7/29 三喜丸でLT&BBQ仕立

070729_saba.jpg金沢八景小柴港の三喜丸さんはこの時期、船上でBBQが出来る仕立船があり、毎年会社仲間で恒例のBBQ仕立船をやってます。
今年は潮回りから考えて7/29に行うこととして、早めに予約しての釣行です。前日に人数分の肉や野菜&お酒なんかを買い込んでおきます。
天気が危ぶまれましたが、なんとが夕方までは持ちそうな感じです。
集合時間の7時に船宿に着くと、自分以外は全員到着していて、みんなやる気満々。
出船前に船長の釣り方レクチャーがあって7時半過ぎに出船。まずはトロ鯖狙いです。松輪サバとも言われる東京湾のサバは脂が乗ってとても美味しいことで有名です。浜値で1kg1000円はするブランド魚でもあります。
まずは、漁船も集まっている第二海保近くのポイントで始めますが、今日は大潮とあって、潮がかっとび状態で、糸がどんどん出されてしまいます。なんせオモリ35号のライトタックルなんで・・・
漁船ではサバが上がっていますが、我々はダメで30分程粘ったすえに、移動。
南下して観音崎沖のポイントに向かいます。
こちらは数隻の釣り船がサバを上げてますので、我々もまずはサバを釣ろうと張り切ります。
こっちの潮はさっきほどでも無いので釣りやすいです。
底立ちを取って5mほど棚を切り、コマセを巻いてやるとガクガクとサバのアタリ。
自分はサバ狙いなのでハリス6号の1本針仕掛けにしていたので、ガンガン巻き上げます。
あちこちで、キターと歓声やら悲鳴が上げって、40cm級のサバが釣れだします。
今回初めて釣りする人もいて、サバの引きにビックリしながら巻いてます。
自分は釣れたサバは直ぐに、エラを切って血抜きしちゃいます。
もはや入食い状態で、下ろせば喰う状況ですが、結構バレもあったりします。でもこんだけアタリがあれば悔しくはありません。
釣れればエラ切ってバケツに放り込んで、血が抜けたサバは直ぐに腸を出して、クーラーに放り込みます。
サバの本数も増えてきて7,8本を越えると流石にもうサバはいいよね、アジが欲しいよねと贅沢になってきます。
サバの型もいいので、小型のクーラーだともう一杯になっちゃうよぉって言う人も居ます(笑)
船長が底から1m位でコマセまかずにじーっとしていればアジも喰うよと言うので、やってみると確かに1匹アジが釣れました。
でもちょっとでもコマセまくとサバが寄ってきちゃいます。
11時半まで観音崎沖でやってクーラーにはサバが10本と大漁です。
一旦、八景島に戻り、湾内の海水浴場沖でアンカーを入れてBBQタイムです。
bqset1.jpg今年、三喜丸さんはBBQ台を新調というかアメリカ製のカッコいい奴になっています。
肉に野菜なんぞを焼いて、まずはビールで乾杯です。
いやー、船上の焼肉は格別ですねぇー
でも、ちょっと暑い・・・
用意してきた3kgの肉と焼きそばもみーんな食べてしまいました。
じゃあ、午後も頑張りましょうと言うことで午後はアジ狙いでまずは港前のポイントでやってみますが、やはり潮が早いので底立ちが取れません。
何回か流したのですが、型が出ないのでポイント移動します。
今度は中の瀬の航路標識近くのポイントでやってみますが、こちらも潮が早く、ポイントからずれたり底立ちが取れずで大苦戦。
そんなことしていると、無線で「こっちは大雨がふってきましたぁこれで上がります」と沖の僚船は上がっているようです。
船長も沖で降ってきたので、ちょっと早いけどこの流しで上がりますと14時半、定刻より30分ほど早いですが沖上がりとなりました。
港に戻り、片付けをしていると雨が降ってきたので、こりゃイカンと言うことで早々と解散となりました。
家でサバを裁くと、脂ノリノリです。
〆サバに潮汁、ミソ煮、ミリン干しなどなど当分、サバ尽くしになりそうです

コメントを残す