飲酒で逮捕勾留

JL/JAL/日本航空 JL44 B777-300ER JA732J

羽田に着陸するJL44便 B777-300ER JA732J

ロンドン発羽田空港行きのJL44便に乗務予定だったコパイが自社の乗務前チェックをする抜け、乗務予定機材に向かうクルーバス内でアルコール臭をさせていたことからランプバス運転手から通報され、現地警察に検査の為拘束されました。

検査後は一旦、釈放されたものの検査の結果基準値の9倍のアルコールを検知し警察当局に勾留され起訴されています。

航空に限らず、交通従事者の乗務前飲酒による事件や事故は昔から多く、乗務前のアルコールチェックを行う企業が多いもの、こうやって自社チェックをすり抜けて、その後発覚するケースが後を絶ちません。

特に航空運航従事員は、運航にあたっての心理的プレッシャーが陸上運航従事員よりはるかに強く、そのプレッシャーに反応するかの様に酒豪も多いそうです。
成田市内のバーなどで乗務後のステイクルーが深夜まで飲酒している姿を見かけます。
ただ、日本人はアルコールを分解する身体能力が、欧米人より弱く時間が掛かると言われていますから、量をセーブしないとアルコールが抜けるまで時間がかかります。

勝手な憶測ですが、JL44便は現地19時発ですから昼までアルコールを摂取していたのではないかと勘ぐってしまいます。

今回、クルーバス内でバス運転士が気づいたと言うのでから、相当アルコール臭がしたのでしょう。
当然、他のクルーも気づいていた筈ですが、それを咎めないと言うことは、よくある光景ということなのでしょう。

そろそろ、「業界の常識、世間の非常識を」是正する必要があるのは無いでしょうか?

懐かしシリーズ”JALの747-400”

JL/JAL/日本航空 B747-400 JA8076

JL/JAL/日本航空 B747-400 JA8076

早いものでもうJALからB747が引退して7年が経過しています。

昔、成田に通い始めた頃は、午後なるとやってくる飛行機はJALとNWとUAのB747ばかりと言う時代でした。
だからか意外と写真が残ってないものです。

まあ、当時はフィルムでしたから無駄なシャッターは切れませんでしたからね。

さて、このB747はロサンゼル空港で1997年に撮影したものです。DL78でLAXに着いてSR107に乗り継ぐ時にターミナルからシャトルバスに乗って、パブリック駐車場で撮影に行きました。

この時、エアバンドを聞きながら撮影したのですが、早口の英語に戸惑いながら聞いていると、「ジャパンエアー」と言うコールサインを聞いて、なぜかホッとした記憶があります(笑)

【RJTT/HND/羽田】2018/8/5お召し撮影レポート

天皇、皇后両陛下が北海道150周年式典に参列されて今日、帰京すると言うのでこれは「お召しフライト」がある!と言うことで羽田空港へ出撃してきました。

北海道警察のHPに掲載されていた交通規制情報によれば新千歳空港ICから空港ターミナル間が13:30~14:30まで規制されるとの情報なので、お召しは新千歳を14:30~15:00の間に出ると予想されます。
なら羽田は16:00頃だろうと考えて15時ちょい前に羽田空港の第3駐車場へ入庫して6階のV1スポット側に行くと・・・なんと51番スポット手前あたりに3階建てのプレハブが建っていて撮影できる範囲がかなり狭まっています。

お召しの場合、展望デッキが警備の都合で閉鎖される場合が多いのでココしか無いなぁと思っていたのですが・・・
それに撮影者どころか警備の警官も居ないし、到着はもっと遅いのか?

FR24で新千歳空港あたりをウォッチしているとJL4902と言う聞き慣れない便名でJA306Jが15時前に出発しています。でも、離陸後は関西方面のフライトが使うルートで日本海側を飛行していきます。

JA306Jは午前中に羽田から新千歳にフェリーされているからお召し機のだろうと読んでいたのですが違うのか?
その後、陛下が乗られたのはJA306Jなのが判明しましたが、当該機は新潟方面に向かっています。
おかしいなぁ~と思っていたら、ようやく私服警察官がやって来て「撮影ですか?」と声を掛けてきます。

新潟あたりからJA306Jは進路を東に向けて羽田の北方到着ルートに乗って来ました。時間調整で大回りルートになったのか?

