那須サファリパーク

先月、鬼怒川で一泊した後、足を伸ばして那須サファリパークに立ち寄ってきました。今まで、群馬と富士のサファリパークには行ったことがありましたが那須は始めての訪問です。

事前のチェックで近くの道の駅「那須高原友愛の森」の観光案内所で割引入園券が販売されているとの事だったので道の駅に立ち寄ってから向かいました。

入口で説明を受けますが、園内に自家用車で入場した場合、「動物から受けた傷などの補償はありません」との事でした。別に車の傷は気にしないので、オプションの「動物の餌」(1000円)とガイドタブレット利用料(500円)を払って入場です。

最初はライオンゾーンでココでの窓開け、停車はしないでとの事なのでゆっくりと進みますが・・・
那須サファリパーク ライオンうーん、餌をくれるバスじゃ無いからやる気が無いのか?それとも朝から客の相手で疲れているか(笑)
群馬に比べてライオンの数も少なめな感じです。

ライオンゾーンの次は草食動物ゾーンになって、窓を開けて餌を上げる事ができます。
那須サファリパーク キリンキリンも判っているのか車に近づき餌をねだります。
キリンの近くには係員が居て、餌を上げた車には進むように指示しています。

その先に行くとシカやロバの仲間が餌を待ち受けてます。
車がやって来るとどんどん近寄って来て窓越しに餌を要求していきます。
那須サファリパーク シカ・ヤギ
みなさん餌が欲しく必死で窓なんかをベロベロなめるたり車にスリスリしてねだったり、しまいには窓のドアバイザーやサイドミラーをガリガリと食べようとする奴まで。
なるほど、これなら車が壊れたと言って補償しろと言う奴が出てもおかしくないな

いつもなら車から動物の撮影をするのですが、餌をやったり動物を避けながら車を運転するので撮影する暇がありません。
なので意外と早く?出口に到着してしまいました。

群馬だと混雑時以外ならもう1周することも可能なんですが、強制的に出口となります。
出口近くには高圧水洗コーナー(500円)もあり動物のよだれで汚れた車を洗車できるようになってました。

駐車場に停めてこの後はふれあいコーナーで動物達と接することが出来ます。
餌くれよ!餌が余っていればココでもあげることできますが、すでに車で配っているので手持ちが無いので彼らは餌が無いとみると他のところに行ってねだります。

ちなみにはたから見るとこんな感じです。
サファリパーク レンタカーこちらはレンタカーです。1周で2000円ですが傷は付けられるの嫌な人や、自家用車で無い人が借りてます。
サファリパーク 動物に囲まれる動物と触れ合うのは良いけど、こういう触れ合いはちょっとなぁ~と

ふれあいコーナーからライオンコーナーを見ることが出来るのですが、殆ど車がいませんでした。訪れたのが日曜のお昼まで一番混雑する時間だったのかも知れません。
時間をずらせばゆっくり見られたかな?

園内のレストランで遅い昼食のあと帰路につきました。
やっぱり群馬サファリパークが一番かな・・・

埼玉・群馬・栃木の三県境

三県境

平地での三県境はココだけだそうです。


昨日、ドライブがてら埼玉・群馬・栃木の三県が接する三県境に行ってみました。

渡良瀬遊水地に面する「道の駅 きたかわべ」に車を止めて、南側の階段を降りるとそこは群馬県。道の駅は「埼玉県」で埼玉県の南側で群馬県って言うのもなんか変な感じです。
この辺りは県境が入り組んでいて、三県の他、渡良瀬川を挟んだ対岸が古河市でこれが茨城県と車で走っていると県が目まぐるしく変わりカーナビがうるさくなります(笑)

看板に従い歩いて5分程で写真の三県境に到着することが出来ます。さっきまで歩いて群馬県からいつの間に「栃木県」に入っていたようでホント入り組んでいます。

県境と言うと川や湖、山などの自然の区切りで変わるイメージがありますが、田んぼのところ、それも個人が保有する田んぼのあぜで県境だよ言われるとなんかピンと来ませんね。
見晴らしなら、道の駅から見る遊水地の方が見応えがあるし・・・

