 JL114 B767-300ER JA612J

JL/JAL/日本航空 JL114 B767-300ER JA612J

東京ディズニーランドとのコラボ「JALセレブレーションエクスプレス」が大阪から到着です。

NH/ANA/全日空 MH644 B777-200ER JA709A

NH/ANA/全日空 MH644 B777-200ER JA709A

年末年始なので空気が澄んでいるからか、青空が綺麗に見えます。

NH/ANA/全日空 NH250 B767-300 JA8674

NH/ANA/全日空 NH250 B767-300 JA8674

ERで無い無印B767-300ですが、デリバリーから25年が経過しています。そろそろリタイアですかね。

JL/JAL/日本航空  B777-200 JA008D

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA008D

浮島名物?の34Lアプローチと05離陸機のツーショットになりました。

MU/CES/中国東方航空 MU537 A330-300 B-5976

MU/CES/中国東方航空 MU537 A330-300 B-5976

チャイナイースタンの上海ディズニーランド塗装機がやって来ました。上海のディズニーランドって東京のように大人気なんでしょうか?

7G/SFJ/スターフライヤー 7G80 A320 JA21MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G80 A320 JA21MC

ファインダを覗いていたらなんか横切りました。後で画像を確認したらカモメでした。

NU/JTA/日本トランスオーシャン航空 NU70 B737-800 JA04RK

NU/JTA/日本トランスオーシャン航空 NU70 B737-800 JA04RK

石垣空港からJTAのB737-800が到着です。

6J/SNJ/ソラシドエア 6J56 B737-800 JA809X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J56 B737-800 JA809X

後追いで狙うとこうやって34Rからの離陸と絡められますが、離陸機が少ないので確率は低いですね。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX548 B777-300ER B-KPN

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX548 B777-300ER B-KPN

この後用事があるでCXの到着をもって撮り納めとなりました。


飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2018/12/14撮影レポートその2

第一ターミナルで流し撮りの練習に励むことにします。

オリンピック塗装のトリプルが到着です。

NH/ANA/全日空  B777-200ER JA741A

NH/ANA/全日空 B777-200ER JA741A

画像は明るく見えますが、結構暗くなってきてSSは1/100でF2.8開放です。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空  B777-300ER B-KPF

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 B777-300ER B-KPF

国際線ターミナルからCXが出発してきたところをターミナルバックで撮影してみました。タキシングで速度が遅かったので上手く止まりましたね。

MU/CES/中国東方航空  A330-200 B-5938

MU/CES/中国東方航空 A330-200 B-5938

RWY上の機体狙いだとA330クラスでないと200mm(320mm)だと厳しいです。

NH/ANA/全日空  A321Neo JA140A

NH/ANA/全日空 A321Neo JA140A

RWY34LにアプローチするA321Neoです。

NH/ANA/全日空  A321Neo JA138A

NH/ANA/全日空 A321Neo JA138A

さらに暗くなりSSは1/30と流し撮りでは限界ライン?かな

JL/JAL/日本航空  B777-200ER JA709J

JL/JAL/日本航空 B777-200ER JA709J

RWYのライトがきれいに写るようになりました。

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA612J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA612J

ディズニー記念塗装の612Jがスポットアウトします。

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA603J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA603J

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA602J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA602J

ミッキー塗装の602Jも612Jに続いてスポットアウトしました。

NH/ANA/全日空  B777-200ER JA745A

NH/ANA/全日空 B777-200ER JA745A

ANAは着陸時にキャビンは明るくしたままなので窓の明かりが良いアクセントになります。

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA656J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA656J

17時になり、結構暗くなってきたのでこれ以上の撮影は厳しいのでそろそろ撤収しますかね。
流し撮りももう少し修行しないと駄目かな


<その1へ> <飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2018/12/14撮影レポートその1

この日は夜ムツが出船中止になり、スポッティングしようと羽田に行くと着いたとたんに曇られると言うなんともツキが無い日になってしまいましたが、気持ちを切り替えて流し撮りの練習と言うことでSSを下げて頑張ってみることにしました。
ただ、先週からメイン機材の7DmkⅡが点検でCANON大分工場に入場中なので予備機の50Dで撮影です。

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J

SSは1/250で撮ってみましたが、まだあまり流れてませんね。
100-400Lと50Dの組み合わせは今日が始めてでした。

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA345J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA345J

SSを少し下げて1/160にしてみましたが、今ひとつです。あまり下げると手ブレしますしねぇ~

HD/ADO/エアドゥ B767-300 JA602A

HD/ADO/エアドゥ B767-300 JA602A

エアドゥはかなり早くエアボーンしていきました。まるでフェリー?かと思うほど早かったです。

NH/ANA/全日空 A321Neo JA112A

NH/ANA/全日空 A321Neo JA112A

時間的に北方出発が続きます。
この日は寒く、早く撤収しようかと思うのですがルフトのジャンボまでは頑張ろう!と気合を入れて撮影しますがかなり暗くなってきました。

NH/ANA/全日空 A321Neo JA137A

NH/ANA/全日空 A321Neo JA137A

A321Neoも増えてきて撮影する機会も多くなりました。

ようやくLHがスポットアウトしてRWY34Rへタキシングしてきました。ジャンボなのでレンズは70-200F2.8にチェンジしてSSを稼げるようにします。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 B747-8 D-ABYA

