第三極は成功するか。

第三極として成功するか?

第三極として成功するか?

ANAホールディングス(ANAHD)が出資することでスカイマーク再生の道筋が一応切り開けましたが、ファンドとANAHDの関係があまり良好とは言えず、正直再建の道はまだまだ険しそうな感じです。

個人的には、ANAHDが暗躍?して手に納め羽田空港の発着枠を握るのでは無いか?と勘ぐってしまいます。

スカイマークは、 羽田空港の発着枠を武器に第三極勢力として運航を続けるとしてますが、どこまで第三極としてやれるか?
日本の場合、こういうどっちつかずの場合って成功しないパターンが多いのでは無いでしょうか?
政治を始め生活面でも大抵二極化して気がします。

羽田空港というLCCには無い競争力を持っていますが、一番お金になるビジネス客が大手2社に囲われてつかみ切れてない中、価格面でLCCに差があります。
そんな中、今回の騒動でイメージダウンを払拭してV字回復させるのは、かなり大変なことでしょう。

スカイマークが復活するのには第三極勢力を捨て羽田空港発のLCCとして出直すのが良いのではと思っていました。
ただ、ANAHDが支援となるとこの案は実現することは無いでしょうね。
バニラエアの状況を見ていればANAのLCCに対する扱い方が分かりますし、羽田から自社の首を締めるような戦略は打つはずがありません。

第三極として、価格競争をせずに上手くコードシェアをしながら発着枠をライバルに渡さないように維持していくと言うのが本音では無いかなと勝手に想像しています。

コメントを残す