【マダイ五目】富浦港ゆたか丸

会社仲間で仕立て船でこのところ好調が伝えられている内房のマダイ釣りに出掛けてきました。
まだ薄暗い5時に港に到着して準備をしますが、初心者ばかりで貸竿の準備に手間取り5時40分頃に出船となりました。

ポイントは富浦と洲崎の中間くらいの水深75mあたりで、タナは底からハリス分上げたところと言うので、着底後ハリス分をコマセを巻きながら上げて、さあこい!と竿先が突き刺さるのを待ちますが、そうは簡単にいきません。

コマセが効きはじめると、サバがどこからともなくやってきて竿先をガクガクとやってくれます。電動で巻き上げますが、貸竿組みは手巻きなのでちょっと辛そうです。

仲乗りさんが今日は小潮で上げ潮だから期待できるんだけどなぁ~と言うので気合いを入れてコマセを振るのですが、来るのはサバ、サバ、サバ。

1時間程経過して、コマセを振ってロッドキーパーに掛けて後ろに置いてあるクーラーに〆たサバを仕舞おうとしたら、船長が「入ったよ!」
振り返ると竿がしなっていますが、タイの三段引きがありません。
タイじゃなさそうだよとタモを構えてくれた仲乗りさんと話ながら上げてみると、良型のカイワリでした。
南房ではタイ釣りでよく交じる嬉しい外道でした。

これが時合いになってタイが釣れると良いのですが、ソーダカツオが回ってきただけでタイは姿を現しません。

内房のマダイ船が集まっている富浦沖の50mダチに9時過ぎに移動しましたが、回りでもサバが上がる姿は見られるのですが、タモ入れするような船はありません。

右舷トモで、手のひら大のハナダイが上がりましたが、サバとソーダのオンパレードです。
根の真上に来たのか、小さなメバルを連発で釣りましたが、もう少し大きければねぇ・・・

10時半過ぎに再び朝のポイントに戻ってみましたが、マダイからのシグナルは無くこの後BBQの予定もあったので、早めの11時半前に沖上がりとしました。

この後、港で後発隊と合流して海岸でBBQとなりました。ちょっと脂が乗って無かったのですが釣ったソーダを捌いて提供したところ好評でした。

それにしても、今年は良い釣りをしてないなぁ~

【船宿】ゆたか丸
【料金】10500円(全て込々の6人で人数割り金額)
【仕掛け】 ハリス3号6m
【錘】ビジ60号

コメントを残す