Category: 航空



懐かしシリーズ”オリンピックと言えばIOC”

2020年の東京オリンピックが近づいていますが、オリンピックと言えば「国際オリンピック委員会」ことIOCですが、本部はスイスのローザンヌです。
そのお膝元で運航するスイス航空のA321にレジがIOCと言う機体があり、この機体にオリンピックロゴを付けていた時期がありました。

HB-IOC

SR/SWR A321 HB-IOC

HB-IOCはスイス航空からスイスインターナショナルエアラインズに引き継がれ今でもチューリッヒから欧州各地へ飛んでいます。
流石にオリンピックロゴはありませんが・・・

さよならAMEX

今日、AMEXから届いた「サービス改定」のお知らせ。
「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスゴールドカード」がいよいよ終わりを告げます。

サービス改定のお知らせ

サービス改定のお知らせ


デルタと言えばマイル加算を搭乗距離から航空券代金による加算方式にいち早く移行したプログラムです。

日本におけるデルタのマイレージサービスは国内キャリアに比べて劣勢なことから、日本アメックスで
「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスゴールドカード」を保有すれば、自動的にデルタのゴールドメダリオン資格が得られるサービスを展開してきました。

カード保有だけでゴールド資格が得られると人気?のカードでしたが、流石にデルタへ支払う負担金に絶えられなくなったのか?
6月26日からカード入会から2年目以降、カードの利用金額が100万円以上150万未満はシルバー、150万円以上でゴールド資格の継続と金額に応じて、スカイマイルのメダリオン資格が得られるようになります。

まあ、カード利用を全てAMEXに名寄せすれば年間150万円位にはなりますが、流石に15000マイル相当をデルタで貯めても・・・という事もあり来年の11月をもってゴールド資格が無くなると同時にAMEXからさよならすることになりそうです。

クレジット会社もグレーゾーン金利で稼いでいた利益が得られなくなってどこもサービスの改定とかでコスト削減に走っています
こうやって利用者のメリットがどんどん失われていき、特に高い会費を払っているカードは当然、切られますから来年以降、結構な会員減になるんじゃないかな。

ゴールド資格の内に北米経由でどっかに行こうかな・・・

スカイマークがサイパンへ

BC/SKY/スカイマーク BC934 B737-800 JA73NG

サイパン線を開設するスカイマーク

デルタ航空がGW明けにサイパン線から撤退して、成田~サイパン線は定期便が無い状況になりました。

サイパンと言えばお手軽なリゾート地として人気があったのですが、このところは中韓からの旅行者が多くなり日本からの旅行者が少なくなったこともあり運休となってしまったのですが、やはり日本からの旅行者は現地としても欲しいところです。

現地からのラブコールにスカイマーク(BC)が応え、12月から日本とサイパン間でプログラムチャーターを実施し、来年5月には成田(又は羽田)~サイパン線のデイリー運航を計画していことが明らかになりました。

まあ当然、機材はB737-800となることでしょうが、先日BCは大型機材の導入を検討しているとの発言があったのはこのサイパン線計画があってのことだったのかも。
B737-800ではちょっとキャパが少ないですからね。

懐かしシリーズ”ソビエト製の名機?IL62”

アエロフロートロシア航空のIL62

アエロフロートロシア航空のIL62

ソビエト製飛行機が姿が消しており、ロシアに行ってもソビエト製の飛行機を見るのは難しくなっています。
1990年代までは成田にも定期便でIL62が飛んで来ていました。IL62が離陸する時は黒煙を吐きながら3000M滑走路を目一杯使って離陸する姿が印象的でしたね。

そんなIL62を大切?に使っているのが今注目の北朝鮮で、金ファミリーが使うIL62は綺麗に磨きだされているとか。
ただIL62の交換部品を入手するのはかなり困難だろうと言われており、米朝首脳会談が開かれるシンガポールまで飛べるのか?と言うを、口が悪い大臣が言ってましたが・・・

個人的にはIL62はソビエト製の旅客機でも名機だと思うんですよね。
だってモスクワから成田まで直行出来る性能を持っているんですよ。当時ソビエト製旅客機で長距離を飛べるのはIL62だけでしたから旧東側諸国や同盟国の政府専用機としてIL62は重宝さえていましたから・・・

