12/22【夜ムツ】安房勝山港・萬栄丸

9月21日のイイダコ以来、3ヶ月ぶりの釣行です。この間に何回か釣行計画をしていましたが、天候不良で中止になってしまいました。今回も当初は20日金曜日に計画していましたが、低気圧接近で22日に延期しました。

夜ムツの場合、天候に左右されて出船出来ない場合も多く、むか~しは保険の為に午前船に乗ってから夜ムツと言うダブルヘッダーもしたものですが、流石にそのような体力も無きなりましたが、「鉄」位なら出来る?と言う訳で、出船前にいすみ鉄道でキハ52&28を撮影して、出船確認してから港に行きました。

三浦半島越しに富士山

三浦半島越しに富士山

14時半前に港に到着すると、残りの席はミヨシ側しかありませんでした。左舷2番に席を確保して、車で着替えなどして一服。富士山が綺麗に見えたので堤防から撮影してみたりして時間を潰すと、15時から受付が始めったので、乗船代13500円に仕掛け一組800円、合わせて14300円を支払います。

準備をして用意が整った16時に出港して洲崎沖へ向かいました。
北風だったのでポイントまで追い風なので快適?に航行できます。洲崎灯台を交わして太平洋に出ると、少しうねりはあるものの大した感じでありませんでした。

航程50分程で、洲崎沖のポイントに到着です。既に太陽は沈み伊豆大島がシルエットになっています。
潮回りして船を風に立てるといままで追い風で感じなかった風をもろに当たります。

こりゃ厳しい釣りになるなぁと覚悟します。
水深100mのポイントでスタートフィッシング。
一投目は、水深60m程で、ガクガクブルブル。うわーサバに捕まったと高速巻き上げ。船中でも同じような光景。

3本針に40cmクラスのサバがパーフェクト。旨そうなサバはキープで細い奴は餌用に後で回収してもらいます。
2投目、3投目共にサバに捕まり底まで仕掛けが落ちません。

ようやく4投目で底まで落ち、誘いを掛けます。
ガクガクとアタリはあるのですが、その後針がかりした様子が無く、アタリが数度やって来ましたが喰わずで仕掛けを上げると餌を取られていました。既にムツの顔を見た人もいるので、急いで餌を付けて投入しようにも風が強いので手前祭りしそうなので急ぐことも出来きません。

落とせはサバに捕まるし、ようやくムツのアタリがあって巻き上げると、途中ですっぽ抜け?でしまうこともあり、ようやくムツの顔を見たのは開始から1時間程経過してからです。
今日は、サバだけかと心配していただけに30cmクラスですがほっとしました。

この頃になると中層でのサバは少なくなったものの、底でもサバが偶に回ってくるようになりました。
底に落として棚を切れば、アタリはソコソコ出るのですが喰いが浅いようで、なかなか針がかりしません。餌は頻繁に取られて無くなっています。

夜ムツの定番「やられたー」でサメがお出ましたになったようで、自分も巻き上げ途中にやれて仕掛け全て取られました。
船宿仕掛けは3組で800円なので、自分で作る手間を考えればねぇ

交換して戦列に戻ると、サバ。
底で誘いを掛けて、アタリがあったら送り込んで食い込ませていい感じになったところで最速巻き上げ!
40cmクラスの良型ムツGet

途中サバでオマツリしたものの、大事にならず逃れることが出来ました。
送り込ませすぎなのか、ハリスを切られる事もありましたが、予備の針を結んで来てきたので、直ぐに交換できました。夜ムツは仕掛けを作るより予備針を用意していたほうが色々と楽です。

アタリが少し遠のくと移動となりますが、風は全然収まる様子がありません。
送り込み戦法が効いたのか、一流しで1匹釣れるか釣れない程度になり、8時過ぎには4匹上げることが出来ました。

船中では全員が顔を見てますが、数がダメです。
前日はもう少し良かったのですが・・・

ガクガクとアタリがあった後に、食い上げ・・・サバだよと高速巻き上げしてみると、案の定サバが居ます。船上の上げるとまだ重いなと見ると茶色い魚体が居ます!。良型のムツゲットで5匹に。
20時半に次で最後の流しにしますと潮回り。

直ぐにアタリがあって上げてみればアジ。うーん君じゃないんだよねと再投入。
着底後棚を切って誘っているとガガガとアタリがあって引きが強くなった所で、スイッチ・オン!
今日のアベレージサイズをゲットです。

これでムツらしく6つ(6匹)になって、21時に沖あがりになりました。ちなみにこの日のトップは6匹が自分と左舷ミヨシ1番の人でした。

↓↓↓船宿HPから引用↓↓↓

半夜クロムツ 33~41cm 2~6匹 
洲ノ崎沖 95m
潮具合良くポツポツと食いだし好スタートでしたが、潮の流れパタリと止まると同時にアタリも遠のいてしまいました。
漁場変更も考えましたが、北風が強めでしたので潮変わりに期待しましたが、最後の最後に動き出したかな?って感じで盛り上がりませんでした。
海水温はまだ18℃以上あるし、魚探反応もバッチリなので潮の流れがあれば・・・ですか。

↑↑↑船宿HPから引用↑↑↑

簡単に片付けて、キャビンへ潜り込みんで一休み。
港には22時過ぎに到着となりました。
帰宅したのは0時過ぎ。翌日がゴミの日だったので、内蔵だけは処理しようと頑張り、寝たのは3時近くになりました。
いやー充実した1日でした。

この日の釣果。ムツ6,サバ5,味

この日の釣果。ムツ6,サバ5,味

【船宿】勝山港 萬栄丸
【料金】13500円(氷・餌付き)
【仕掛】幹糸10号間1.4m ハリス8号70cm 3本バリ オモリ150号

コメントを残す