Category: Swiss



SWISSチリへ救援機運航

SWISS(スイス国際航空)は南米チリで出国できなくなっていたスイスからの旅行やビジネス客などを救援する為、チリの首都サンティアゴ空港へスイス政府の要請で救援機を運航しました。

HB-JNJ

チリへ救援機として使用されたHB-JNJ

チューリッヒからフェリーされたB777-300ER(HB-JNJ)が折り返しLX8901としてサンティアゴからチューリッヒまでノンストップで運航し日本時間29日18時頃到着しました。

LX8901にはスイス国籍159人の他、同じくチリで立ち往生している他国籍者102名が搭乗しました。

スイスは既にリマ、カサブランカ、ダカール、コスタリカへ救援機を運航しており、この後もブエノスアイレス、リマ(2回目)の運航を予定しています。

ペルーでは日本からの旅行客など約250人が立ち往生しており、昨日台湾政府が派遣したチャーター機で一部が約30人が同乗して脱出しています。

この時期に海外旅行とは言う論調はあるでしょうが、こうやって自国民を素早く救護させると言うのは日本政府には真似できないですね。
ちなみにSWISSはサンティアゴへの乗り入れは11年前に取りやめていますが、問題なく往復できてます。乗入れしてないから日本のキャリアが救援機を南米へ派遣出来ないと言うのは一種の口実ですかね。

一方、SWISSでは運休している香港線について、貨物機として臨時便を飛ばしています。
船便も中国から荷積が少ない為運航回数がすくなっていることもあり物流確保の為、A340-300を使いカーゴスペースに貨物を搭載して運航しています。

SWISSは4月20日まで日本線を運休しています。
早く、日本でレッドクロスの尾翼を見たいものです。

最後?のLX160がZRHを出発

LX160先程、日本時間の21時過ぎにチューリッヒを出発して成田へ向かいました。明日、成田から折返しLX161となってチューリッヒに向かう便が最終便となり、4月下旬まで全て運休となります。

ただこの状況ですから乗客は殆ど居ないようです。今日のLX160の乗務員は明日のLX161にデットヘッドとして折り返してくることでしょう。
成田界隈のホテルは、観光客が居なくなり、さらに航空各社のクルーまで居なくなってかなり厳しい状況の様です。

スイスでは4月19日まで、バー、レストラン、スポーツ施設と文化施設の営業停止令がでていますが生活必需品店舗や金融機関は営業を継続しています。
イタリアと接するスイス南部では感染者も増えてはいるもののイタリアの様な医療崩壊までには至ってないとのことで都市封鎖には至ってません。

それにしても、現地時刻では13時過ぎの真っ昼間なのに、飛んでいる飛行機は少ないです。
ホント異常事態です。

早く終息して欲しいです。

SWISS 日本線の運休を拡大

SWISS(スイス国際航空)は運航を続けていたチューリッヒ/成田線を3月26日から4月20日(成田発は3月27日から4月21日)まで全便運休することになりました。
また、既に運休している関空線も4月19日までの運休を延長します。

どうしてもスイスへ向かう必要がある場合、3月26日のLX161が最終便となります。
SWISS 運航計画

SWISSを始め、ルフトハンザグループが発券した航空券について
• 2020年12月31日までの旅行開始、かつ
• 航空券番号が257/220/724/082/101から始まる2020年3月31日までに発券されたチケットでOS/LH/LX/WK/SN/EW/4U/EN便名の予約、または他社運航の共同運航の予約
の場合、2020年12月31日までに変更することが可能です。
なお、新しい旅程が決まってない場合、2020年8月31日まで変更に完了することが可能となり処置を行っています。
ただ、新規旅程では運賃の再計算が必要となり差額が発生した場合は徴収される場合がありますが、その際はEUR50のディスカウントされる特例処置が発効していますので、最新の状況を航空券購入元に問い合わせてください。

残念ですが、世界の航空需要を鑑みるとこれ以上運航を続けてもお金を失うだけですから運休は致し方ないです。
この運航情報をBLOGで掲載した時は正直ここまで、日瑞間の運航が停止になるとは思ってみませんした。
この間、たった2週間ですよ。