JAL4902便 B737-800 JA306Jの飛行経路

JAL4902便 B737-800 JA306Jの飛行経路


V1スポット前でも報道陣が集まって来て到着が近づいてきました。報道陣は陛下がタラップから降りてくるシーンを撮影するのでしょうから位置的に駐機位置を想像します。

報道陣もスタンバイ完了


首都高にもパトーカーや白バイが現れて交通規制の用意しています。
JL4902はTWRにハンドオフされてRWY23へVOR/DME進入となり、着陸後タキシングしてくるのを待ちますが・・・

どうにもこうにもプレハブが邪魔だー

操縦席上に日の丸が掲げられてがお召し機であることを示しています。

7階からならプレハブを交わせたかな。でも7階での撮影は出来ないこともあるし、なんせ今日は暑いから日差しのある7階では倒れてしまいそうですからね。

マーシャラーが居る位置にタキシングしていきます。

なんとかクリアな写真が撮れるかと思ったのですが・・・

えーJALさん、そんな位置にタラップカーを置いているの!
あと5m位下げておいて呉れれば良かったのに

エンジンが切られてタラップがL1ドアとL2ドアに向かいます。
陛下が降りてくるエプロンには赤い絨毯が用意されました。

使わないタラップカーが予備ですかね。

機体脇には、CABと白バイに先導されたリムジンが用意されいます。
先にL2ドアが開いて宮内庁か随行員の方でしょうか?大急ぎで降りてきて用意された車に乗り込みます。

そしてゆっくりL1ドアが開いて、陛下が先にタラップに降り、続いて皇后様が続きます。

陛下と皇后がお降りになられます。

タラップを降りる際に、両陛下が機長窓の方に会釈をする様子が見られました。

タラップから降りると出迎えの方に会釈してお車に向かわれます。

トリミングしています。

産経新聞の「大山文兄のV1ウオッチ」記者さんも居るのかな?

両陛下がお車に乗られると、CABカーと白バイが先導して車列が出発します。

お車はセンチュリーでしたっけ? ナンバープレートが菊の紋章になっています。

そう言えば北海道ではお車に掲げられた「天皇旗」が外れそうになって車列が一時止まってしまったとか。
時代が時代なら大変なことになったことでしょうね。

そもそも天皇陛下より高い位置から見下ろしている事自体、不敬行為で捕まります(笑)

首都高は車列が通過するまで暫く通行止めになります。
ランプバスが機体脇に横付けされて残っていた随行員が乗って行き、機体周りが静かになりました。

大任を果たしたJA306J

この後は日の丸も片付けられて普段の姿に戻ります。

さて今日はこれで撤収しましょう。


 <飛行機の館へ

JAL国際線特典ルールを変更へ

JL/JAL/日本航空 JL12 B787-8 JA838J

国際線特典ルールを変更するJAL

JALは今年の12月から国際線特典航空券のルール変更することを発表しました。

今回の変更で一番大きい影響のあるのが、必要マイルを路線ごとの固定マイル制から空席連動型マイル制に移行することです。

既に米国系キャリアで採用されており、空席数やシーズナリティにより必要マイルを変更してイールドコントロールを行う様になります。

これにより今まで、特典用座席数を超えた場合、キャンセル待ちが出来ましたが、改定後はその時点で提供可能なマイル数となり、予約が取りやすくなる一方、必要になるマイル数が割高になります。あわせてファーストクラスを除きキャンセル待ちの制度が無くなります。

見方を変えれば、マイル数を多く払えば今まで以上に特典航空券の予約が取りやすくなるとも言えます。

しかし、今回のルール変更では、
・航空券は往路と復路それぞれ国際1区間、国内1区間まで
・海外発日本経由の第三国行特典の廃止
・予約変更は不可(変更の際は一度払戻しの上、変更を行う必要がある)
・航空券の有効期間は予約便に限り有効
と改悪と思われる変更もかなり含まれています。

最近、特典航空券の改定が目立ちます。
LCCの攻勢やらでどこもマイレージサービスのコスト回収を意識してきている感じです。
12月までに特典航空券を発券しておいたほうが良いかな。

2018/4/30 JL378 KKJ/HND

今回、山口からの帰路は北九州空港(KKJ)からJL便となりました。出来れば宇部山口からのフライトが取れれば良かったのですが、空いていたのがKKJからの便だったので、新山口から新幹線で小倉へ移動し、日豊本線で朽網駅で下車します。

