【RJOO/ITM】2011/2/12撮影リポート

「関西に煙りを求めて」の旅で、短時間ではありますが、2/12に伊丹空港に立ち寄って撮影してきました。
昼間のトラフィックが少ない時間帯だったのですが、やはり伊丹は撮影するのが楽しい空港です。
いつものように、阪急曽根駅から電動アシスト自転車で伊丹スカイランドでやってきました。単純にココが目的地の場合は、伊丹駅で自転車を借りて来た方が近いのですが、32エンドの千里川土手へ行くことを考えると曽根駅の方が便利です。


伊丹空港の場合どうしても小型機が中心の写真になってしまいますが、滑走路までの間近まで寄れるのでA320といえども結構迫力の離陸・着陸シーンが撮れます。

Canon Eos50D EF70-300 DO IS USM F5.6 1/640 110mm


羽田ではなかなかお目にかかれない、JALのエンブラエル
170もちょくちょく飛来するのも嬉しいです。

Canon Eos50D EF70-300 DO IS USM F5.6 1/640 110mm


伊丹空港も2本滑走路がありますが、パラレル運用になっていなかったような気がします。たまたまなのか、JALのエンブラエルが離陸するときに、ターミナル側の短い滑走路にJACのSAAB340が着陸してきました。

Canon Eos50D EF70-300 DO IS USM F5 1/640 160mm


前回、去年の8月に伊丹にやって来たときにもガンダムジェットを見ました。
伊丹と縁があるのかな?この日は横風が強かったので、設置位置がどの機もバラバラでしたね。

Canon Eos50D EF70-300 DO IS USM F5.6 1/800 160mm


このA320は着陸の際に、ギアが滑走路に接地した際に白煙がでなくて、すぅーと着陸してきました。白煙があがるシーンを撮影しようとしていたので、これにはビックリ。相当技量の高い乗務員だったのでしょう。

Canon Eos50D EF70-300 DO IS USM F4.5 1/800 80mm


伊丹来たときには晴れていた天候がこのJAL機を撮影したあたりから急に曇りだしパラパ霙らしきものが降ったりやんだりになりました。
露出も厳しくなってきたので、SSを落として流し撮り風にしてみました。

Canon Eos50D EF70-300 DO IS USM F7.1 1/200 70mm


黒い雲が空港上空を通過したのでまた太陽の光が差してきました。ANAカラーのDASH8も伊丹ではちょくちょくやって来ますが、羽田では三宅島線でした見ることが出来ませんからね。

Canon Eos50D EF70-300 DO IS USM F5.6 1/400 150mm


そろそろ羽田発の便が来る頃だと待っていますと、大型機のアプローチが見えてきました。今日はエアバンドを持って来なかったので、いつ来るか判らないのが辛いところです。
この便は、スタアラカラーのB777がやってきました。

Canon Eos50D EF70-300 DO IS USM F5.6 1/500 70mm


一時晴れ間がでたと思えば、再び雲が掛かってきました。
羽田に戻るガンダムジェットの離陸を見届けた後、腹も減ったことなので、昼食をだべて千里川の土手へ向かうことにしました。

Canon Eos50D EF70-300 DO IS USM F8 1/500 185mm


近くの食堂で食事をして店を出たらポツポツと雨が降ってきました。コレくらいなら大丈夫だろうと32エンドに到着すると、ランウェイライトが点灯しており、視界が悪くなっているようです。雨も次第に強くなってきて、これは濡れてしまうと、1機だけ撮影して撤収することにしました。

Canon Eos50D EF70-300 DO IS USM F5.6 1/800 240mm


雨が降りだす中、急いで駅に戻り自転車を返えして、ドラッグストアでビニール傘を買っていると、晴れだしてきました。うーーんこれならどっかで雨やどりしていれば良かったなぁ



飛行機写真の館に戻る

コメントを残す