航空機ファンの聖地へ行く【準備編】(3)

SXMでのホテルは決まり、後は往復のトランジットでの宿泊です。
往路はATLで1泊となり、空港からトランジットモールで繋がっている、「SpringHill Suites Atlanta Airport」にしました。
空港周辺にはもっと安いホテルもあったのですが、到着も遅いのでシャトルバスを待っていたりする時間が勿体無いと言うことで、ホテルまでスムーズに移動できるのを優先しました。

復路はJFKですが、ニューヨークはホテルが高い!
どうせトランジットなのでダウンタウンまで行かずに空港周辺で宿を探してみると空港からのAir Train終点になるジャマイカ駅近くにある「Howard Johnson Jamaica NY Near Airtrain JFK」がサ税込で106USDと安く、どうせシャトルバスを待つよりは手間が省けると言うことでこちらが第一候補に。

ホテルの口コミを見ると良し悪しの評価が人によって異なっているので、期待しないでおこうと言うレベルのようです。
若干、治安面で心配な書込みもありますから注意は怠らないようにしないといけないですね。

ただ、その日は誕生日と言うこともあって、空港近くの寂しい場所よりマンハッタン辺りで泊まるのもいいかな~と思い出し、直前にペン駅近くのホテルが安くなれば変更出来るように、前日までキャンセルが出来るレートで予約しました。

これでホテルも決まり、航空券と合わると25万近くとなりました。

航空券とホテルの予約が完了した後は、旅行に向けて色々と準備を進めていきます。
なんせ今度の旅行の目的は、スポッティングです。
マホビーチでの撮影に向いている時間を、FlyTeamのフライトスケジュールをチェックしてみると、一番ジェット機によるフライトが多いのが土曜日だったことに気づきました。
うーん、KLMの747ばかり気にしていましたが、日程調整を誤ったかなぁ~
まあ、航空券も購入したしどうにしもないですね・・・

それと、現地で使うレンズをそうしようかなと。
重い70-200LF2.8を持って行くと荷物が大変だし・・・標準レンズ代わりに使っている24-70LF4で広角が足りるか?
これもFlyTeamに投稿された写真を参考に、機材のチョイスをします。
流石に、70-200は今回はお留守番にして代わりに70-300Doを、マホビーチで747を綺麗に収めるには24mmでは厳しい可能性があるので、18-200を747用に持参し、その他は24-70Lを使うことにしました。

出発まで1週間となり、金券ショップでUSドルに両替をしときます。大抵は現地ATMでキャッシングかカード払いにしちゃいますが、手持ちの現金があれば安心ですからね。
でも円安でドルが高いですねぇー、1ドル123.26円でした。
ついでに京成線の株優も買っておきます。

そうだ!アメリカのESTAの申請をしなくっちゃ!とあわてて申請をしたり、荷物をパッキングしたりすると、いよいよ出発当日になりました。

ではこれから行ってきます!

image

行ってきま~す

(本編につづく・・・)



<<【準備編】(2) ■ 【往路編】(1)>>

3 Comments

  1. はむ says:

    おお!今日からですね。
    現地からの写真楽しみにしてます。

  2. TRAVAIR says:

    飛行機好きにはたまりません!
    大型機の便数が少ないのが残念ですが景色は最高なんで飽きません。

    ホテルが滑走路のすぐ脇で部屋のベランダから眺められるし言うことなしです。

Trackbacks / Pingbacks

  1. 航空機ファンの聖地へ行く【往路編】(1) | 旅と飛行機のTRAVAIR-BLOG

コメントを残す