朽網駅からバスでKKJへ向かいますが、乗車したのは自分だけでした。まあKKJへは小倉駅からのリムジンバスって言うのが普通ですからね。

自動チェックイン機でチェックインする際にクラスJの空席待ち登録をしておきます。呼出番号はB3なのでまあ難しいかな。

JL378は使用機材の羽田出発が遅れた関係で定刻20:55発が21:00発に変更となっています。
まあターミナル内でゆっくり夕食を済まして、保安検査を済まして制限エリアに向かいます。

ラウンジでゆっくりしても良かったのですが、ラウンジ内が混雑しているので適当にドリンクを頂いてゲート前で待つことに。
Jクラスキャンセル待ちの呼出があり、B3の自分も呼ばれます。どうやらプライオリティが高いAグループが居なかったからか3番目でも呼ばれました。

でも窓側の2Aが空いているが、リクライニングが壊れているが良いか?と聞かれ、窓側なので了承してJクラス料金の1000円を支払います。(あとから考えればリクライニングしなければ止めても良かったカモ)

今日の機材はJA302Jです。HND出発時に機体を確認した際に302ならもしかして国際線機材なんじゃない?と言うことでJクラスにしたのですが、搭乗してガッカリ。国内線仕様でした。

搭乗が完了しドアクローズしたのは21:05でプッシュバックが21:07と12分遅れでゲートを離れます。JAL378の後にはSFJ92が続いてRWYに向かいます。

RWY36から離陸したのは21:17です。
離陸後はWi-Fi接続してFR24で自分の場所を確認すると四国上空を瀬戸内海を見ながら東に向かいます。
機内サービスが始まりスカイタイムを貰い夜景を眺めていると神戸から大阪の街並みが良く見えました。

羽田のアプローチをコースを見るとかなりのフライトが鴨川沖から千葉県上空に飛んでいます。西からの到着機も続いており、JL378も伊豆半島手前の上空でディセンドが始まり到着機の流れにJL378も乗ります。
JL378に続いてSFJ92も続いており、JL378がFLT270でSFJがFLT310でしたので抜かれるかなと思いましたが順序通りの様です。

鴨川上空からLDA RWY22アプローチコースに乗り千葉市内で旋回して東京湾を中央防波堤に向かいます。

そのままビジュアルでRWY22には22:36にランディング。スポットは3番との事でちょっとタキシングが長くなりスポットインは22:45で定刻から20分遅れとなりました。

【RJCC/CTS/新千歳】2018/3/23撮影レポート(2)

新千歳空港の撮影地で一番最初に思い浮かぶのがココモーターランドですが、冬場のRWY01使用時は午前中が勝負となります。時にRWY01Rの到着機のタッチダウンを狙えるのは午前中の早い時間だけです。

NH/ANA/全日空  B777-200 JA704A

NH/ANA/全日空 B777-200 JA704A

なので11時を過ぎると逆光気味になってしまいます。

GK/JJP/ジェットスタージャパン  A320 JA17JJ

GK/JJP/ジェットスタージャパン A320 JA17JJ

太陽が顔を出してバックの山を引き立ててくれました。

LJ/JNA/ジンエアー  B737-800 HL7561

LJ/JNA/ジンエアー B737-800 HL7561

韓国からの観光客が大挙してきているのでしょうか?韓国線の便数がかなり増えています。

NH/ANA/全日空  DASH8 JA846A

NH/ANA/全日空 DASH8 JA846A

北海道内のローカル線に就航しているダッシュ8が降りてきました。千歳で見るとなんか新鮮に見えます。

JW/VNL/バニラエア  A320 JA01VA

JW/VNL/バニラエア A320 JA01VA

ピーチと経営統合が決まったバニラの1号機が成田から到着です。

JL/JAL/日本航空  B777-200 JA771J

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J

ワンワールドカラーのトリプルがタッチダウンする瞬間を狙ってみました。

MU/CES/中国東方航空  A321 B-8650

MU/CES/中国東方航空 A321 B-8650


この時間になると中国や韓国を朝に出発した便が続々と到着してきます。

JW/VNL/バニラエア  A320 JA06VA

JW/VNL/バニラエア A320 JA06VA

気温が高いののでどうしても滑走路上は陽炎が強くでてしまうので離陸後を狙うのですが、そうなるとちょっと遠くなってしまいます。

CA/CCA/中国国際航空  B737-800 B-5326

CA/CCA/中国国際航空 B737-800 B-5326

CAが到着しました。訪日客で国際線ターミナルも大盛況です。

KE/KAL/大韓航空  B747-400 HL7461

KE/KAL/大韓航空 B747-400 HL7461

KEはジャンボでやって来ました。それだけ高需要路線と言うことなのでしょうね。
さすがにジャンボはデカいので100-400ではフレームからはみ出るので24-70に切り替えて撮影しました。