日本では幸い、大規模な感染拡大は防げてますが、この先どうなるか保証はありません。
まだまだ綱渡り状態ですから、感染を拡大する恐れがある大多数が集まるイベント自粛は無論、できる感染予防は励行して、第三次世界大戦とも言えるコロナ戦争を早期に終結させたいものです。

SWISS今日から関空に就航

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMH

関空への一番機となったHB-JMH

今日、3月2日(チューリッヒ発は3月1日)からSWISSは関空線を開設しました。(Swissair時代からだと再開になりますね)

今日は予定時刻より1時間ほど早い8時過ぎに関空にLX158便としてA340-300(HB-JMH)が到着し、折返しLX159便として定刻にチューリッヒに向けて出発しています。

折しも新型肺炎が蔓延している中での就航で全世界的に航空需要が減少しておりこの先が読めない状況です。
一部キャリアでは日本路線の減便や運休する動きも出てきており、あまり良い状況では無い中での就航だけに少々心配です。

機材こそは成田線のお下がりのA340ですが、フライトナンバーは成田より若い番号が付与されていますので、この苦境を乗り切ってデイリー運航になるのを期待しています

LHグループ、春のプロモーション運賃(UPDATE)

ルフトハンザグループ(ルフトハンザ、オーストリア、スイス)の春から初夏にかけてのプロモーション運賃がファイルされました。
この時期のヨーロッパは日が長くなり日没も遅くなるので観光には良い時期ですからオススメです。

2020.2.12追加
今回プレミアムエコノミークラスの運賃がファイルされました。これで3クラスから選ぶことが出来ます。

2020.2.20追加
ゴールデンウィーク期間のエコノミー運賃がファイルされました。

<<エコノミークラス>>
出発期間 ショルダー(K)2020/6/1-30
ローシーズン(L)2020/4/1~23,5/3-31
ハイシーズン(H)2020/4/24~5/2
発券期間 ~2020/3/16
運賃 (H)80,000円 (K)80,000円 (L)70,000円
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス L
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
旅行期間 土曜日の滞在を含む3日以上21日以内(ハイシーズンは3日以上21日以内)
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
変更/払戻 不可
燃料サーチャージ 別途要

<<エコノミークラス・予約クラス制運賃>>
出発期間 2020/4/26~4/28
発券期間 ~2020/4/21
運賃 (Vクラス)162,000円 (Wクラス)130,000円 (Sクラス)110,000円
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス V/W/S
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
旅行期間 3日以上21日以内
発売/発券期限 7日前/予約後48時間以内
変更/払戻 不可
燃料サーチャージ 別途要

<<プレミアムエコノミークラス>>
出発期間 2020/4/1-6/30
発券期間 ~2020/3/16
運賃  180,000円
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス N
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
旅行期間 5日以上21日以内
発売/発券期限 7日前/予約後72時間以内
変更/払戻 不可
燃料サーチャージ 別途要

<<ビジネスクラス>>
出発期間 2020/4/1-6/30
発券期間 ~2020/3/16
運賃  390,000円
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス P
羽田便加算 羽田発便10,000円 羽田着便 NH便10,000円 LH便5,000円
週末加算 50,000円 日本土日出発:欧州金土出発
旅行期間 5日以上1ヶ月以内
発売/発券期限 21日前/予約後72時間以内
変更/払戻 不可
燃料サーチャージ 別途要

※運賃・条件は、予告無く変更となることがあります。当ページでは情報についての責任を負いかねます。

スイス

5月のスイスは新緑の時期です。

さよならSWISSのA340

と言っても今日で成田にやってくるSWISSのA340-300が最後ということです。
最終日にLX160でやって来たのはA340-300の1番機HB-JMAでした。

成田でSWISSのA340-300を見るのも最後という事で折返しLX161をさくらの山近くの道路から離陸して行くA340を見送って来ました。定刻にスポットアウトして11時過ぎにRWY34Lから離陸許可を得てTakeoffしました。

