【イナダ・ワラサ】(8/3)金沢八景・三喜丸

毎年恒例になっている、会社仲間での釣り&BBQ。今年は平日に開催することになり、色々と調整しても釣行です。
釣り物は、アジ&サバが多いのですが、今年は、太刀魚が出ていると言うので太刀魚にしよう!と言っていたら、様子が悪くなり、変わりにイナダ・ワラサが釣れ始めました。

それも絶好調なので、これなら初心者でも1本位は取れるかも?と言うことで、宿に7時に集合にしました。
出船前に船長から釣り方のレクチャーを受けた後、7時20分に出船して久里浜沖に向かいます。

横須賀基地から出港した空母を見ながら、航程30分で久里浜沖の航路脇に形成されている船団に入っていきます。船によっては魚を取り込んでいる様子が見られ、メンバーも気合が入ります。

三喜丸の乗合船脇に入って「タナは20m。25mまで沈めてからコマセ撒いてやってみて」の合図で投入です。
自分は左舷ミヨシに入ったのですが、完璧な潮上でした。
コマセを撒いて寄せようとコマセを振ると「反応出てるよー、コマセ撒いて」と船長。すると初参加のメンバーが「コマセ撒くんですか?」とコマセの入ったオケからコマセを投げ入れようとしてます。
うーん。誰もがやるこおリアクション。こんなメンバーが釣れるのかと思うのですが・・・

コマセが効きはじめると、ドッカーン!と来るわけです。「巻けない~」と言うが聞こえ「腹で支えて竿を上げて!」と船長の激が飛ぶ。
2箇所位で食ったようで、竿がしなります。
タモに入った魚を見て初めて釣り上げたメンバーは放心状態になってました。

すると、となりの初挑戦メンバーにも喰って竿が絞りこまれます。本人は何が起きたのか判らない状況で巻き、オマツリしながらネットイン。
自分の仕掛とオマツリしていたので、ホルダーに掛けて解いていたら、どうも道糸にテンションが掛かっています。こっちも喰ったか?とオマツリを解くと、自分の仕掛は反対側とマツっていて反対側で取り込まれていました。(笑)
上がっのは3kg弱のワラサ級でした。

船長も「反応びっしりだよ。コマセ撒いて」とかなり群れは相当濃いみたいです。
潮も早くトモ有利な状況で、トモよりは既に2本掛けたメンバーも居たり、フィバー中ですが、ミヨシ側まで回ってこない。
メンバーの2/3は、1時間でワラサ級をGETしました。いやー最悪1日やってもこれくらいの釣果かもと思っていたのが1時間でクリアです。

そこで仕掛けを6号6mから5号8mにチェンジして長いハリスにしてみました。
付けエサも2匹抱き合わせにして投入すると、HIT!
いい引きをして上がって来たのは2kg強のイナダクラスでした。これくらいなら5号でも大丈夫そうです。

最後まで女性メンバーが蚊帳の外状態でしたが船長の指導もあって、2時間半後には初HIT!
引きに翻弄されそうにながらも頑張ってネットイン。2kg強のイナダクラスでしたが、本人は超嬉しがってましたね。
これにて全員、イナダかワラサをGETしました。いやー貸竿初心者がワラサをこうやって釣り上げると言うのはナカナカ出来ないですからねぇー

朝方が大型が多かったですが、若干型が小さくなって3kgに届かないイナダクラスが多くなりましたが、5号のハリス切った奴もいて大型も回ってはいるようです。

群れが回って来ると誰かしらの竿が曲がっていてこんな状況が昼過ぎまで続き、全員3本以上GETしています。
家に電話して夕飯のおかずゲット&配り先確保をしているメンバーもいて大賑わいです。

小さめのクーラーを持って来ているメンバーが多く、クーラー一杯で魚が入りきれない状況にもなって来たので、12時半過ぎに沖上がりして、BBQすることに。

八景島の湾内に戻って、アンカーを打ってBBQです。
今年はみんな笑顔で昼食となりました。
釣った魚を刺身にして食べましたが、脂の乗りはあんまりありませんが、夏場はかえってさっぱりして良かったカモ。
脂ギトギトだと夏場はちょっと敬遠しちゃいそうですし。

1時間半ほどBBQを楽しみ、大満足で帰港しました。
いつもは、船から降りる時、荷物を軽々持ち運んでましたが、今日はクーラーが重くて二人がかりで持ち運んだりと今日は凄かったねぇーと言いながら下船です。
精算を済まして16時に解散となりました。この晩は、この釣果を家族に自慢したことでしょう。

ちなみに自分の釣果ですが、ワラサ級(3kgオーバー)が2、イナダクラス(2kg級)が4の計6本で、これが持参クーラー(24L)の限界でした。

【船宿】金沢八景 三喜丸
【仕掛】ビジ80号 ハリス6号6m ヒラマサ針10号
【料金】乗合船は10,000円
BBQの詳細は船宿ホームページ参照のこと

コメントを残す