JALがLCC子会社を設立へ

JQ/JST/ジェットスター JQ24 B787-8 VH-VKF

ジェットスターと同じB787で就航するJALのLCC

JALが正式にLCC子会社の設立を発表しました。
既に報道が合った通り、中長距離線を運航するLCCとして2020年夏の運航開始を目指して準備を進めます。

使用機材はB787で300席程度になる計画で、B787は新造機かJALからの移籍機のどちらかになるかは未定との事ですが、これから発注となると運航開始まで間に合うか微妙ですから、JALからの移籍になる方が現実的でしょうね。

就航先は明かされてませんが、観光需要が多い地域になると思います。
欧州だとローマやジュネーブ、ウィーン、北米だとラスベガス、コナあたりかな?と勝手に予測しています(笑)

B787を使うと言うので、JALとしてはQF主導の(豪)ジェットスターやSQ主導のスクートあたりをなぞっているのかなと思いますが、中長距離でLCCに向いている機材としてはB777では大き過ぎるの中型機で丁度よい大きさなのでしょう。

近距離線はジェットスター・ジャパン(GK)を引き続き運航していき相乗効果を狙うとの事ですが、ちょっと息切れ気味のGKをどう立て直すか?
新しいLCCがどう動くか?
2020年は色々と動きがありそうです。

【RJTT/HND/羽田】2018/5/6撮影レポート(2)

京浜島で撮影していると、釣り道具を用意している人達が居たのですが仕掛けを見るとサビキ仕掛けです。うーんココでサビキじゃ・・・釣れないよなぁ

BIZ-Jet  Gulfstream  HB-JKI

BIZ-Jet Gulfstream HB-JKI

スイス国籍のガルフストリームがやって来ました。FR24で見るとジュネーブから直行で飛んで来たようです。

NH/ANA/全日空 NH90 B787-9 JA830A

NH/ANA/全日空 NH90 B787-9 JA830A

石垣空港からの直行便がドリームライナーでやって来ました。一度石垣空港で撮影してみたいものです。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G24 A320 JA05MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G24 A320 JA05MC

ブラックでシックなスターフライヤーです。

NH/ANA/全日空 NH218 B787-9 JA839A

NH/ANA/全日空 NH218 B787-9 JA839A

欧州帰りのドリームライナーはRWY22に降りて来ました。

JL/JAL/日本航空 JL120 B767-300ER JA615J

JL/JAL/日本航空 JL120 B767-300ER JA615J

「西郷どん」とのタイアップタイトルの767が来ました。この後、雲がやって来て太陽を遮ってしまいました。

JL/JAL/日本航空 JL316 B777-200 JA8979

JL/JAL/日本航空 JL316 B777-200 JA8979

サムライブルーがやって来ましたが、曇ってしまいました。
おーい、次はSQなんだよー

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMB

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMB

なんとか晴れてくれてないかなぁ~と祈ったら少し明るさが戻って来ましたが、まだまだ弱いですね。うーん残念。
で。SQが降りた後、晴れたのは言うまでもありません。

BC/SKY/スカイマーク BC934 B737-800 JA73NG

BC/SKY/スカイマーク BC934 B737-800 JA73NG

おお、ヤマトジェットが来ました。スターボードなので古代守と森雪のツーショットです。

BC/SKY/スカイマーク BC514 B737-300 JA73NT

BC/SKY/スカイマーク BC514 B737-300 JA73NT

続いてやって来たのは下町ボブスレーです。
そう言えば、結構下町ボブスレーはオリンピックで使われなかったんでしたっけ?

JL/JAL/日本航空 JL908 B777-300 JA752J

JL/JAL/日本航空 JL908 B777-300 JA752J

さて、このワンワールド塗装の後は目ぼしい機体は降りてこなさそうなので撤収することに。
これで今年のGWは終了です。


その1へ> <飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2018/5/6撮影レポート(1)

ゴールデンウィークの最終日、天気も良かったので羽田空港へ出掛けて来ました。あれ3日も行かなかったっけ?

流石に最終日とあって、GW期間中は満車が続いていた駐車場もかなりの空きスペースが有るようだったので車で出掛けターミナルビルからまずは撮影することに。

BC/SKY/スカイマーク  B737-800 JA737Y

BC/SKY/スカイマーク B737-800 JA737Y

スカイマークのB737が上がっていきました。

BC/SKY/スカイマーク BC717 B737-800 JA737Q

BC/SKY/スカイマーク BC717 B737-800 JA737Q

BCのB737でレジの末尾がローマ字1文字の機体は導入が比較的早かった機材ですねね。

AF/AFR/エールフランス AF279 B777-200ER F-GSPB

AF/AFR/エールフランス AF279 B777-200ER F-GSPB

午後の欧州便としてAFが出発していきました。

CA/CCA/中国国際航空 CA182 A330-300 B-5901

CA/CCA/中国国際航空 CA182 A330-300 B-5901

AFに続いてCAが離陸していきます。

JL/JAL/日本航空  ERJ190 JA243J

JL/JAL/日本航空 ERJ190 JA243J

ERJ190が軽やかにテイクオフして行きました。後方にRWY22へ向かう機体が写っています。

JL/JAL/日本航空 JL555 B767-300ER JA656J

JL/JAL/日本航空 JL555 B767-300ER JA656J

「行こう九州へ」にスペマ機材ですがこの便は九州では無く秋田行でした(笑)

