Category: 航空



アエロフロートは羽田と関空へ

アエロフロート(SU)は羽田空港への発着枠を確保したことから、来年のサマースケジュールから現在、成田に乗り入れているモスクワ線を羽田に移すことなりましたが、運航ダイヤがGDSに反映されました。

SUはモスクワ・シェレメーチエヴォ発ですが、ソビエト時代から以遠権を持っており、週7便ですが便名は3つあり、それぞれロンドン・ヒースロー、パリ・シャルル・ド・ゴール、ローマフィウミチーノ空港から通しの便名となっています。

2020年3月29日からのスケジュール
SU260 CDG/SVO1900 HND1030+1 B777-300ER 水金日を除く毎日
SU264 ROM/SVO1900 HND1030+1 B777-300ER 水
SU262 LHR/SVO1900 HND1030+1 B777-300ER 金日

SU263 HND1215 SVO1605/LHR B777-300ER 月土
SU261 HND1215 SVO1605/CDG B777-300ER 月木土を除く毎日
SU265 HND1215 SVO1605/ROM B777-300ER 木
SVO-LHR/CDG/ROM間は別機材で運航

不定期で運航している貨物専用便は成田に残ることになると思いますが、成田からSUが消えるのは残念です。

またSUは2020年6月15日からモスクワ/関空線を週4便、A350-900で開設する予定です。
スケジュールは
SU268 SVO1900 KIX1105+1 A350-900 水金日を除く毎日
SU269 KIX1245 SVO1700 A350-900 月木土を除く毎日
となっています。

SU/AFL/アエロフロート・ロシア航空 SU275 B777-300ER VP-BGD

羽田へはB777-300ERで就航します。

懐かしシリーズ英国航空の”ワールドイメージ”

BA B737-400

BA/BAW/英国航空 B737-400 G-DOCW

英国航空は1997年に機体の垂直尾翼のカラーを世界各国のアーティストが制作したデザインを施す、「ワールドイメージ」を行いました。

時期的に香港の中国返還などもあり良くも悪くも英国が脚光を浴びた時期でもあり、世界中のアーティストが参加するという大規模なキャンペーンで注目を浴びたのですが、そういうわけが英国内で評判が悪かったらしく長続きせず中止となってしまいました。

1機ごとに違うデザインですからコストも掛かったことだと思いますが、結構良かったと思うのですが・・・

写真のB737-400ですが、書道家が書いたデザインを採用した機体だった思いますが、なかなか良い感じですよね~

沖縄・那覇空港第二滑走路来年3月供用開始

国土交通省は平成25年より事業を進めてきた、沖縄・那覇空港の第二滑走路が来年3月26日から供用開始することを発表しました。

那覇空港は自衛隊との共用空港で最近の中国情勢から緊急発進は増加傾向にあります。緊急発進時には自衛隊機の発着が優先されることから民間機がホールドし遅延が発生することが以前からあり、航空便の増加もあることから第二滑走路の建設が進められてきました。

現在の滑走路から海側に平行するように埋め立てられて建設されましたが、思いの外早く完成した感じがします。

第二滑走路の供用で年間24万回の離発着が可能になり今の倍近くの処理能力を得ることが出来ますので航空便の増加や自衛隊機の緊急発進時にも対処がしやすくなり遅延が減ることになるでしょう。

那覇空港、離発着のラッシュ

滑走路が増えて那覇空港の離発着ラッシュが緩和へ

成田空港第2ビル駅改良で改札分離へ

成田エクスプレス

成田エクスプレス利用時が便利になる?

JR成田線と京成線が乗り入れる成田国際空港の空港第2ビル駅の改良工事を行っていましたが、12月10日の始発からJR線の改札口と京成線の改札口の完全分離を行うことを発表しました。

今まで入口はJR線と京成線で分離されてましたが、出口は空港のセキュリティチェックポイントが京成線側にあった為、JRの改札機を通過(タッチ)した後京成線の改札機を通過(タッチ)する必要があったのですが、JR線の入口を出口と一体化することで2つの出口を通ること無く改札外へ出れることになります。

他社乗換駅でICカードの経路判定の為に中間改札があるのは良くありますが、それも目の間の出口同士での中間改札というのはあまり例が無く、切符の取り忘れやタッチミスなどのトラブルが見受けられましたから、分かりやすくなります。