KEが到着したのが12:30過ぎと言うことでそろそろお昼にしようと言うことで苫小牧に向かうことにします。


<その3へ> <飛行機の館へ

世界一周記念日

今日3月6日は「世界一周記念日」なんだそうです。JALが1967年3月6日にJAL1便が世界一周路線として運航した日になります。

JAL1便はDC8で羽田から香港、バンコク、ニューデリー、テヘラン、カイロ、ローマ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ホノルルと経由で羽田に戻るルートでした。

当時はパンナムが世界一周路線を持っており、ナショナルフラッグキャリアとしてどうしても世界一周路線が欲しかったJALとしては念願の路線でした。

とは言え開設当時ままだ海外旅行が一般的では無かった時代ですから集客にはかなり苦労した様です。特に大西洋区間は空気輸送に近い日もあったとか。

メンツを掛けて路線維持をしていましたが、1972年に大西洋区間が運休となり撤退しましたが、栄光?のフライトナンバーJAL1便は2000年代始めまで世界一周便の流れをくむサンフランシスコ/成田/香港便で使われていましたね。

世界一周便は2000年代に入りUAが世界一周便を就航させた時期がありましたが、その後アライアンスによる共同運行が始まり、自社で世界をカバーする必要も無くなり、今では皆無になりました。

【RJTT/HND/羽田 】2018/1/7撮影レポート(2)

EF100-400Lを購入したことでこれでレンズ購入計画は一応達成。次はフルサイズの本体が欲しいところですが、なかなか手が出せないです。

NH/ANA/全日空 NH26 A321 JA114A

NH/ANA/全日空 NH26 A321 JA114A

今度はNeoじゃないA321が伊丹から到着です。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G46 A320 JA05MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G46 A320 JA05MC

黒いスターフライヤーはシックで好きです。

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A894

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A894

VNのA350はA894でした。なんか同じ機体ばかり撮っている気が・・・

NH/ANA/全日空 NH90 B787-8 JA816A

NH/ANA/全日空 NH90 B787-8 JA816A

787タイトル機とスタアラカラー機のコラボです。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMD

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMD

SQのA350も以前撮影したSMDでした。

NH/ANA/全日空 NH996 B777-200 JA702A

NH/ANA/全日空 NH996 B777-200 JA702A

B777-200も古株になってきました。
流石にこの時期に15時を過ぎるとかなり日が傾いてきます。
NH/ANA/全日空 NH666 B777-200ER JA716A

NH/ANA/全日空 NH666 B777-200ER JA716A

ちょっと場所を移動してターミナルバックで撮影します。

JL/JAL/日本航空  B777-200 JA8978

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA8978

等倍画像で見るとターミナルデッキに結構人が居るのが判ります。

NH/ANA/全日空  B777-300ER JA736A

NH/ANA/全日空 B777-300ER JA736A

05から離陸したスターフライヤーとコラボしました。

NH/ANA/全日空  B777-300ER JA736A

NH/ANA/全日空 B777-300ER JA736A

最後に東京タワーバックで。でも港南地区のタワーマンションが邪魔ですね。

レンズの試し撮りもできし、寒くなってきたので撤収しますかね。
浮島ターミナルから川崎行のバスに乗って帰路につきました。

鉄道コム

【RJTT/HND/羽田 】2018/1/7撮影レポート(1)

正月明けの三連休、以前から欲しかったEF100-400mm f/4.5-5.6L IS II USMをついに購入しました。早速、撮影をと言うことで日曜日に浮島公園へ出掛けて来ました。

この日はJTAのジンベイが来るので勇んで向かったのですが、川崎市内の渋滞でバスが大幅遅延して間に合わないと言う残念な状況になりましたが、レンズの初撮りにはもってこいの天候でした。