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 B747-8 D-ABYA

今日はLHの新塗装でした。1/200で撮影しましたが上手く止まったカットはこれくらいしかありませんでした。

さてジャンボも撮ったし、帰る前に1タミも寄ってみようとバスで移動します。

JL/JAL/日本航空 B767-300 JA8987

JL/JAL/日本航空 B767-300 JA8987

70-200F2.8で流し撮りなのでタッチダウンポイント狙いだとちょっと遠いですが背景の工場が羽田らしいのでいいかな。

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA8944

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA8944

16時を過ぎると露出がどんどん厳しくなってきます。

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA8944

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA8944

秩父の山はきれいに見えるのですが富士山の方向は雲で覆われています。

7G/SFJ/スターフライヤー A320 JA25MC

7G/SFJ/スターフライヤー A320 JA25MC

スターフライヤーの国際線仕様となった最新鋭のA320がやって来ました。


<その1へ> <飛行機の館へ

2018/10/13 JL371 HND/KKJ

北九州空港と言うとスターフライヤーのイメージが強いですが、JALも就航しています。B737での運航ですが福岡空港発着便より比較的安い運賃が残っている事が多く、移動費用を考えて計算しても北九州便を利用した方が安いと言うことも多くあります。

10月に利用した際も購入時に北九州空港経由が羽田発では一番安かったで、羽田6:25発のJL371便を利用しました。
土曜日の朝で保安検査場が混雑してましたが、混雑を見越して早めに羽田空港に着いたので、搭乗開始前に12番ゲートに到着しました。
ゲート駐機しているはJA331Jで座席は後方の37Kなので優先搭乗続いて乗り込む事ができました。ほぼ満席なのでやはりB737で狭く感じてしまいますね。

定刻の6:27にプッシュバックが始まり離陸待ちの列に並び、RWY05から離陸したのが6:46でした。
東京湾上空で旋回中に雲の中に入り下界が見えなくなりましたが、山梨県あたりでは晴れ間も見え景色が楽しめるようになりました。
朝が早かったので、こういう時の定番「カツサンド」で朝食にします。
いつも万世にするかヨシカミにするかで迷うのですが、今日はヨシカミにしました。
ヨシカミのカツサンド
JALの国内線はWi-Fiが無料なので早速、接続してFR24で自分の航跡を見ながら外の景色を眺めますが、フライトレベルがいつもより低い?と気が付きよくよくFR24で情報を見るとなんとフライトレベル200、20000フィートじゃないですか!
プロペラ機や羽田名古屋線みたいに超短距離線なら200でもおかしくないですが、そこそこ距離のある九州便で200ってあまり無いよな~と思いながら普段より近くに見える下界を眺めます。
琵琶湖上空琵琶湖の西側、大津辺りを飛んでます。
朝早い便なので空域が混雑している言う程では無いし・・・天候なのか?でもFR24で後続する九州便を見ると300以上の高度を飛んでいますから謎だな~。

JA331Jは瀬戸内海沿いに飛び、広島市内が見えてきました。
広島上空この後、宮島を過ぎた頃から徐々にディセンドが始まり、山口宇部空港上空あたりファイナルアプローチとなり、北九州空港へ向かいます。

その様子をビデオで撮影してみました。
周防灘を渡り、北九州空港のRWY36に8:04にタッチダウン。
フライトタイムは78分ということになります。
ターミナルの3番ゲートにスポットインしたのが8:07なので定時到着(時刻表上は8:05)です。

後方座席だったので最後の方になりましたがその分、荷物受取り場ではすぐに荷物が出始めました。地方空港の場合、便数が無いだけに荷物が早く出てきます。

荷物をピックアップして出口を出たのが8:15でなんとか8:20発のバスに間に合いまあした。

飲酒で逮捕勾留

JL/JAL/日本航空 JL44 B777-300ER JA732J

羽田に着陸するJL44便 B777-300ER JA732J

ロンドン発羽田空港行きのJL44便に乗務予定だったコパイが自社の乗務前チェックをする抜け、乗務予定機材に向かうクルーバス内でアルコール臭をさせていたことからランプバス運転手から通報され、現地警察に検査の為拘束されました。

検査後は一旦、釈放されたものの検査の結果基準値の9倍のアルコールを検知し警察当局に勾留され起訴されています。

航空に限らず、交通従事者の乗務前飲酒による事件や事故は昔から多く、乗務前のアルコールチェックを行う企業が多いもの、こうやって自社チェックをすり抜けて、その後発覚するケースが後を絶ちません。

特に航空運航従事員は、運航にあたっての心理的プレッシャーが陸上運航従事員よりはるかに強く、そのプレッシャーに反応するかの様に酒豪も多いそうです。
成田市内のバーなどで乗務後のステイクルーが深夜まで飲酒している姿を見かけます。
ただ、日本人はアルコールを分解する身体能力が、欧米人より弱く時間が掛かると言われていますから、量をセーブしないとアルコールが抜けるまで時間がかかります。

勝手な憶測ですが、JL44便は現地19時発ですから昼までアルコールを摂取していたのではないかと勘ぐってしまいます。

今回、クルーバス内でバス運転士が気づいたと言うのでから、相当アルコール臭がしたのでしょう。
当然、他のクルーも気づいていた筈ですが、それを咎めないと言うことは、よくある光景ということなのでしょう。

そろそろ、「業界の常識、世間の非常識を」是正する必要があるのは無いでしょうか?