羽田空港撮影地ロケハン

3月末から羽田空港の新しい出発・到着ルートが追加されましたが、奇しくもコロナ渦の最中で撮影どころか運休が相次ぐ始末。

外出自粛はようやく制限解除され、都県を跨がないお出掛けはOKという事で、月曜日に羽田の船宿から夜アナゴに乗船する前に新ルートのロケハンをしてきました。

まずは整備場のNエリアに面した、第一緊急ゲートです。ココまでゲートに近づけるのは羽田空港ではなかなかありません。

第一緊急ゲート前

第一緊急ゲート前

ここからRWY04/22が見渡せるのですがNエリア付近にはストア中の機体が多く並んでいて視界はイマイチです。
丁度、RWY22からスカイマークの737が上がったので、撮影出来るなと思ったのですが・・・

RWY22から離陸するJAL

RWY22から離陸するJALのB767-300

陽気のせいもあり、滑走路上は陽炎でメラメラ状態。さらにさっきのB737はフェリーなのか上がるの早かったのですが、B767はなかなか上がらず撮影出来る範囲ではローテーションしませんでした。
これは35mm換算で480mm相当での撮影です(APS-Cで300mmm)

ここなら16Rの着陸も行けるかな試してみました。

16Rに降りるAIR DO

16Rに降りるAIR DOのB737-700

やって来たのはB737-700と小型機でした。(16Rは北方からの到着機がメインなのでトラフィックが少ない・・・)
レンズは640mm相当(APS-Cで400mmm)ですから、大型機なら400mmで充分でしょう。

ちなみに16Lはレンズは640mm相当でこれです。

16Lは遠い

16Lに降りるANAのA321

ちょっと遠すぎです。

ココではRWY22からの離陸機には向いてないが判ったので、移動して天空橋駅近くの環八通り沿いから狙ってみます。
この時間はRWY16RとRWY22からの離陸になりますが、出発機の半分はRWY16Rから上がってしまうので運休便が多いこの時期、RWY22から上がるのは少ないです。

RWY22からの離陸機

RWY22からの離陸するスターフライヤー機

20分程待ってようやく上がったのはスターフライヤーのA320です。
なかなかいい感じで上がってくれたのですが、太陽が雲の影に入ってコントラストが弱くなってしまいました。

RWY22から上がると騒音軽減のため左旋回します。

離陸後左旋回するJAL

RWY22離陸後、左旋回するJAL機

羽田でギアアップした写真を撮れる場所は少ないのですから貴重?です。

時間の関係で2箇所だけでしたが、RWY22からの離陸機狙いはまだ良さそうな場所がありそうなので、近いうちにロケハンしてみようと思います。

コメントを残す