JL/JAL/日本航空  B777-200 JA007D

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA007D

結構遭遇率が高い007Dです。
さすが400mmのLだけあって、70-200に2倍エクステより全然写りが良いです。

NH/ANA/全日空 NH462 B777-300 JA751A

NH/ANA/全日空 NH462 B777-300 JA751A

Dランから出発したSTARWARS塗装のB767とのコラボが出来ました。

NH/ANA/全日空 NH796 B767-300ER JA614A

NH/ANA/全日空 NH796 B767-300ER JA614A

エンジンの近くを鳥が通過していき、あわやバードストライク?かと思ってしまいました。

JL/JAL/日本航空 JL792 B787-8 JA828J

JL/JAL/日本航空 JL792 B787-8 JA828J

JALのドリームライナーと上海航空のA330が上手くコラボ出来ました。
Dランから出発機とAランの降りが上手くコラボ出来るか?と思いながら撮影するのが浮島公園の楽しみでもあります。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX548 B777-300ER B-KQM

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX548 B777-300ER B-KQM

CXの777-300ERがやって来ました。羽田線は長距離向けのERが間合い運用でやって来ますが成田は、近距離用の777シリーズで運航するパターンですね。

NH/ANA/全日空 NH656 A321Neo JA132A

NH/ANA/全日空 NH656 A321Neo JA132A

ANAのA321Neoがやって来ました。NeoじゃないA321も居るので見た目ではどっちだかよく判りませんね。

6J/SNJ/ソラシドエア 6J76 B737-800 JA808X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J76 B737-800 JA808X

時期的に正面より後追いの方が光線状態は良いです。冬場は浮島がベストポイントなんですが、寒いのが難点です。この日も風が冷たくて寒かったです。

JL/JAL/日本航空 JL236 B737-800 JA336J

JL/JAL/日本航空 JL236 B737-800 JA336J

さすがに400mmまであるとB737クラスでもトリミングしなくても充分大きく撮影することが出来ます。

NH/ANA/全日空 NH252 B787-8 JA810A

NH/ANA/全日空 NH252 B787-8 JA810A

34Rからの離陸機とコラボ出来ました。こういう構図も撮れるんですね。今回初めて知りました。

NH/ANA/全日空 NH864 B787-8 JA801A

NH/ANA/全日空 NH864 B787-8 JA801A

B787の一番機、801Aが特別塗装から通常塗装になってしまったのはちょっと残念ですね。せめて787タイトル位は残して欲しかったですね


<その2へ> <飛行機の館へ

懐かしシリーズ”B747リゾッチャ”

シドニー空港を出発するリゾッチャ塗装のJA8141


JALがハワイ、オーストラリア、グアム、サイパンなどのリゾート路線を”Super Resort Express”としてB747やDC10の塗装や内装をリゾート風にして、旅の気分を高めようと言う戦略を進めていました。

まあ裏を返せばリゾート路線はエコノミークラスが多いコンフィグ機材を充てており、そういうコンフィグになる機材は比較的古い機体が多かったので、厚化粧と揶揄されることもありましたね。

リゾッチャはTVCMなどでも大々的に宣伝したのでツアー客には結構浸透していました。
ただ、ビジネス需要もそこそこあったシドニー線では、リゾッチャ仕様の747はビジネス客から不評だったとか。

リゾート路線はツアー客主体になるので儲からないと言われており、JALのリゾート路線も縮小傾向でしたが、最近は少しづつ手を入れて始めていますから、またリゾッチャみたいな専用機材が出来るかも知れませんね。

【HND/RJTT/羽田】2017/11/26撮影レポート

今日はタチウオ釣りに出船するつもりでしたが南西の強風予報だったので釣りにならないと延期にしました。やっぱり釣りに行くときはいい条件の時に行きたいですからね。

さて、ゴロゴロ出来ない性格なのでどうしようかと考えていると、あ南西の風ならLDAアプローチじゃないと言うことでA350の到着にあわせて中防大橋へ行ってみました。
これからの時期はなかなかLDAアプローチになる事は少なくなりますからね。

NH/ANA/全日空 NH864 B787-9 JA882A

NH/ANA/全日空 NH864 B787-9 JA882A

機首に「ANA’s 50th B787」のロゴがあります。これでANAはローチンカスタマーとして発注したB787はすべてデリバリーされたことになります。その後もB787-10なども追加発注しているので、今後も導入が続きます。

