【LTアジ・サバ】(8/25)金沢八景・三喜丸

毎年恒例の八景小柴港の三喜丸でのBBQ仕立てでの釣行です。
会社のメンバーで行っていますが、もう毎年の夏の恒例行事です。今年は8月に入って天候が悪く雨をしんぱいしていましたが、この釣りの時は毎年天気が良いのです。

7時にメンバーが三喜丸に続々と集合して、今回の参加者12名が揃い船長が初心者への釣り方レクチャーをしてくれて7時半に出船です。
は大人12名で7時半に出船です。

出港です。

今年は東京湾のアジは好調と事で期待をしながらか航程15分程の港前ポイントに到着です。水深は15m程で40号のビシにコマセを詰めてスタートになります。

底立ちとって1mタナ切ってコマセ撒いて1m上げて待つと言うセオリー通りに行うと、アジのシグナル。
ちょっと追い食いをまってから巻き上げると20cm位の食べ頃?サイズのアジがダブルで釣れました。
1投目からダブルとは幸先がいいです。

タナが合ったメンバーも次々にアジを上げており、入れ食い状態です。
足元のバケツにアジが10匹が入り、このままのペースで行くと束に行っちゃうじゃないか?と思ったのがいけなかったのか?この後、アジの喰いが細くなりポツポツ状態に。
来ても単発が多く、追い食いを待つとバレるパターンに。

タナも一定せず、底1mで来たり少し上ずって2.5mで来たりと探りながらの釣りになりました。
それでも初心者でもポツポツとアジを上げてます。

それにしてもこの日は暑かった~。風が吹けば海の上なので涼しいのですが、無風状態になると一気に汗が吹き出すます。
多分、アジもこの暑さで喰いが細くなったのでしょう・・・多分。

毎年、サバが回遊してきて大騒ぎになったりするのですが、今年は噂のとおりサバが少なくサバのひったくるアタリが全然ありません。
うーん、これはこれで寂しいです。

12時半まで港前で釣り続けて、アジが30に届くか届かない位で釣りは終了です。
八景島湾内に戻ってのBBQタイムです。

釣りの時間は短くなりますが、仲間内でこうやってワイワイやるのも楽しいもので、毎年このBBQ船をやらないと夏じゃない気がします。

BBQ準備中


ガスも鉄板焼きになりますが、海の上でのBBQってなかなか出来ませんからね。

1時間程BBQをして飲んで食べて楽しんだ後、船長からアジの捌き方伝授があり、14時半に沖上がりとなりました。
八景島を一周し、乗合船を先に入港させた後に帰港となりました。

船宿で清算をしてももらう間に、かき氷をごちそうになって生き返った気分に。
また来年、BBQ船でお世話になりますと集金をた代金を支払い、解散となりました。

帰ってクーラーの中を数えてみたらアジは29匹でした。

アジは29匹でした。

船長から教わった捌き方で内蔵と皮引きまでの処理をしたらすごく早く終わりました。

その日食べたアジは脂が乗って美味しかったのは言うまでもありません。
やっぱ東京湾のアジは最高です。

収支報告
 支出の部
  BBQ会費 13200円(乗船代、仕掛け代、飲食代などなどコミコミで)

 収入の部
  アジ 29匹
  カサゴ 2匹  

【LTアジ・サバ】(7/29)金沢八景・三喜丸

毎年恒例の八景小柴港の三喜丸でのBBQ仕立て、会社のメンバーで釣行でこのイベントを初めてかれこれ10年以上続く恒例行事です。

梅雨明けした東京は朝からいい天気でした。朝7時に港に全員が集合して準備が出来た7時15分に出船します。
当初はタチウオとアジのリレーにする予定でしたが、このところタチウオの状況が芳しくないとの事でまずはアジで様子を見ながら行くことになりました。

航程30分程の第二海保沖に到着。乗合船に交じってスタートとなりました。
初挑戦のメンバーに釣り方をレクチャーした後、自分も釣り始めます。水深は18m前後でタナは底から2mなので底立ちを取えい1m巻いてコマセを撒いてタナに合わせるを何回か繰り返すとクックンとアジのアタリ。

次第に潮が早くなり、40号のビシなので海流で浮き上がってタナから外れてしまいます。こまめにタナを取りますが直ぐにタナから外れてしまい、難儀な釣りに。
でもタナに合えばアジのアタリは出ます。でも食いが浅いので結構バレてしまったり、アタリだけで針掛かりしなかったりでアジは思うように数が伸びません。
上がってくるアジは25cm程度の中アジでまずまずの型なのですが・・・

潮が早くなってくるにつれアタリが遠のいていき、9時を過ぎるとアタリの途切れる時間が長くなりポイント移動する乗合船が多くなります。

完全な中だるみ状態になったので10時半に少し早いけどBBQにして午後の時間を長めにしようと船長にお願いして移動します。

第一海保の浅瀬でアンカーを入れてBBQです。
いい天気でBBQ日和りと言う事でワイワイと肉を焼いて喰って飲んでと楽しく過ごして後半戦へ。

朝と同じポイントで午後の部が始まります。
潮はかなり緩んでいるので釣りやすくなりましたがコマセを撒いてはタナ合わせしますがアタリがありません。
あれーこりゃダメなパターンなのか?