鉄道事業者側もこの特殊運用が無くなると判定要素が少なくなるのでコスト削減にもなる筈です。

ただ京成線構内では京成本線経由と成田スカイアクセス線経由を分ける中間改札(京成本線経由)は今まで通りなので利用の際はご注意を。

Miles & Moreステータス集計方法の変更

LH/DHL/ルフトハンザドイツ航空 A340-300 D-AIGF

Miles & Moreのステータス計算が変わります

ルフトハンザグループのマイレージサービスMiles & Moreは2021年からフリークエントフライヤーのステータス集計方法を変更することを発表しました。

現在は利用フライトの距離、搭乗クラスとステータスに応じたマイルによりステータスの判断をしてましたが、2021年からは搭乗クラス、フライト目的地によるポイントを集計しステータスを判断することになります。

ポイントは利用便が地域内(大陸内)フライトか地域間(大陸間)フライトで決まります。地域は欧州、アジア、北米、南米、オセアニアが定義されているようです。
なので、日本からドイツへは地域間フライト、日本からタイへは地域内フライトとなります。

獲得出来るポイントは
地域内フライトはファーストとビジネス10ポイント、エコノミーは5ポイント
地域間フライトはファースト70ポイント、ビジネス50ポイント、プレミアムエコノミー20ポイント、エコノミーは15ポイント
です。

ステータスに獲得に必要となるポイントは、暦年内で
フリークエントトラベラーが160ポイント、セネターが480ポイント、HONサークルが1500ポイントになりポイント半数をルフトハンザグループのフライトでのポイントが必要になります。(HONサークルはすべてルフトハンザグループのフライトが必要)

こうみると地域間フライトの上級クラス、要するに長距離線のビジネス、ファーストを利用する人に厚遇している感じですね。

成田経由で集客できるか

成田空港に昔の賑わいを戻せるのか?

成田空港に昔の賑わいを戻せるのか?

来年のサマースケージュールからJALとANAも羽田発着の国際線が増え儲かる路線を成田から羽田に移管することになります。

JALは羽田移転により空いたスロットを新規開設路線に振り分け、成田に残留した路線を米国とアジアのハブ機能として強化する為に、スケジュールを調整していくとコメントしています。

中国系キャリアの躍進や直行化が進む昨今の航空事情の中、あえてハブ機能として成田を使います!と言うのを見て、成田空港に配慮?なのでしょうかなんかリップ・サービスみたいに聞こえるのは自分だけでしょうかね。

わざわざ利用者が成田経由にするには運賃が安いとか、サービスがものすごく良いとか、メリットになるものが無いと選ばれませんからJALが本気で海外でチケットを売ろうとしているのかちょっと疑問になります。

結局は利用者が少ないからと言うことでハブ機能とのダイヤ編成を諦めて羽田空港を補完する亜幹線路線やローカル線主体になるのでは?とちょっとひねくれた見方になってしまいます。

SWISSとSBBの提携で‘Flugzug’を拡大へ

SBB

SWISSとSBBの提携でますます便利に

スイスインターナショナルエアライン(SWISS)はスイス連邦鉄道(SBB)との業務提携を拡大し、2020年の早期にチューリッヒ空港駅からスイス国内の観光地であるベルン、ルツェルン、アンデルマット、インターラーケン、ツェルマットへの列車に対して、SWISSのフライトナンバー(LX)をを付して列車を航空機に見立てた‘Flugzug’を拡大することで合意しました。。

今までチューリッヒからバゼールとルガノ間の列車にLXナンバーを付したFlugzugを運航していましたが、来年からはチューリッヒからのSBBと一部私鉄列車にLXのフライトナンバーが付き、航空券の予約と同時に列車の予約が可能になります。
また、Flugzug利用時に駅でのチェックインについても検討していくとのことです

今回のFlugzugでは、アンデルマット、インターラーケン、ツェルマットへは乗換が必要になるのでどういう案内になるのか興味深いどころではあります。

スイスは鉄道、バスや船などの交通機関が協力する「スイストラベルシステム」があり乗継ぎなどが綿密に調整された世界一の交通システムになっており日本よりはるかに進んでいます。
今回の提携でスイス国内の移動がさらに便利になることでしょうね。