JL/JAL/日本航空 JL283 B767-300ER JA652J

JL/JAL/日本航空 JL283 B767-300ER JA652J

珍しく出雲行のJLがRWY16Rから離陸です。軽い?からか直ぐに上がりギアアップしてライトターンして行きました。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH717 B747-8 D-ABYS

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH717 B747-8 D-ABYS

今日のルフトは旧塗装の機材でしたが。やはろジャンボの離陸はカッコ良いですね。
この後到着するVNとSQのA350狙いの為、京浜島へ移動しました。

つばさ公園はBBQする人達で賑わってましたね~

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A893

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A893

良かった京浜島に着いて直ぐにVNはAPPからTWRにハンドオフされてやって来ました。レジがヤクザですね

JL/JAL/日本航空 JL46 B777-300ER JA733J

JL/JAL/日本航空 JL46 B777-300ER JA733J

KEI Jetが到着です。京浜島のギャラリーからもKEIだ!と言う声が聞こえてきました。


その2へ> <飛行機の館へ

JALがLCC子会社を設立?

JP/JJP/ジェットスター/ジャパン A320 JA07JJ

ジェットスタージャパン

JALが中長距離線を運航するLCCの運航子会社を設立しようとする動きがあることが報道され、結構話題になっています。ANAグループのLCC再編の話が出て、JALがLCC設立と言うのですからね。

JALはカンタス航空と共同とJetstar japanを立ち上げていますが、国内線と近距離国際線だけで中長距離路線はJetStarが受け持つよになっているので、JALとしては影響力のある新会社で中長距離をやりたいと言うことだと思います。

まあJALとしてはカンタスみたいに、リゾート路線をLCCに移管して運航コストを下げたいと言うことなんでしょうかね。
昔、JALはリゾート路線をタイベースクルーを乗務させるJAZを設立して移管した事がありましたが、JALのつもりがJAZで日本が上手いタイ人クルーでもやはり乗客からは不評だった事でそう長くは続かなかった事がありました。

リゾート路線はどうしても収益性が低く、JALに限らずどのキャリアもなんとかして収益改善を図ろうとしていますが、最近はLCCへの移管と言うキャリアが増えてますからね。

今回、JALが考えている中長距離線向けのLCCもそういった路線を切り離そうしているのかな?と思ってしまいました。
いくらなんでもニューヨークやロンドンなど収益性が高い路線にLCCを投入する筈は無いと思うのです。もしロンドンにしてもガトウィックとかになるとは思いますが、コスト的にどうなんでしょう・・・

まだ正式な発表では無いのですが、株主総会も近い筈ですから近い内に正式な発表があるかも知れませんね。

【RJTT/HND/羽田】2018/5/3撮影レポート

今日は政府専用機が中東から帰って来るとのこと。朝はILSでしたがお昼頃からLDAアプローチになり、これは中防大橋で撮れるゾと言うことで出掛けてみました。

しかし中央大橋に向かっている最中にJapanese Airfoce Oneがアプローチにコンタクトしてきましたが、アサインされたのはLDA-RWY 23でした。
あちゃーそっちかい。南方コースかと思いきや北方コースだったのですね。

JL/JAL/日本航空 JL118 B767-300ER JA622J

JL/JAL/日本航空 JL118 B767-300ER JA622J

今日は南風が強く結構煽られる機体も多かったです。

JL/JAL/日本航空 JL258 B737-800 JA316J

JL/JAL/日本航空 JL258 B737-800 JA316J

時折、太陽が姿を見せたりしましたが、直ぐに雲に隠れたりと光線状態は良くなかったです。

NH/ANA/全日空 NH646 B767-300 JA8971

NH/ANA/全日空 NH646 B767-300 JA8971

JAF1はRWY23に降りてしまい、意気消沈で撮影します。

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A897

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A897

VNのA350-900はスカイチームカラーのA897でやって来ました。
スタラカラーやワンワールドタイトル機は日本でもお馴染みですが、スカイチーム塗装となると遭遇率が低くなりますから貴重です。