NH/ANA/全日空 NH678 A321Neo JA111A

NH/ANA/全日空 NH678 A321Neo JA111A

A321Neoも随分増えてきました。JALは幹線以外の国内線をB737-800メインフリートにしているのとは対照的にANAは機材導入を積極的に行っています。

NH/ANA/全日空  B787-8 JA804A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA804A

国内線用のスターウォーズBB-8塗装です。

続いてメインデッシュのA350です。

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A894

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A894

外航機にしては結構外回りでアプローチしてきました。

撮影しているとまいあさんからメールで1094レはフレームライナーですよと知らせが。
でもこれから新小岩に向かっても間に合わないなぁ・・・残念。

NH/ANA/全日空 NH464 B777-300 JA756A

NH/ANA/全日空 NH464 B777-300 JA756A

外回りだとお腹が強調されてしまうのがココの難点ではあります。まあそれはそれでLDAらしく味があります。

6J/SNJ/ソラシドエア 6J90 B737-800 JA811X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J90 B737-800 JA811X

なんか「おしりかじり虫」(ってもう古い?)みたいなマスコットが書かれてますね。

JL/JAL/日本航空 JL314 B777-200 JA773J

JL/JAL/日本航空 JL314 B777-200 JA773J

この時期は太陽が南よりになるので、カーブを描く際にサイドが弱くなりますが、後追いはいい感じで光が当たります。
ですがこの後、太陽が雲で隠れてしまいます。
なんか運が悪よなぁ~

そんな中、アプローチからタワーにRockstar88と言うコールサインのB737-700がハンドオフされてきました。

Biz//Biz-Jet  B737-700BBJ N930HB

Biz-Jet B737-700BBJ N930HB

どこぞのロックスターの公演チャーター?と思いましたが羽田ではおなじみの機体で中国の南山公務が所有するBBJだそうです。

SQもLDA22アプローチでハンドオフされましたが・・・

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SME

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SME

かなり内回りでアプローチしてきました。この時レンズを70-200に変えていたので、ちょっと遠くなりました。

さてA350も撮ったしそろそろ撤収しようかな思っていたらFRAから帰ってきたNH224が22にハンドオフされました。北方到着なので23をアサインされる筈ですが、22をリクエストした様です。