暫くはコマセを撒きながら辛抱だけど・・・と次第に悲壮感が漂い始めた時に突如奴らがやってきました。
東京湾名物、サバ祭りの開幕です。

アジのタナより少し上を狙うとガツン!とやってきます。
東京湾の栄養を蓄えたまるまる太った40cmクラスのサバがあちこちで上がります。それまでだらけていた雰囲気が変わりみんな必死に釣り始めます(笑)
なんせ末端価格にすれば1匹1000円はするサバですからね。

ちゃんとアジのタナを狙えばアジも上がるのででっぷりしたサバを5匹ほどゲットした後はアジ狙いへ。

沖上がりの14時半まで頑張って釣り、初挑戦のメンバーもお土産はゲットできたので何よりです。
自分の釣果的には今一つ感がありますが、毎年この釣りはレジャー感覚なので釣果は二の次です(ホントか?)

港には15時過ぎに戻り、清算&集金をして解散となりました。

ちなみに釣果は
 サバ5匹(42~46cm)
 アジ10匹(20~25cm)
 ガンゾウヒラメ1匹(20cm)でした。

名称未設定-1

【LTアジ・サバ】(9/26)金沢八景・三喜丸

毎年恒例の八景小柴港の三喜丸でのBBQ仕立て、会社のメンバーで初めてかれこれ10年以上続く恒例行事です。いつもは7月の終わり前後に行っているのですが、今年は諸事情により9月の後半の開催となりました。

この日の予報は曇でしたが、朝自宅を出発時にはまだ小雨が降っていました。BBQ船の時は今まで晴だったので今日は大丈夫かな?と心配しまいましたが現地につく頃には止んでくれて助かりました。

メンバーも続々と集合して、今回は大人10名と子供1名で7時半に出船です。
港を出るとちょっと波がコチャコチャしています。まあウサギが飛んでないで、このあと収まればいいな・・・

航程20分程で中の瀬航路標識脇に到着。
出船前に船長から今日はアミコマセの方が型が大きいのが上がると言うので、ビジにアミコマセを詰めて投入しますが、潮が早く流されてしまいます。

アミコマセなので結構コマセが出てしまうのが早く、何回かコマセを入れ換えますがなかなかアタリがでません。暫くコマセ撒きを続けましたが反応がでなかったのか、ポイント移動となりました。

八景の港前のポイントに戻り、再開。
コマセを詰めて投入すると、アタリはじめ、自分にもガツンとアタリが到来。こりゃ大きいぞと巻き上げると横走。あちゃサバだよ。

周りはアジを上げてますが、なぜか自分は連チャンでサバ。

NCM_1662アジも大型が多く交じると言う話だったのですが、今日は10cm程度のコアジがメインで時折30cm級が姿を見せるだけです。

アタリは頻繁にありますが、潮が早いのでどうしても仕掛けが浮いてしまい棚が狂ってしまいます。調整をしながら棚に合わせるとクックンと小さなアタリ。
コアジばかりです。

アミコマセを使うのですが、ビシの下を完全に閉めていてもどうもなくなるのがイワシミンチより早くてコマセの消耗も激しいく、10時半頃には船に積んでいたアミコマセが底を付いてしまい、「コマセ補給に戻る」との事

港に戻のかと思ったらシーパラの前を通過して南下すると八景の船が釣っている脇へ。
その船からアミコマセを分けて貰うのですが、流石に横付けは出来ないので海にコマセの袋を投げて貰いそれを拾うと言う、なかなか珍しい?ショーが繰り広げられるのも仕立て船ならので出来ごとです(笑)。

再び、ポイントに戻り再開となりましたが、若干アタリは遠のいた感じですが、さっきより大型のアジが出る確率が高くなった気がします。

13時近くに補給したコマセも無くなったのでBBQに転向します。サバ3,大アジ6,小アジ30でした。まあ実質半日船での結果ならまあまあですね。

NCM_1663八景島の湾内に戻っていつの場所でBBQとなります。
船上なので残念ながらガス台になりますが、それでも船上で肉や野菜をわいわい焼いて食べるのは楽しいです。
結構、三喜丸のBBQ船は人気が高くて結構早くから予約しないと週末は予約で埋まってしまいます。

真夏の暑い時なら船から飛び込んで遊ぶことも出来ますが、今日は海に入る気温じゃないし、年寄り(笑)ばかりなので今日は泳ぎは無しです。

締めの焼きそばを食べて14時半頃に沖あがり?として帰港。
船宿で精算をしてちょっと早めに解散となりました。