JL/JAL/日本航空 JL314 B777-200 JA8979

JL/JAL/日本航空 JL314 B777-200 JA8979

特別塗装指定機のJA8979ですが、今はサムライブルー塗装してサッカーの応援機となっています。

NH/ANA/全日空 NH864 B787-8 JA815A

NH/ANA/全日空 NH864 B787-8 JA815A

787タイトルのドリームライナーも今後は姿を消していくので今のうちに撮りためしておこないと・・・

//kaluair  B767-300ER VP-BKS

Kaluair B767-300ER VP-BKS

リヤドから飛来したKaluairのB767-300ERです。VIPではなさそうなので中東訪問の関係者フライトだったのでしょうかね。

NH/ANA/全日空 NH90 B787-8 JA810A

ノーマルなANA塗装なったドリームライナーです。

NH/ANA/全日空 NH28 B787-8 JA821A

NH/ANA/全日空 NH28 B787-8 JA821A

午後から晴れる予報でしたが、雲が多くときおりかなり暗くなってしまう時があり撮影には条件が悪かったですね。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMF

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMF

最後にSQのA359で〆ます。今日は10,000Th エアバス機スッテカー付きのSMFでした。

羽田空港に行けば政府専用機を撮影出来たのでしょうが、今日はLDA22だと思っていたのでそこまで気が回りませんでした。
これはちょっと残念です。
B747-400の政府専用機も退役まであと僅かですから次回のオペレーション時には撮影したいですね。


飛行機の館へ

神業

先日、品川のキヤノンギャラリーで5/26まで開催されている、航空写真家LUKE H.OZAWA氏の写真展「GLORIOUS」を見てきました。

LUKE氏とは、2015年にセントマーチンに行った際にマホビーチでお会いしたことがあります。
会場にはLUKE氏も来られていて、作品の解説などなど大忙しのようでした。

作品を見てタイトルの通り「神業」だなぁ~と思いながら見て回りました。
特にLUKE氏が1番の出来きと言われていた旭川空港で撮影された離陸するB737に虹が降り注ぐシーンはホント幻想的でした。
まあ自然現象なので、狙ってもなかなか撮れないものでしょうが、そこはやはりプロになると持っているが違うのでしょうかね(笑)

まあ流石、プロと思わうような構図やシーンばかりで自分の写真だとこうは行かないよなぁ~と

入場無料ですからお近くならぜひ訪れてみて頂きたいですね。

2018/4/30 JL378 KKJ/HND

今回、山口からの帰路は北九州空港(KKJ)からJL便となりました。出来れば宇部山口からのフライトが取れれば良かったのですが、空いていたのがKKJからの便だったので、新山口から新幹線で小倉へ移動し、日豊本線で朽網駅で下車します。

朽網駅からバスでKKJへ向かいますが、乗車したのは自分だけでした。まあKKJへは小倉駅からのリムジンバスって言うのが普通ですからね。

自動チェックイン機でチェックインする際にクラスJの空席待ち登録をしておきます。呼出番号はB3なのでまあ難しいかな。

JL378は使用機材の羽田出発が遅れた関係で定刻20:55発が21:00発に変更となっています。
まあターミナル内でゆっくり夕食を済まして、保安検査を済まして制限エリアに向かいます。

ラウンジでゆっくりしても良かったのですが、ラウンジ内が混雑しているので適当にドリンクを頂いてゲート前で待つことに。
Jクラスキャンセル待ちの呼出があり、B3の自分も呼ばれます。どうやらプライオリティが高いAグループが居なかったからか3番目でも呼ばれました。

でも窓側の2Aが空いているが、リクライニングが壊れているが良いか?と聞かれ、窓側なので了承してJクラス料金の1000円を支払います。(あとから考えればリクライニングしなければ止めても良かったカモ)

今日の機材はJA302Jです。HND出発時に機体を確認した際に302ならもしかして国際線機材なんじゃない?と言うことでJクラスにしたのですが、搭乗してガッカリ。国内線仕様でした。

搭乗が完了しドアクローズしたのは21:05でプッシュバックが21:07と12分遅れでゲートを離れます。JAL378の後にはSFJ92が続いてRWYに向かいます。

RWY36から離陸したのは21:17です。
離陸後はWi-Fi接続してFR24で自分の場所を確認すると四国上空を瀬戸内海を見ながら東に向かいます。
機内サービスが始まりスカイタイムを貰い夜景を眺めていると神戸から大阪の街並みが良く見えました。