NH/ANA/全日空 NH224 B787-9 JA789A

NH/ANA/全日空 NH224 B787-9 JA789A

今日は2機のスターウォーズ塗装が撮れました。でもこの塗装はいつまでなのでしょうね。


飛行機の館へ

【ITM/RJOO/伊丹】2017/11/11撮影レポートその1

日本の空港で一番撮影に適した空港は伊丹空港では無いでしょうか。
トラフィックも多く、撮影ポイントも点在していろんな角度から撮影が出来るのは伊丹ならではです。

なので年一回は伊丹詣でしないとと言うことで、今年も行って来ました。ただその前の撮り鉄行程の都合もあって午後の僅かな時間でしたが、それでも結構楽しめました。

今回は着陸機をメインにするので原田スカイランドの駐車場から撮影しました。

NH/ANA/全日空 NH746 B737-500 JA359K

NH/ANA/全日空 NH746 B737-500 JA359K

羽田ではB737-800ばかりでなかなかスーパードルフィンには会えませんが、伊丹では結構やって来ます。

JL/JAL/日本航空 JL120 B767-300ER JA603J

JL/JAL/日本航空 JL120 B767-300ER JA603J

伊丹・羽田線はB777とB767が主力機です。B747やDC10全盛時代に来たかったなぁ

NH/ANA/全日空 NH1642 DHC8-400 JA847A

NH/ANA/全日空 NH1642 DHC8-400 JA847A

四国などの近距離線路線に使われるダッシュ8も伊丹ならではです。

JL/JAL/日本航空 JL2087 B777-300ER JA751J

JL/JAL/日本航空 JL2087 B777-300ER JA751J

B777-300になると大型機の貫禄があります。

JL/JAL/日本航空 JL2164 ERJ-170 JA211J

JL/JAL/日本航空 JL2164 ERJ170 JA211J

羽田ではかなり小さくなってしまうERJ170も伊丹なら大きく写ります。

JL/JAL/日本航空 JL2206 ERJ190 JA248J

JL/JAL/日本航空 JL2206 ERJ190 JA248J

なんかカラフルな機体が来たぞと思ったら、USJとのタイアップ機体でした。

NH/ANA/全日空 NH508 B737-500 JA300K

NH/ANA/全日空 NH508 B737-500 JA300K

この日は向かい風が強く着陸地点が少しターミナル寄りになりました。
日が傾いてくると寒くなってきました。

この時期は日が短いのと気温が下がるのが早いのです。

JL/JAL/日本航空  ERJ190 JA250J

JL/JAL/日本航空 ERJ190 JA250J

ERJ190もかなり増えていますね。羽田にいると気が付きませんでした。

NH/ANA/全日空 NH1608 DHC8-400 JA856A

NH/ANA/全日空 NH1608 DHC8-400 JA856A

緑のダッシュ8がやって来ました。
16時を過ぎるとどんどん露出が失われます。
SSを落としつつ流し撮りで撮影します。
NH/ANA/全日空 NH31 B767-300 JA8677

NH/ANA/全日空 NH31 B767-300 JA8677

うー寒い。
ココで撮影し続けても良いのですが、伊丹に来たら夕方の千里川土手は外せないので移動します。

(つづく)


<その2へ> <飛行機の館へ

2017/11/10 JL138 ITM/HND

大阪からの東京へは新幹線か飛行機かと問われれば、飛行機でしょうね。

東海道新幹線は最高時速が270km/hになってから乗り心地は悪くなりましたし、特に荷物が多いと意外と乗換が面倒なんですよ。

今回もITMからJALの最終138便で帰京と言うことで、JR伊丹駅から空港行伊丹市営バスを使って19時過ぎに伊丹空港に到着しました。
まずは三脚だのが入ったバックを預けてから、南ターミナルにある蓬莱551へ移動して蓬莱定食で夕食にします。もう自分的にはこのパターンが定番です。

JL138便はITM20:25発でHNDに21:30到着のダイヤです。
ITMは21時を過ぎて離発着は色々問題になるので、21時が門限とされています。

20時に手荷物検査場を通過して18番ゲートに向かうと使用機材は到着しており、20:10から優先搭乗が始まるとのアナウンスがあります。

この日のシップはJA007Dで元JASから移籍したB777-200です。

この日のシップはJA007Dで元JASから移籍したB777-200です。


前回搭乗した時は、使用機材の到着が遅れた為に折り返し清掃を簡略&降機が終わったら直ぐに搭乗改札を始めてボーディングブリッジまで列を進ませてなんとか遅れ回復を図り無事に出発と言うことがありましたが、今回は大丈夫そうですが、今日の138便は満席だとか。搭乗に手間取りそうだな・・・

さて優先搭乗開始のアナウンスがありますが、ステータス持ちが多いからあまり意味がありませんね。
一般搭乗では後方座席からの案内となり自分の座席は52Aと後方だったので、早めの搭乗になりました。

土曜日の上り最終にしては満席とはかなり良い搭乗率です。
定刻出発をするために客室乗務員も忙しそうにキャビンの中を動き回り、定刻より少し遅れて20:28にドアクローズとなり20:31にプッシュバックとなりました。

プッシュバックしたものの、到着機が多いからかタキシングの許可がなかなか出なくて少しホールドした後に32Lに向かって移動開始。
滑走路終端まで行かずにA2で到着機を待ったのち、32Lに進入して20:47に離陸して、門限まで残り13分でセーフでした。

後はいつものコースで羽田に向かいます。
JALは機内でWiFi接続が出来るので、FR24で自分のフライト航跡を見ながらどの辺を飛んでいるのを確認出来るのは楽しいですネ。

あっという間に三河湾に出て、ようやくドリンクサービスのスカイタイムを貰ったら遠州灘の沖合を通過してまもなくディセンドが始まるとのアナウンスです。

伊豆、下田の上空を通過してHNDのアプローチコースに入ったあたりからLiveATCで東京アプローチの交信を聞きいてみるとJapanAir138のコールサインが聞こえてきました。

FR24とLiveATCをWiFi接続で使えるのはホントJALサマサマです(笑)
でも衛星経由のWiFiなのでタイムラグがありますけどね。
ヘディングが変わった後にLiveATCからヘディング指示が聞こえてきましたから

