ルフトハンザグループ40機導入へ

ルフトハンザグループはB787-9とA350-900をそれぞれ20機づつ発注することを発表しました。

4発機のリプレイス、運航コストの引き下げが主な目的で納入は2022年から2027年となります。
グループキャリアにこれらの新造機が割当られるかが今後決定するとの事で、大半が長距離線や4発機を保有するルフトハンザ、SWISSに大半が配分されると思われます。

個人的にはSWISSに5機残るA340-300がA350-900にリプレイスされのでは?と思っています。
B787-8はルフトハンザでは初めての導入となります。

一方、ルフトハンザで運航している、14機のA380のうち6機がこの機材導入によりリタイアし売却することも決まりました。

A380は先日、製造打ち切りが決まったばかりで行く末を案じてましたがA380を早くから導入して日本線に投入していたルフトハンザが全面撤退では無いですが、半数を減じるのはビックリです。

残念ですがやはりA380は効率が悪いのでしょうかね。

LH A380

数を減らすことになるLHのA380

コメントを残す