航空機ファンの聖地へ行く【往路編】(1)

2015年3月20日(金)
成田17時発のDL276便での出発となるので、遅くても15時半に空港に着けば良いので午前中に色々あった用事を済まして日暮里駅から京成線に乗り込みます。

事前に金券屋で株主優待乗車証を880円で購入しておいたので、300円程お安く乗車できます。
ただ、最速のスカイライナーは特急券は1240円と高額なので、ココは我慢でアクセス特急でとなるのですが、この時間帯は、青砥で乗換えとなるのが不便です。

それにしても京成の株優は高くなりましたねぇ~昔は500円程度で入手できたのですが、スカイアクセス線の開業で高騰してしまいました。

平日の昼間なので空いていたので助かりました。流石に立ちは辛いですからね。
青砥で都営線から来たアクセス特急に乗換えて、一路成田空港へ。

未だに続く検問を通過して北ウイング4階の出発階へ。
とっとと荷物を預けて身軽になろうとチェックインを済まします。

なんせアメックスのスカイマイルゴールド会員になったお陰で、スカイマイルゴールドメダリオンメンバーですから「SkyPriority」の専用レーンを使うことが出来ます。

まずは優先チェックインカウンターでチェックイン。すでに前夜にwebチェックインを済ませています。
その時ボランティア募集の画面が出てきました。
100$から500$の間で希望する額を指定して登録すると低い価格の人からボランティアとして座席提供をした代わりにその金額のバウチャーが貰えると言うのです。500$はちょっと魅力的でしたけど折角、747のフライトにしたんですからね。
そういう画面が出ると言うことはオーバーブックしているようです。
ボランティア画面
事前に座席指定していたのは35Jで非常口ドア前のシートですが、もしかしてインボラアップグレードを微かに期待していましたが貰った搭乗券は35Jのままで残念。

続いて手荷物のX線検査ですがここも専用の検査レーンがありますから楽々通過です。
クレジットカードを作るだけでこういう恩恵を受けれるのは有難い。

ラウンジからの眺め出国審査を済ませば後はラウンジで搭乗を待つだけです。
USキャリアだからラウンジもしょぼいと思っていたのですが、結構飲み物や軽食類も整ってます。窓越しにスポットにこれから乗るB747、N663USが駐機してます。
10年前位なら成田空港にB747の姿は腐るほど見られたのですが、今空港を見渡しても双発機ばかり
こうやって機体を眺められるのは良いです。

結構、ラウンジで外の景色が見られないところが多いんですよね。
そういうラウンジは長居出来ずに早々にゲートに行ったりしちゃうのでラウンジ使えるメリットはあんまり感じてなかったのです。
でもここならいいなぁ~

さてそろそろ搭乗開始時刻になったので、ゲートに向かうと満席なので混雑しています。
まずはビジネスクラスとダイヤモンドとプラチナ会員の搭乗があり、結構な人が搭乗しました。まあ、JALやANAも上級会員ばかりで同じですけどね。(笑)

その次にゴールドが搭乗となりようやく搭乗することが出来ました。
座席について暇つぶしのタブレットを取り出して後は頭上の荷物入れに上げるのも余裕で出来きます。
この後ざわざわと乗客が続き、満席になった16:50にドアクローズになります。
いつものように、CAが来て非常口の件を伝えられ了承します。

ゴールドだと24時間前からデルタ・コンフォートプラス(シートピッチが広いエコノミークラス)に無償アップグレードが可能なのですが、こちらも満席だったので、それならゆったり出来るココの方が良いです。

プッシュバクが始まりRWY34Lに向かいますが夕方の出発ラッシュと言うこともあり、順番待ちとなります。ようやく離陸したのは17:00でした。

ベルトサインオフとなり肘掛けからモニタを取り出してまずは飛行状況を表示させておきます。
全席が無い場合、モニタが肘掛けから出す形になるので、肘掛けを上げらないと言うデメリットがあります。
しかし今日は満席ですから、肘掛けを跳ね上がることは出来ませんからねぇ。

機内食(夕食)さて機内食です。ラウンジで軽く食べて来たのであまりお腹は空いてませんが、出されれば食べてしまいます。
まあUSキャリアのエコノミーですからね。

でもむかし昔のデルタ。MD11でアトランタからポートランド経由で乗り入れていた頃、デルタではエコノミークラスでも「和食」を選択することが出来たのです。

一応、松花堂弁当と言うことで、ビジネスクラスと同じものが提供されていたのです。ビジネスとの違いは前菜プレートの次に弁当と味噌汁が出されてデザートと言う流れですが、エコノミーでは弁当だけが渡されるのでした。
なのでRTWを使ってDLで飛んでいた時は和食を選んでいたのですが、2000年頃に別メニューになってしまいました。
今では、「日本食」と言う選択すらありません。

そんな昔を思い出しながら、エサじゃ無くて・・・機内食を食しました。
うーん、ビーフと言うよりコンビーフみたいな味だな~

デトロイトまで10時間ちょい。映画を2本みたところでそろそろ寝ますかね。

(つづく)


<<【準備編】(3) ■ 【往路編】(2)>>


Trackbacks / Pingbacks

  1. 航空機ファンの聖地へ行く【往路編】(2) | 旅と飛行機のTRAVAIR-BLOG

コメントを残す