懐かしシリーズ南アフリカの”FLITESTAR”

FLITESTARのA320FLITESTARは南アフリカで1991年から1994年まで運航していたエアラインで、A320でヨハネスブルグを中心に国内線とナミビアへ飛ばしてしました。

当時、南アフリカはフラッグキャリアの南アフリカ航空(SAA)が独占しているなかで参入、FLITESTAR就航路線ではSAAとの競争もあり、航空運賃の引き下げに貢献したとも言われてます。

1994年3月にケープタウンで撮影しました。この翌月に運航停止しており最後で最後のご対面でした。
ちなみにこの日はSAAのA300でケープタウンからヨハネスブルグへ移動でA300までターミナルから徒歩移動に間に撮影しました。

滑走路延伸でターニングパッド?

先日、成田空港が現在2500mのB滑走路を北側に1000m延伸させて3500mにする計画を発表しました。
成田国際空港㈱のリリースを見てびっくりしたのですが、RWY16Lエンドにあたる北側からターミナルへ向かう誘導路が描かれて無いのです。

成田空港株式会社発表のリリースから抜粋

成田空港株式会社発表のリリースから抜粋


16Lから離陸する場合、RWYエンドまで今の2500m滑走路エンドにあるB-1から滑走路に入ってエンドまで1000mもタキシングした後、180度回頭して離陸するのでしょうか?
34Rに着陸してB-3で離脱できないとなるとエンドまで行って回頭?

まさかと思いますが、これやったら離発着に制限が掛りますから増便なんで無理な話ですよね。
並行誘導路がエンド近くまであったとしてもターミナルから16Lエンドはかなりタキシングすることになります。

今でも34Rに着陸してターミナル1の10番台のスポットに入るとなると延々タキシングしますからね。それがさらに伸びる訳です。

さらに三本目の並行滑走路を作ろうとしてますが、横風用の滑走路は造るのは諦めたのでしょうか?個人的に横風用滑走路は必須だとは思うのですが・・・できれば横風用に2本と平行滑走路2本の4本は欲しいところですが増便だけが目的で安全がないがしろにされている気がします。

ハワイアン航空増便で撮影が容易に

ハワイアン航空(HA)が羽田空港の発着枠を得たとで来年のサマースケジュールから増便し週18便になります。
18便ですから日2便の週3日と日3便が週4日となります。

現在のところ予定されているスケジュールは
HA863 HNL1300/HND1715+1 A330-200 Daily
HA457 HNL1510/HND1925+1 A330-200 Daily
HA855 HNL1745/HND2200+1 A330-200 月火木土

HA864 HND2015/HNL0830 A330-200 Daily
HA458 HND2120/HNL0935 A330-200 Daily
HA856 HND2355/HNL1215 A330-200 月火木土
となっています。
HAとJALはコードシェアも行いHA便にJL便名も付与されてますが、HA855/856は現時点ではコードシェアが設定されていません。独禁法除外申請が通らな方影響でしょうかね。

スケジュールに変更が無ければ来夏の日が長い時期に羽田でHAの到着が容易になります。HA863の到着が17:15なので夏なら夕日が機体を照らす感じになりそうな時間帯ですが、その頃は羽田空港へのアプローチが新しい南風運用での到着時間帯になりますからLDAアプローチでは撮れないのが残念です。
まあ昭和島あたりで撮れそうかな。

HA/HAL/ハワイアン航空 A330-300 N360HA

撮影しやすくなる?ハワイアン航空

【RJAA/NRT/成田】2019/11/2レポート(2)

RWY16Lだと車で横付け出来るのは良いのですが、どうしてもコレ!と言う機体が16Rに向かう事が多いので残念がることが多いのですが、この日はHondaJetが16Lに降りて来てくれたのは嬉しかったですね。

NH/ANA/全日空 NH2178 A321Neo JA135A

NH/ANA/全日空 NH2178 A321Neo JA135A

伊丹からやって来たA321Neoです。成田の伊丹便と言うと朝と夜と言うイメージですがこの時間帯にもあるんですね。

JL/JAL/日本航空 JL670 B787-8 JA844J

JL/JAL/日本航空 JL670 B787-8 JA844J

JALのドリームライナーは国際線がメインなので成田での遭遇率は高いです。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH8384 B777-200F D-ALFD