南房から木更津を抜けるコースかと思ってましたが、少し内房よりのコースを通りRWY34Lには21:42にランディングしました。
LiveATCでタワーにハンドオフした際にスポットナンバーを聞いていたので、機内アナウンスより早く到着ゲートを知ることが出来ました。(だから何?って言うレベルですけど)

21:45に15番スポットに到着となりました。
受託荷物があるからゆっくり降機してターンテーブルで荷物ピックして、制限エリアから22:00に離脱することが出来きました。

丁度22:15発のバスがあったので、自宅には23時前に到着です。

ちなみに新幹線で帰るより20分早く到着できました。やっぱり飛行機にして良かった(笑)

FlightData
 Date:2017/11/10
 Flight nbr/JL138
 A/C type/B777-200
 Reg nbr/JA007D
 Dep Gate/18
 Takeoff time/20:47JST
 Takeoff RWY/32L
 Arrival RWY/34L
 Arrival time/21:42JST
 Arr Gate/15

ロンドン線増便。Yクラスでもラウンジ利用可

JL/JAL/日本航空 B787-8 JA828J

JALのB787-8

ウィンタースケジュール開始日となった10月29日、台風22号が接近する中、JALは羽田・ロンドン線(LHR)を増便しました。
B787-8型機の運航で羽田を深夜2:45に出発し、LHRには早朝6:25に到着するダイヤで、欧州便としては珍しい深夜便となります。

LHRには早朝到着するので、ヨーロッパ各地への乗り継ぎには便利ですが、これからの時期は朝6時だとまだ暗く寒い中に到着となるので、どこまで需要を取り込めるかですね。

出発が深夜遅く2:45と言う時間帯と言うことで出発後の機内食サービスは離陸から約7時間後にサービスすることになり、その代わり、出発前にサクララウンジ5階をエコノミークラスの利用者にも開放しJAL特製ビーフカレー、スープ、パンなど軽食とビール、ワイン、日本酒のアルコールサービスを行うことになっています。

まあこれも一種の需要取り込み策なのでしょうが、なかなかおもしろい試みだと思います。特に深夜便を利用するときは搭乗したら直ぐに寝たいと思いますからね。

さらに2018年3月24日まではLHR深夜便利用者には「天然温泉 平和島」を無料で利用出来るキャンペーンも行ってます。事前予約が必要ですが、平和島から羽田空港まで送迎バスまで含まれてますから便利です。

さてこの深夜便が定着するか?
個人的には欧州線の夜行便は欧州内で乗り継いでさらに遠くに行きたい時には便利なんで好きですけど。

ちなみにLHR発は9:30発で羽田には翌6:25着となります。

JAL 日本航空

【HND/RJTT/羽田】2017/10/9撮影レポートその4

SQのA350を撮影した後、撤収しようと思ってましたが後追い撮影すると夕日が機体に反射して綺麗だったのでもう少し残業して撮影することにします。

なので今日はコメントは省いて写真観賞をどうぞ(いやー手抜きでは無いですよ~)

JL/JAL/日本航空 JL4602 B737-800 JA313J

JL/JAL/日本航空 JL4602 B737-800 JA313J

7G/SFJ/スターフライヤー 7G64 A320 JA23MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G64 A320 JA23MC

NH/ANA/全日空 NH626 B767-300 JA8669

NH/ANA/全日空 NH626 B767-300 JA8669

BC/SKY/スカイマーク BC110 B737-800 JA737Q

BC/SKY/スカイマーク BC110 B737-800 JA737Q

JL/JAL/日本航空 JL124 B767-300ER JA614J

JL/JAL/日本航空 JL124 B767-300ER JA614J

7G/SFJ/スターフライヤー 7G14 A320 JA22MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G14 A320 JA22MC

JL/JAL/日本航空  B777-300ER JA751J

JL/JAL/日本航空 B777-300ER JA751J

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA656J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA656J

NH/ANA/全日空 NH568 A321Neo JA111A

NH/ANA/全日空 NH568 A321Neo JA111A

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA339J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA339J

さて太陽も日没の時刻近くになり、日が当らなくなってきました。
露出も厳しくなってきたのででそろそろ撤収しましょう。今日は久しぶりにいい写真が撮れた感じがします。


飛行機の館へ戻る