線路内進入の撮り鉄で98分遅れ?

Yahooニュースにも取り上げられてましたが、JR北海道の札沼線で撮り鉄が敷地内進入して撮影しようとして列車が停車、警察官が排除するものの列車が98分遅れたと言うことが報じられてました。

それにしても1時間半に渡って退去しなかったということになるのですが、この時期の18時過ぎはかなり寒い筈で、そこまで立ち退かないとは普通では無いですね。
当人についての情報が無いので判りませんが、普段から異常行動する人間なのでしょう。

結局、警察官が出動してようやく立ち退いたと報道にありましたが、普通なら逮捕もしくは保護して警察署へ移送するとは思うのですが、そうでは無いようです。

もしかすると、警察官が来て確保しようとしたら逃亡したので、捜索の為に線路内に警官が入ったので安全確認できるまで抑止したのでは?
だから運転再開が98分と人身事故以上にずれ込んだ可能性もありますが、そもそも線路内に入って撮影するなんて行動が異常です。
ホント、くず鉄は・・・
JRはワンマン運行のところ安全対策で増乗してツーマンで運行しているとも聞きます。それだけ似たような事案が増えているのでしょうね。

廃止が近くなるとこういう、通常な思考を持って無い人間が増え(訪れ)てこういうニュースが増える傾向にあります。
鉄道には異常行動(一種の病気)をする人が粘着する傾向にあるので、どこの鉄道会社も対応に苦慮してみているようですが、その結果としてマナーを守っている人達と一括にされてしまうのが悲しいです。

ローカル線はマニアの為にあるのでは無く地元の人達の為に走ってます。

コメントを残す