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH8384 B777-200F D-ALFD

カーゴなので16Rに向かうかと思ったのですが、16Lをアサインされました。

MU/CES/中国東方航空 MU521 A321 B-8861

MU/CES/中国東方航空 MU521 A321 B-8861

チャイナイースタンの上海線は羽田がメインで成田はローカル線扱い?なのでA321です。

UA/UAL/ユナイテッド航空 UA196 B737-800 N73278

UA/UAL/ユナイテッド航空 UA196 B737-800 N73278

グアムから到着したUAのB737です。グアム線はB747での間合い運用と言うイメージでしたが今はB737で運航しているだけでもマシですかね。

GK/JJP/ジェットスタージャパン GK108 A320 JA06JJ

GK/JJP/ジェットスタージャパン GK108 A320 JA06JJ

JL/JAL/日本航空 JL958 B737-800 JA321J

JL/JAL/日本航空 JL958 B737-800 JA321J

JALのメイン機材?B737-800が夕日を浴びながら到着です。

JL/JAL/日本航空 JL750 B787-9 JA833A

JL/JAL/日本航空 JL750 B787-8 JA833J

夏ならようやく日が傾き始める時間ですが、そろそろ冬至も近くなり日が落ちるのが早くなりました。

NH/ANA/全日空 NH494 B737-700 JA17AN

NH/ANA/全日空 NH494 B737-700 JA17AN

セントリアから到着したB737-700が夕日で綺麗に映し出されました。
さて、この後めぼしいフライトも無いので撤収あすることにします。帰りは成田ICから高速で帰ろうとするエアバンドから丁度RWY16RにKEカーゴがアサインされたのを聞き、インター近くで寄り道してみます。
KE/KAL/大韓航空 KE551 B747-8F HL7609

KE/KAL/大韓航空 KE551 B747-8F HL7609

KEカーゴを撮影してこれにて撤収です。
この時期はこの時間になると露出が厳しくなりますね。


その1へ> <飛行機の館へ

【RJAA/NRT/成田】2019/11/2レポート(1)

この時期になりとサツマイモや生もつを仕入れに栗源の道の駅まで行くことが多くなります。そのついでに成田でスポッティングということになりますが、この日はこの時期には珍しくRWY16使用でしたので、手軽に行ける16Lに行ってみました。

NH/ANA/全日空 NH934 B767-300ER JA625A

NH/ANA/全日空 NH934 B767-300ER JA625A

シャークレット付のB767はスタイルが引き締まった感じに見えて好きです。

UO/HKE/香港エクスプレス航空 UO848 A321 B-LED

UO/HKE/香港エクスプレス航空 UO848 A321 B-LED

キャセイ傘下になった香港急行(笑)が到着です。

HX/CRK/香港航空 HX608 A330-300 B-LNS

HX/CRK/香港航空 HX608 A330-300 B-LNS

続いてやって来たのは、元香港エクスプレス航空の親玉グループの一員の香港航空でした。同じグループ内で香港ベースのキャリアが2つというのは難しかったのでしょうかね。

NH/ANA/全日空 NH824 B787-8 JA801A

NH/ANA/全日空 NH824 B787-8 JA801A

ドリームライナーの初号機、801Aです。
普通のANAカラーになってしまってちょっと残念です。787のタイトル入りの方が良かったと思うのですが・・・

NH/ANA/全日空 NH820 B787-9 JA900A

NH/ANA/全日空 NH820 B787-9 JA900A

こうみると787-9は787-8に比べて胴体が長いのがよく判ります。レジもついに900番台に突入です。

GK/JJP/ジェットスタージャパン GK508 A320 JA12JJ

GK/JJP/ジェットスタージャパン GK508 A320 JA12JJ

BランだとLCCのアプローチがよく見られます。Aランから上がるLCCはちょくちょくありますが、Aランの下りは少ないですからね。

DL/DAL/デルタ航空 DL180 B767-300ER N156DL

DL/DAL/デルタ航空 DL180 B767-300ER N156DL

来年の桜が咲くシーズンには成田には来なくなるデルタ航空です。成田から姿が消えるとは想像出来ません!

