【イイダコ】富津港小坂丸

我が家の秋の風物詩「イイダコ釣り」に出掛けてきました。前日に富津港の川崎丸にTELすると満船で隣の鹿島丸にTELすると満船で、小坂丸を紹介され、予約しました。

今日は、同行する娘に朝4時に起こされ出発。アクアラインを通って金田から下道で富津港には6時少し前に港の船着場に到着し、船長に挨拶して左舷のトモ側に入ることにしました。
料金を払い、テンヤを借りますが、持参してきたキス竿とアナゴ竿を見て竿が硬いから、子供さんは穂先の柔らかい貸竿でやんなと竿を貸してくれました。

今日は、家族釣れが多く、他に3組の家族釣れと常連さんの総勢16人で6時20分に出航しました。今日は天気も良く、凪で対岸には富士山も見えてます。
出航していく川崎丸はミヨシの突き出しまでびっちり乗船していて、我々とは雲底の差があります。こういう日は空いている船の方」が分け前が大そうですから、ちょっと良い気分に

港を出て5分程の水深5mダチで開始となりましたが、周りの様子から乗りは散発的のようで、ポンポン釣れる富津のイイダコのイメージだったのですが、こりゃ今日はやばいか?と不安がよぎります。

底を小突くようにするのですが、娘は良く着底した感触が掴みにくいようで、糸がフケたりするので注意しながら小突くのでどうもペースが狂います。
それでも、船中でポツポツ上がり、自分も竿先が重くなってくるのが判りアワセると乗りました!

船長も竿を出して釣りをしていて、イイダコを釣り上げています。空いている船だから出来るのでしょう。そのわりには意外と面倒見が良くて釣れない人にアドバイスをしながらやってます。

ポツーンポーツンとイイダコの乗りがあって、少しずつですがアミカゴにタコが入り始めましたが、娘は全然ダメで始めて釣れたのは、自分が7匹目上げた時にようやく1匹目を釣り上げましました。

9時近くに浅場の3mダチに移動すると、底が見えてテンヤが位置が判ります。船長が小突かないで、底から1cm位テンヤを上げておくとタコの乗りが判るよと言われ、そのとおリにすると、底のテンヤに黒い物体が覆いかぶさったのが見え、合わせると乗りました。
ただ、次第に乗りが悪くなり、移動した時は釣れるのですが、後が続かないパターンです。

常連さんは、今日は乗りが悪いと言いながらポツポツ釣っており、手元に手押しカウンターがあって釣れた度に押しています。なるほど、これなら頭で数を覚えておく必要が無いから楽なだな~と関心しました。

10時を過ぎさらに乗りが渋くなり、あっちこっち移動したりしますが、芳しく無い状況で、どうも悪いパターンだなぁと思いつつ、小突いたりしたりし色々試してみるのですが・・・

常連さんと船長が何か話していて、後1時間ちょっと行ってみるとかと言い、沖に出ます。
富津岬先の第一海堡近くで流して見ると、潮の流れが良いのか?今までの不調の嘘のように、船中で上がり始め、娘を連続してイイダコを釣り上げたりしました。
ココでは良型が良く混じり、おおきいと子供でも乗りが良く判ります。

娘のテンヤに2匹イイダコが乗っていた事もあって、早くからこのポイントで数を稼げればなーと常連さんがつぶやくの聞いて、ウンウンと頷いてしまいます。

自分のココで稼ぐことが出来て12時の沖上がりの時点で、娘が8匹、自分が33匹で計41匹となりました。常連さんは70匹で、今季ワーストワンの釣果だそうです。
12時半に帰港となり、子供達には船長がお土産に船長が釣ってストックしてある冷凍イイダコを配ってくれました。
帰宅後数えてみると冷凍イイダコは20匹入っていて、合計で61匹となり充分な数となり、釣った数にはちょっと不満のあるもののまずますの一日になりました。

【船宿】小坂丸
【料金】大人7000円、小学生低学年4000円
【仕掛け】 イイダコテンヤ(貸出)

コメントを残す