LX/SWR/スイス国際航空 A340-300 HB-JMA

LX/SWR/スイス国際航空 A340-300 HB-JMA


A340は上昇がゆっくりなので丁度、姿が見えた時はギアアップ中でした。B777-300ERの欧州線ではこの辺りではキアアップが終わっています。

ギアアップが完了したA340-300はゆっくりした足取りで上昇しチューリッヒを目指して旅立って行きました。

LX/SWR/スイス国際航空 A340-300 HB-JMA

LX/SWR/スイス国際航空 A340-300 HB-JMA


明日からはB777-300ERとなり、既にチューリッヒを出発したLX160には2019年11月に就航した一番新しいHB-JNKが当てられ成田に向かっています。

まあ、SWISSのA340-300は3月から関空にやって来ますので暫くはその姿を見ることは出来ますけど、完全引退もそう遠くない将来ではないでしょうかね。

来月からB777-300ERに

LX/SWR/スイス国際航空 LX161 A340-300 HB-JMF

成田空港から離陸するLXのA340-300も見納め

Swiss International Air Lines(LX)は2月1日のチューリッヒ発から成田線にB777-300ERを投入します。
成田発は2月2日からとなりますので、今度の土曜日が成田空港でLXのA340-300は見納めとなります。

LXはSwissair時代に発注していたA340-600が運航停止によりキャンセルとなり、その後は暫くMD11で運航していましたが、ルフトハンザ傘下になった後に2003年にA340-300を導入しました。

MD11を置き換えてLXのフラッグシップとして活躍し自社発注機の他、エアカナダから購入した機材も活躍していましたが、2015年にB777-300ERを導入し長距離線に投入される中、機材繰りの関係で成田線はA340での運航が続いてました。

LXはサマースケジュールから運航を開始する関空線にA340-300を投入し、成田線をB777-300ERに変更することになりました。

一時はA340を使う欧州キャリアが多かったですが、今では成田でA340と言えばLXとSAS(SK)位になっていますからね。
そんなSKもA350-900の就航が決まっていますから成田でA340を見る機会が減ることになります。

SWISSゲートでの搭乗順位変更

スイス国際航空(SWISS)は欧州路線の空港ゲートで搭乗方法を変更しました。

優先搭乗、グループ1,2のHON Circle 会員、セネター会員、スターアライアンスゴールドカード会員、ビジネスクラス、ノーマルエコノミー(フレックス)運賃利用者に引き続き、エコノミークラスとなりますが、窓側 ⇒ 中央 ⇒ 通路側の順となります。

グループ3:エコノミークラス窓側の座席
グループ4:エコノミークラス中央の座席
グループ5:エコノミークラス通路側の座席

となっていますが、窓側と中央の二人連れの場合は、グループ3となり一緒に搭乗できます。
今までだと機体前方や後方など座席番号で整理される事が多かったですが、欧州線ではA320シリーズがメイン機材となりますので、通路を挟んだ3-3配列です。
なのでこの搭乗方法ならスムーズに搭乗が出来ることになり、定時運航にも繋がります。

この方式はルフトハンザグループの統一ルールとして、ルフトハンザ航空ドイツ航空、オーストリア航空でも採用されており、今後欧州路線以外でにも広がる可能性があります。

搭乗ゲート

この方式だと後から窓側の人が来て立つ必要がなくなりますネ。

SWISSとSBBの提携で‘Flugzug’を拡大へ

SBB

SWISSとSBBの提携でますます便利に

スイスインターナショナルエアライン(SWISS)はスイス連邦鉄道(SBB)との業務提携を拡大し、2020年の早期にチューリッヒ空港駅からスイス国内の観光地であるベルン、ルツェルン、アンデルマット、インターラーケン、ツェルマットへの列車に対して、SWISSのフライトナンバー(LX)をを付して列車を航空機に見立てた‘Flugzug’を拡大することで合意しました。。

今までチューリッヒからバゼールとルガノ間の列車にLXナンバーを付したFlugzugを運航していましたが、来年からはチューリッヒからのSBBと一部私鉄列車にLXのフライトナンバーが付き、航空券の予約と同時に列車の予約が可能になります。
また、Flugzug利用時に駅でのチェックインについても検討していくとのことです

今回のFlugzugでは、アンデルマット、インターラーケン、ツェルマットへは乗換が必要になるのでどういう案内になるのか興味深いどころではあります。

スイスは鉄道、バスや船などの交通機関が協力する「スイストラベルシステム」があり乗継ぎなどが綿密に調整された世界一の交通システムになっており日本よりはるかに進んでいます。
今回の提携でスイス国内の移動がさらに便利になることでしょうね。