手作り感満載の看板などなど、B級グルメならぬB級観光地と言った感じです。でも日本では唯一の平地にある三県境という事なので話の種に訪れてみてはどうでしょう。

栃木県【喜連川温泉】道の駅きつれがわ 温泉&クアハウス

喜連川温泉

オススメ度:★★★★
泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物泉 高張性高温泉
《源泉温度》75℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》7.6 《成分合計》13627mg/kg
《加温》無 《加水》有 《循環》内湯:有 露天:無 《消毒》有
料金:(大人)500円
入湯日:2019.4.6
HP:http://michinoeki-kitsuregawa.jp/hotspring
住所:栃木県さくら市喜連川4145-10

道の駅に併設された温泉施設が増えてきて便利になりました。国道293号線の「道の駅きつれがわ」にも温泉施設が併設されており足湯にさらに水着着用のクアハウスまであると言う豪華?版です。

それでいてクアハウス入館料は500円(JAF会員は100円引)と格安なのも嬉しいです。さすが湯量豊富な喜連川温泉と言ったところでしょうか。

券売機で入浴券を購入して受付に渡して下足箱に靴を入れてから脱衣場に向かいます。
脱衣場は100円リターン式のロッカーが並び水着着用のクアハウスエリア用と大浴場用で仕切られています。

内湯は完全な循環ろ過式で無色透明の温泉が注がれています。
露天風呂の方は源泉かけ流しとの事で、こちらは薄黄緑色の温泉が注がれており、浴槽からオーバーフローの量もまずまずでよく見ると浴槽野中には湯の花も舞っています。
微かに石油臭がするのが喜連川温泉らしく、少し舐めると塩辛くてさすがナトリウム塩化物泉です。

時期により加水との事ですが、源泉温度が高いので仕方ないところです。塩素系消毒使用との表示でしたが、ほとんど塩素臭はしませんでした。

ココからちかい早乙女温泉に比べると、インパクトは半分以下ですが、その分万人向けの優しい温泉かも知れません。
温泉は23時まで営業しているのもドライバーには嬉しいところです。

シャンプーインリンス・ボディソープは洗い場に常備
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:JR東北本線氏家駅からバス
車:東北道矢板ICから20分


もどる

芳賀【イチゴ】芳賀いちご園 スカイベリー30分一本勝負

昨日は会津高原でスキーをした後、鬼怒川温泉で1泊。そして今日は芳賀町にある「道の駅はが」に隣接する芳賀いちご園でいちご狩りをして来ました。

栃木県のいちご狩りと言うと益子が定番なのですが、昨年益子でいちご狩りをしているので今回はちょっと違った場所でと言うことで芳賀いちご園となりました。
(本当の理由はSL撮影の都合?)

それと芳賀いちご園では2014年に栃木県で登場した「スカイベリー」と言う品種が30分間食べ放題が出来ると言うのです。

12時半過ぎにいちご園に着くと予約の有無を聞かれ、予約なしだと13時から案内するのでちょっと待って言われ道の駅で時間を潰して、再度突撃。
料金を支払いますが、1人1600円と益子より少し高いですが、品種が違いますから仕方ないです。

ヘタ入れ用パックを貰いいざハウスへ。

スカイベリー

スカイベリー

赤く熟れたイチゴやらまだこれから塾すイチゴが沢山なっています。

苗から伸びる枝の先に真っ赤になったイチゴをもぎり口にすると、甘い!そしてジューシーな果汁。
今まで食べてきたイチゴとは明らかに食感が違います。
実が2分あろうかと言う大粒のイチゴ程、ジューシーな感じがしました。

通路を右往左往しながら真っ赤な熟したイチゴを探してはもぎって食べるの繰り返しです。
スカイベリーは残念ながら傷みやすい特性があるので、真っ赤に熟しているのもよく見ないと裏側が傷んでいたりするので注意しないといけません。

ヘタを入れたパックがもうすこしで一杯になりそうだなと思った頃合いに係の人がやってきて「そろそろ時間でーす」と
いやー食べた食べた。お陰でお昼は食べれませんでした。(まあ殆どが水分ですけどね)

<MAP>

TEL:028-677-0715
住所:芳賀町祖母井856-1
営業時間:イチゴ狩りは10~14時
※イチゴ狩りは予約した方が確実との事

(訪問日:2016.3.20)