懐かしシリーズ”AIRMICのB747-200”

コンチネンタル・マイクロネシアB747コンチネンタルが成田~ホノルル~ヒューストン線を開設したものの、ホノルル~ヒューストン間が需要低迷から運休となった後、成田~ホノルル間がコンチネンタル・ミクロネシア航空(CS)通称、エアーマイクに移管された時期がありました。

それまで成田にやってきたB747はコンチネンタル航空タイトルでしたが、Mirconesiaタイトルが付加された正調タイトル?になったB747を見た時はちょっと驚きましたね。

ホノルルの間合いで成田~グアム線にもB747が投入されたような記憶もあるのですが、ちょっとそこは曖昧ですが・・・

DC10やB727で日本とグアム・サイパンを飛んでいたエアマイク。グアム~シドニー線を開設した時は安くオーストラリアに行けると人気がありましたね。

エアマイクのB727でグアムからチューク(トラック)やパラオまで乗ったのもいい思い出です。

コメントを残す