SWISS、関空就航記念運賃

スイス インターナショナル エアラインズ(LX)は来年3月の関空就航を記念したプロモーション運賃をファイルされています。

運航機材が成田線から撤退するA340-300となるのがちょっと残念ですがスイス航空の破綻に伴い、関空とスイスを結ぶ直行便が無かった関西にとっては、19年ぶりの路線再開となります。

就航記念運賃はエコノミー・ビジネスクラスともに設定されています。
※運賃は予告なしに変更される場合があります。ご利用の際は最新情報を航空会社または旅行会社に確認ください。

<<エコノミークラス>>
出発期間 ハイシーズン(H)2020/3/2~3/31
     ローシーズン(L)2020/4/1~4/24
発券期間 ~11/30
運賃 (H)60,000円 (L)51,000
出発地 関西(LX158/159便のみ利用可)
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス K
週末加算 5,000円 日本:土日出発、欧州:金土出発
旅行期間 5日以上21日以内
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
燃料サーチャージ 別途要

<<ビジネスクラス>>
出発期間 ハイシーズン(H)2020/3/2~3/31
     ローシーズン(L)2020/4/1~4/24
発券期間 ~11/30
運賃 (H)310,000円 (L)290,000
出発地 関西(LX158/159便のみ利用可)
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス P
週末加算 50,000円 日本:土日出発、欧州:金土出発
年始加算 なし
旅行期間 5日以上1ヶ月以内
発売/発券期限 21日前/予約後72時間以内
燃料サーチャージ 別途要

再就航にあわせて関空線に乗りたいけど時期的に忙しいからなぁ~

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMH

関空に就航するスイス国際航空のA340-300

LHグループ、冬のプロモーション運賃

ルフトハンザグループ(ルフトハンザ、オーストリア、スイス)の10月から来年2月にかけてのプロモーション運賃がファイルされました。
冬のヨーロッパはオフシーズンになりますから運賃が安くなる時期でもあります。ただ日没も早いし寒いからあまり観光向きではありませんけどね。

<<エコノミークラス>>
出発期間 ハイシーズン(H)2019/19/10/21~11/10
     ショルダー(K)2019/11/11~12/26, 12/30-31
     ローシーズン(L)2020/1/1~/2/29
発券期間 ~9/30
運賃 (H)80,000円 (K)70,000円 (L)60,000
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス L
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
年始加算 30,000円 欧州1/3.4出発の場合
旅行期間 5日以上21日以内
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
燃料サーチャージ 別途要

<<プレミアムエコノミークラス>>
出発期間 2019/19/10/21~12/26,2019/12/30~2020/2/29
発券期間 ~9/30
運賃 163,000円 
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス N
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
年始加算 30,000円 欧州1/3.4出発の場合
旅行期間 5日以上1ヶ月以内
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
燃料サーチャージ 別途要

<<ビジネスクラス>>
出発期間 ハイシーズン(H)2019/19/10/21~12/16
     ローシーズン(L)2019/12/17~12/26, 12/30-31
     ローシーズン(J)2020/1/1~2/29
     ピークシーズン(Q)2019/12/27~29
発券期間 ~9/30
運賃 (K)390,000円 (L/J)283,000円 (Q)395,000
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス L
羽田便加算 羽田発便10,000円 羽田着便 NH便10,000円 LH便5,000円
週末加算 50,000円 日本土日出発:欧州金土出発
年始加算 なし
旅行期間 5日以上1ヶ月以内
発売/発券期限 21日前/予約後72時間以内
燃料サーチャージ 別途要

LX/SWR/スイス国際航空 LX180 B777-300ER HB-JNJ

LXは2月から成田にB777-300ERを投入します

Swiss関西へ就航、成田はB777-300ERに

LXのB777-300ERビジネスクラス

LXのB777-300ERが成田線に投入されビジネスクラスの一新されます。

スイスインターナショナルエアラインズ(LX)は、2020年2月1日より、チューリッヒ/成田線にB777-300ERを投入と、2020年3月1日よりチューリッヒ/関西線週5便で開設することを発表しました。