羽田のアプローチをコースを見るとかなりのフライトが鴨川沖から千葉県上空に飛んでいます。西からの到着機も続いており、JL378も伊豆半島手前の上空でディセンドが始まり到着機の流れにJL378も乗ります。
JL378に続いてSFJ92も続いており、JL378がFLT270でSFJがFLT310でしたので抜かれるかなと思いましたが順序通りの様です。

鴨川上空からLDA RWY22アプローチコースに乗り千葉市内で旋回して東京湾を中央防波堤に向かいます。

そのままビジュアルでRWY22には22:36にランディング。スポットは3番との事でちょっとタキシングが長くなりスポットインは22:45で定刻から20分遅れとなりました。

懐かしシリーズ”JAのDC-10”

農協航空?

JA8535

JAA/EG/日本アジア航空 JA8535 DC10-40


JAA,
日本アジア航空って言うのがありましたが、もう遥か昔の話の様な気になります。

日本航空の台湾線運航子会社として設立した訳ですが、専用機材に加えJALとの共用機材があり、機体のカラーリングはJALグループですが、JALでもJAAでも使えるようにJAしか書かれていませんでした。

なので農協航空って揶揄されたり(笑)
懐かしいなぁ

KIX/TPEビジネスクラス往復68,000円

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 A350-900 B-LRN

キャセイパシフィック航空のA350-900でTPE

キャセイパシフィック航空(CX)は4月26日から7月10日までの間、KIX/TPE往復ビジネスクラスが68000円(諸税、燃料サーチャージ別)のキャンペーン運賃を発売します。

予約クラスはIクラスで旅行期間は5月17日~7月31日(7/14発を除く)で最低旅行日数は2日、最長は1週間となります。
スケジュールは
 KIX/TPE CX565 16:20 18:20 A330又はA359
 TPE/KIX CX564 11:00 14:50 A330又はA359
となります。
日本発としてはちょっと使いづらいですが、A359の運航便なら悪くはないかな。

ノックスクートが成田/バンコク線を開設

XW/NCT/ノックスクート XW918 B777-200ER HS-XBC

ノックスクートのB777-200ER

いよいよと言うがようやくと言うのか?ノックスクート(XW)は6月1日から、成田/バンコク(ドンムアン)線をデイリー運航で開設することになりました。

いままでスケジュールチャーターなどで日本へ乗り入れていましたが、日本への定期便の開設は今回が初めてとなります。
使用機材はB777-200型機で運航となり、
XW102 DMK 2:20/NRT 10:25
XW101 NRT 13:55/DMK 18:25
のスケジュールとなります。

現在運航中のスクートによる運航も継続されるのでノックスクートグループとして日2便就航することになります。

就航を記念したセールが本日4月23日16時から4月25日23時30分まで成田~バンコク間片道9500円~+諸税、ScootBiz (ビジネス)22900円~+諸税で販売されています。
この値段ならグラっときますね~
まだ空きがありますからポッチとしちゃいそうです(笑)

シートベルトは常に締めよう

WN/SWA/サウスウェスト航空 B737-700 N952WN

サウスウェスト航空のB737-700型機

18日、サウスウエスト航空1380便ニューヨーク発ダラス行きのB737-700型機(N772SW)がペンシルベニア州上空を飛行中に第1エンジンが爆発し、緊急事態を宣言をしてフィラデルフィア国際空港に着陸する事故が発生しました。

エンジンが爆発した際に客室の窓ガラスが割れ、客室の急減圧が発生して窓側座席に座っていた乗客が減圧の流れに巻き込まれた吸いだされた形となり、他の乗客が必死にとりとめなんとか機内に連れ戻したが残念ながら亡くなられてしまいました。

死亡者が発生したのは残念です。

今回の事故で亡くなられた方はシートベルをしてなかったのでは無いかと言う報道がありました。
事実なのかは判断つきませんが、もしシートベルトを締めていたら減圧の際に機外に吸い出される様な事にはならなかったのかも知れません。

※1988年に発生したアロハ航空の事故では大きく機体が破損した際に、シートベルト着用中だったので着席してた乗客は生還(客室乗務員1名が死亡)しています。

シートベルト着用サインが消えたから言って外すのでは無く、必要なときだけ外すと言うのはが身を護る為には必要ですね。

航空事故に遭う頻度は昔に較べて減ってはいるものの今回の事故はシートベルトの重要性をあらためて思いました。