【ヒラメ】(2/24)大原港・臼井丸

初釣りに行こう行こうと思いつつ、結局2月になってしまいました。
まあ、冬の釣り物と言えばヒラメが定番です。
ヒラメなら平日釣行の方が釣れる確率が高いのですが、平日だといつみ鉄道のキハが走って無い・・・

ヒラメが駄目でもキハがある休日だと言うことで三連休に釣行を企むと一番天気が良さそうなのが月曜日という事で24日に釣行してきました。

前日の23時に大原入りしての、船宿で素泊まりです。
朝4時半に起きて着替えて行くと待合室で、釣り仲間のTA氏と久しぶりに遭遇。あれー来てたのという事で、時たまあるんですよね。

5時に港に向かい、受付を済まします。
うすい丸は、クレジットカード決済を始めたので支払いはカードでお願いしました。(ちなみに暗証番号によるサインレス決済です)
カード決済で130マイルゲットです。

今日の釣座は右舷トモから2番目です。オオドモはこれまたTA氏で隣だねーと。
用意をして、ノブ船長に「今年の初釣りだから宜しく!」と軽くプレッシャーを掛けときます(笑)

エサのイワシが届き準備が出来た5時半過ぎに出船です。
今日は波・うねりもなく凪です。この所釣れているのは港近くの浅場の様なので、港を出てスローな足取りでポイントへ向かいます。

イワシが配られて協定の6時になったところでスタートです。
水深は10mと浅く、スグに着底します。根掛かりするとの事なので棚を少し切ってなるべく底をキープします。

ヒラメはライトタックルが主流になり、オモリも40号と軽くて楽になりました。それに水深が浅いポイントに向いてますからね。

イワシの反応があるようなのでヒラメの活性が高いこと祈りながら当たりを待ちます。
開始から15分位した時、竿先のイワシが暴れる動きと違う感触が出てます。餌のイワシが大きいので少し食い込みまで間を置いたほうが良いかなと、「マダマダ、大きな引き込みが来る迄」と少し辛抱してかなりの重さが来た所で合わせると、こりゃ重い!いいサイズだと確信します。

水深が浅いので直ぐにヒラメの姿が見え、若船長のタモにネットイン。
すると、あれー2つともイワシ喰ってるなぁ~と
なんとTA氏のイワシも喰っていて、姥食い状態でした。

こりゃこの後釣れなきゃ半身づつか?取り敢えず、写真を撮ってもらい2匹目を狙います。

イワシの群れは去ってしまったようでこの後が続きません。風もそんなに吹いてなく、波も穏やかで春のような陽気で釣りをするには最高の天気ですが、横流しするにはちょっと条件が良くありません。

浅場の水深10m前後のポイントを転々と流しますがアタリ自体が少ないようで、船中でもそのアタリをキャチできた人だけです。
ライトタックルなので竿が軽いので問題ないですが、標準タックルだとアタリが無いと疲れが増幅されますからね。

10時を回り残り時間も少なくなり、今日は凪倒れだな・・・と
港の真横にあたる水深5mの超浅場を流すとイワシの暴れる様子が竿先に出ます。これは来るかと思った瞬間ガツンと来たので反射的に合わせてしまい、スッポ抜け。あちゃーやってもうた。
貴重なアタリだったのですが・・・

あーあ、今日は駄目かなと、最終コーナーに入った11時過ぎ、バタバタと船内でヒラメが釣れて、活性が上がったのか?
底トントンで底をキープしているといきなり竿先が突っ込み、あれ?根掛りか?と竿を立てると、ガツガツと生体反応があります。
およ、最後に来たか!かと巻き上げますが時折突っ込みます。こりゃ型がいいぞと船長と若船長がやってきてのタモ取りしてくれ、無事にネットイン。

朝一のヒラメと同じようなサイズです。
それにしても出合い頭の前アタリなしの場合は良型な事が多いですね。
これで朝一の姥食いヒラメはTA氏に行き、お互い1枚づつのお待ち帰りすることにになりました。
ヒラメ2.2kg
さらに追加だ!と頑張ってみましたが、残念ながら追加出来ず11時半の沖上がりを迎えました。
港まで直ぐなので11時45分には船着き場に戻り、釣れたヒラメを測ってみると2.2kgといい感じのサイズでした。
いやーヒラメが釣れると気分が良いものです。

臼井丸特製のカレーライスを戴き、いすみ鉄道の撮影に向かいました。

<収支報告>
 収入の部
  ヒラメ 1匹(2.2kg)
 支出の部
  乗船代 13000円(素泊まり&年賀状割引)