成田線へのB777-300ER投入は、B777-300ERの追加購入によりようやく実現することになります。
日本発おける夏季シーズンのハイキング需要の高まりや、訪日客特に来年はオリンピック観戦需要などの高まりを受けて、A340-300より117席多いB777-300ERへのシップチェンジすることで座席提供量が増えると共に、エンジンも高主力となるので所要時間が短縮されます。
スケジュールは
LX160 ZRH13:00 NRT8:30+1 Daily B777-300ER (3/29からNRT7:40着)
LX161 NRT11:25 ZRH15:40 Daily B777-300ER (3/30からKIX10:25発、ZRH15:35着)

また、チューリッヒ/関西線の開設は、スイス航空が2001年10月にオン・グランドになった際、運航再開直後にチューリッヒから日本行の初便かつ関西発着の最終便となった1便が運航されたのを最後に途絶えていましたが、ようやく復活することになります。

使用機材は、成田のお古と言ったら語弊がありますが、A340-300での運航となりANAとのコードシェアも実施されます。
スケジュールは
LX162 ZRH13:00 KIX8:45+1 日月水金土 A340-300 (3/29からKIX7:50着)
LX163 KIX10:45 ZRH15:45 日月火木土 A340-300 (3/30からKIX10:05発)

7/20着発のLX160/LX161は欠航です。

チューリッヒ、本日7/19発の成田行LX160が欠航となりました。
その為、必然的に明日、7/20の成田発LX161も使用機材が到着していないので欠航となります。

理由は明らかになっていませんが、状況的に使用予定機材に何かしらのトラブルが発生したものの、代替機が用意出来ず欠航になった可能性があります。

LX160/LX161は今では貴重?になりつつある4発機のA340-300で運航していますが、B777-300ERの導入で退役も進み保有機も少なってきています。
就航先でのトラブルならいざ知らず、ホーム空港で代替機を用意出来ないのは機材繰りがタイトなんでしょうかね。

LX160欠航

ホームページでの欠航表示

2019.7.21追記
LX160/161の欠航は使用予定機材(HB-JMA)で発生した油圧系統のトラブルによるものとの事です。

SWISS ZRH/ATH線にB777-300ER投入

Swiss B777-300ER

アテネ線に投入されるB777-300ER

Swiss(スイス国際航空)は夏のバカンスシーズンに合わせて、チューリッヒ/アテネ線にB777-300ERを投入します

運航期間は7月13日から8月18日までの約一ヶ月間LX1830/1831便が通常A321で運航しているところB777-300ERでの運航となり、CYのクラス制で運航されます。B777-300ERは3クラスなのでファーストもビジネスクラスとして運用される様なので乗り得なフライトですね。

アテネ線は人気路線でバカンスシーズンは満員になることが多く、以前にこの区間をスタンバイチケットで搭乗しようとチューリッヒ空港の搭乗ゲートで待機してたら、最後の最後まで空席が出ずの機長の采配でジャンプシートでアテネまで搭乗したことがあります。
B777-300ERの投入で提供座席数が多くなるので混雑緩和になるでしょう。

B777-300ER投入スケジュール(7/13-8/18)
LX1830 ZRH/ATH 0850 1230 77W 毎日
LX1831 ATH/ZRH 1400 1545 77W 月金土
LX1831 ATH/ZRH 1400 1550 77W 日
LX1831 ATH/ZRH 1410 1555 77W 火水木

SWISSプレミアムエコノミークラスを設置へ

B777エコノミークラス

B777-300ERのエコノミークラス

SWISS(LX)は2021年から長距離線機材であるB777-300ERにプレミアムエコノミークラスを24席を設置する計画があることが判りました。

24席なので2-4-2の配列が3列相当ということでしょうか。

既にグループのルフトハンザがプレミアムエコノミーを導入して利用状況も良く、エコノミークラスの上得意客を掴もうと言う戦略なのでしょう。

搭載するプレミアムエコノミークラスは、座席を新開発し足もとをエコノミークラスより広いスペースとして、余裕を持って足を動かすことができる間隔を確保するそうです。
シートピッチは1990年代のビジネスクラス並になるのかな?

まだ文字だけの情報なのでこの後、キャビンデザインが出てくるかとは思いますが、どういうファクトになるのか楽しみですね。
ただB777-300ERに搭載なのでA340型の成田線にリプレイス投入になるかは今の段階では不明です。