NH/ANA/全日空 NH806 B787-9 JA899A

NH/ANA/全日空 NH806 B787-9 JA899A

スタアラカラーの787-9がやって来ました。

GK/JJP/ジェットスタージャパン GK304 A320 JA24JJ

GK/JJP/ジェットスタージャパン GK304 A320 JA24JJ

夕日の淡い日差しが銀色の機体に照らされて輝いて見えます。GKの24機目ですね。それにしても機体もかなり増えました

NH/ANA/全日空 NH834 B787-8 JA829A

NH/ANA/全日空 NH834 B787-8 JA829A

ANAの国際線ではキャパ的に使い勝手が良いのでしょうね。かなりの787が国際線に投入されている感じがします。


その2へ> <飛行機の館へ

HondaJetがやって来た

今日の午後は成田空港で軽くスポッティングしてきました。
この時期には珍しく南風(実際には東南東からの風でしたが)でしたので車に横付け出来るRWY16Lエンドに行ってみました。

午後なのでやってくるのは日系キャリアが中心になりますが、いい天気なので気持ち良く撮影できます。FR24でアプローチコース上の機体を確認しているとJA01HJが表示されてますが詳細情報を見ようとすると機体種別などの情報が表示されません。

エアバンドで確認するもコールサインはズバリ、「ジュリエットアルファ01ホテルジュリエット」です。
何だろなぁ~と構えて待っていると小さなBiz-Jetがやってきました。

JA01HJ Honda Jet

JA01HJ Honda Jet

おおー!Honda Jetじゃないですか!

いやー今日は良いものが見れて嬉しいです。

MRJ改めスペースジェットが苦戦している中HondaJetの販売は好調の様です。やはり身の丈にあった開発が功を奏したのでは無いでしょうか?
米国リジョーナルキャリア向けの100機のキャンセルを喰らい想像していた通りになってしまいました。うーん大丈夫なんだろうか?と心配になります。

くまモン効果?ラオス航空が熊本空港へ

QV/LAO/ラオス国営航空 QV441 A320 RDPL-34188

熊本に乗り入れるラオス国営航空のA320

ラオス航空(QV)が申請していた来年3月18日から、ヴィエンチャンとルアンパバーンから熊本への週2便ずつ運航する計画について乗入れが航空局から認可が下りました。

使用機材はA320型機で運航となりますが、なぜ熊本?と言うことになりますよね。

当初は、福岡空港への就航を予定していたようですが、福岡空港は混雑空港なことから希望する時間での発着枠が確保できなかったことと、QVが保有するA320の航続距離から熊本になったとの事。

熊本から関西や羽田への乗継ぎも可能になりますから、悪くは無い選択だとは思いますが後は利用客がどう判断するかですね。

ヴィエンチャン/熊本(水・土)
ルアンパバーン/熊本(月・金)

今日から成田空港の門限1時間延長

成田空港の夜景

成田空港の夜景

ウィンタースケジュールが今日から始まるのに合わせて成田空港の滑走路運用時間が1時間延長され23時までだった発着が0時になります。

これまで遅延により門限までに到着できなかったり、出発出来ない場合は着陸地変更や欠航となる事がありましたが、これで夜に成田空港を発着する便に余裕ができることになります。
特に機材運用がタイトなLCCにとってはこの1時間延長は嬉しいことでしょう。

ただ、以前からも伝えている通り羽田シフトが進んでおり、さらにデルタ航空の成田の乗入れ廃止など成田空港を取り巻く環境はかなり変化しており、開港からつまづきひっくり返た成田空港を未来に向けてどう活用していくか?の舵取りが重要になるでしょう。

なお、運用時間延長に合わせて京成線もダイヤ改正を行いました。
今回のダイヤ改正でスカイライナーの増発が行われ最大40分間隔だったのが20分間隔(夜間は30分間隔)となる一方、庶民?の味方だった20分毎の京成線経由特急が減便され、停車駅の多い快速になりました。(快速は佐倉で成田始発の快速特急に接続)

成田始発の快速特急は空港からの利用者で京成線特急が混雑しており、色々と問題にもなっていますから、京成としては空港利用者はスカイライナーやLCAB(ローコストエアポートバス)の東京シャトルを使って欲しいと言っているのでしょう。