【オニカサゴ】(1/13)富津港「川崎丸」

今日の釣果

今日の釣果

今年の初釣りは「タチウオ」をと考えていたのですが、年末に観音崎沖で釣れていた良型タチウオが年明けと共に消えてしまい、小型のタチウオが久里浜沖でポツポツ釣れる程度になってしまいました。

さてどうしたものかと思案していると、年末にマダコで乗船した富津の川崎丸がオニカサゴとタチウオのリレーで出船しており、タチウオがダメならオニカサゴと言うことで、出かける事にしました。
もしかすると、観音崎のタチウオが復活するかも・・・と淡い期待をしながら、朝4時に起床して、車を富津へ走らせます。
5時50分に船宿に到着して受付を済ますと、またしてもビリッケツでした。皆さん気合入ってます。

左舷ミヨシ2番に入り準備をします。
6時半に用意が出来たので、出船となり船は航程20分程で観音崎沖に到着。あれ、タチウオのポイントじゃない?ココにオニカサゴも居るの?と思ってしまいましたが、船長いわく数が出るポイントだそうです。

餌を付けて投入します。水深68mで底から1m程タナを切ってアタリが出やすいように誘いながら、ラブコールを待ちますが、来ません。
なんやら反対側で、クロアナゴが出たそうです。その後、ひったくるようなアタリがありましたが、どうやらアナゴのようでした。

数が出るポイントと言うのですが、オニカサゴは全然上がらず、船長もボヤキが入ります。
1時間程流してみましたが、顔を見ること無く移動となりました。

少し南下して久里浜の発電所が見る場所にやってきました。
潮が流れているようで、隣のミヨシの人が立て続けにオニカサゴを上げました。サイズは25cm~30cmクラスで東京湾だとアベレージサイズ?

自分も欲しいなぁと思いながら底トントンをしていると、竿先にアタリが出ました。1回めのググッグで少し聞き合わせて2回のググッグと来た所でアワセながら巻き上げるます。
電動を中速にして巻き上げますが、あまり抵抗が無いので外れたか?と思ったのですが、天秤の先に赤い魚が付いてました。
船長にタモ取りしてもらいましたが、25cm程のオニカサゴでした。

どうやら喰いが立ったのか、自分に立て続けにアタリが出て、このポイントでは28cm程のオニカサゴを計3匹GETすることが出来ました。
ミヨシの人は5匹も上げて、左舷側はココで全員が顔を見たのですが、右舷側がさっぱりでした。こういう事もあるんですね。
10時近くまで久里浜沖で粘ったのですが、その後は型狙いで更に南下して沖のポイントへ。

大型が出ると言うポイントを流しましたが、外道すらアタリが無く時間だけが過ぎていきます。
さらに水深120m程の深場を狙ったのですが、ここでも船中で1匹が上がっただけで自分にはノーシグナル。まあ小型ながら3匹上げているのですが、まだ船中にはボウズの人も居ます。

午後から上げ潮になるので、再び観音崎沖のポイントに移動します。
お昼の潮止まりから上げ潮になるらしく、上げ潮で実績のあるポイントだったので、気合?を入れてやってきたのですが、困ったことに潮が流れず、やっっと流れ始めたけどもアタリは来ません。船長もボヤくしかありません。

アタリが出始めれば、沖あがりを延長して狙うよと船長も何とか釣らせようと、流しを変えてみたりと頑張ったのですが、ココでも船中で1匹上がっただけで、14時15分まで粘ったのですが、好転すること無く、船長もため息の沖あがりとなりました。

小型で型的には残念ですが、船中で0の人も居たので、3匹ゲットしているだけでも良かったと思わないとダメですね。
それにしてもタチウオが不調なのが痛かったです。復活すればタチウオは釣りたいなぁ~

[船宿]富津港川崎丸
[仕掛け]オニカサゴ2本針仕掛
[オモリ]100号
[料金]10000円(餌・氷付)

コメントを残す