置換えが始まる横須賀・総武快速線

E217系

まもなく置換えが始まる横須賀・総武快速線

地元を走る横須賀・総武快速線用のE217系が今年度から新型のE235系への置換えが始まります。

今週、新潟の工場から最初の1編成11両が大船へ回送され、この後の試運転を経てから営業運転に入ることになります。

今では千葉より3両はセミクロスシートを採用してクロスシートがありますが、E235系では全てがロングシートの車両になります。
全部ロングシートと言うことで、置換えが発表された時は批判の声が「鉄道ファン」を中心に出ました。
まあ要するに味気ないと言うのですが、横須賀・総武快速線は日本でも一二を争う混雑路線で、通勤客からはこの3両が不評だったりします。
空いている時間帯ならともかくクロスシートに4人座わると窮屈だし、ドア付近に人が滞留して乗り降りが大変と言うのがその理由です。

ラッシュ時間帯を中心に15両編成と長いのですが、中央にはグリーン車も連結されています。比較的東京寄りの増1号車とかは混雑率も幾分少なめなのですが、なにせ階段から遠い駅が多いからだったりして混雑度が平準化しないと言うこともあるので通勤利用者にとっては良いのかも知れません。

個人的にはクロスシートよりイスのクッション性が良いロングシートなら嬉しいですね。今のE217系はイスが固いので長時間座るとお尻が痛くなりますから。(笑)

それにロングシートも捨てたものじゃないですよ。
ガラガラの車内なら座った反対側の車窓を楽しむ事ができますから。

コメントを残す