<船宿>
 大原港 臼井丸
==この日の船宿BLOGから==
灘よりの水深8m~10m前後を攻めました。海上は風も無くベタ凪でした。
朝から船中で良型まじりで型出ていまして、最大は2,6キロまじりでトップ3枚が2名様でしたが、
潮の流れが悪く、、全員のには行き届きませんでした、、。
海上 : 北西~北東の風 1m
水温 : 13度
真潮 : 0,4ノット
水色 : 澄み

☆ヒラメ : 0~3枚(0,5キロ~2,6キロ)
==

大原港で遊漁船の撮り船をする

昨日は、午前中は大原港で撮り船をして午後はいすみ鉄道と小湊鉄道を撮影してきました。

撮り船と言えば昔、青函連絡船を撮影したりしましたね~。
今回、今まで大原港で散々お世話になった臼井丸の船が今月末で新造船に置き換えとなるので、最後に撮影しようかと出掛けました。
最近では羽田でスポッティング中に帰港してくる羽田の遊漁船を遊びがてら撮ったりしますが、本格的?に撮るのは初めてです。

勝晃丸

勝晃丸 http://ameblo.jp/syoukoumaru/

大原港の南側防波堤から撮影してみましたが、こちら側だと背後がちょっとうるさいですね。

つる丸

つる丸 http://www.turumarutairyou.com/

入港してくるところを赤灯を入れてみました。

義之丸

義之丸 http://yoshinomaru.fan.coocan.jp/

大原港に到着した時は晴れていましたが、曇ってきました。

第一敷島丸

第一敷島丸 http://www7b.biglobe.ne.jp/~shikishkima/

敷島丸は2船保有していますから第一なんでしょうね。

場所を船着き場突堤に移動しようと歩き始めると、今日の本命?うすい丸が入港してきました。急いで移動します。

臼井丸

臼井丸 http://usuimaru.com/

船釣りを初めた時は新造船だった4代目臼井丸ももう20年。昔は毎月の様に乗ってましたからねぇ~
接岸する様子を撮影して船長に挨拶して、いすみ鉄道へ転戦します。

【ヒラメ】(12/13)大原港・うすい丸

12/12は釣り仲間の大原別邸で忘年会。本当は12日の朝ヒラメ船に乗船して忘年会になだれ込む予定でしたが金曜日が大荒れだったので、日曜日に乗船することに。

前夜宴会で早めに寝たのですが朝4時過ぎに起きるとなんかだるい・・・このパターンはやばいなぁと思いながらメンバーの車で港に移動して支度をします。
前日のうちに右舷オオドモを確保しておいたので今日は釣れるぞーと勇んで乗りこみ5時20分に出船です。

沖に出ると結構、うねっています。やっぱりなぁ
航程40分程の大東沖でようやく釣行開始となりますが、その頃には気分は最悪。船酔い状態です。
幸い釣りはできるので、配られたイワシを付けて送り込みます。

今日はLTタックルで挑戦です。道糸はPE1.5号でオモリは40号です。
水深も17m前後なので浅いし、オモリも40号だと軽いので釣りやすいですね。

さて釣り始めて10分程でいきなりのアタリ。突然だったので上手く対応できずバラシとなってしまいました。
朝の一流し目は誰かしら竿が刺さるのですが、今日はそういう様子もなく時間だけが過ぎていきます。

横流ししているのですが、風と潮が反対なので流しがゆるく一流しが長いです。30分程で流し替えとなり2流し目でもアタリが出ました。今度は慎重にアタリを吟味?して大きなアタリがあったところで竿を立てる乗りました。

うーんあまり引かないなぁと思いながらノブ船長の差し出したタモに収まったのはソゲクラスでした。
まあソゲでもこれで一安心です。
なんせまだまだ顔を見て無い人が殆どですからね。

うねりが高いこともあって数人が戦線離脱。自分もムカムカ感がありますが頑張って仕掛けを出します。
一流しに1回はアタリがあるのですが、うねりも高くオオドモは船が持ち上がってしまうと折角アタリがあってくわえたイワシから違和感を感じてしまうとヒラメがイワシを放してしまうので、道糸を送り込んで食わせようとすると、乗った!
2枚目は1.5kgクラスのヒラメでした。

もう今日はこれで帰ろう(笑)
でもまだ7時半。まだまだ時間があります。気分も悪しもう帰ろうよと思いますが、乗合船はそうはいきません。
なので頑張って釣ります。

もう今日はいいやと思うと釣れるんですよね。
沖上がりの11時半までにリリースサイズを含めて結局5枚釣りあげてしまい、竿頭になってしまいました。
hirame
12時に大原港に帰港となりました。
港に戻って陸地に上がれば気持ち悪かったのは消えて、船宿が用意してくれたお昼のカレーライスが美味しく頂けました。

【船宿】うすい丸
【料金】12000円(氷・エサ付き)
【仕掛】道糸PE2号、ハリス6号 捨て糸3号・孫バリ仕掛け