【手長エビ】(5/31)荒川周辺

そろそろシーズンインの手長エビ頃だと言うので、緊急事態宣言が解除され、「密」にならない外出なら大丈夫だろうと、荒川のいつもの場所に行ってみました。

今日は曇空でこの日は小潮で干潮が18時40分なので時間的には下げ潮となり、条件的には手長エビ釣りには良いです。

14時頃にいつものポイントに入りましたが誰もおらず、「密」回避です。
いつもは赤虫を隣町の釣具屋さんへ買いにいくのですが、手長エビは家にあった「魚肉ソーセージ」でも釣れると言うので、持参してみました。

ヤジロベー天秤仕掛けにを準備し、魚肉ソーセージを付けてエビの居そうな場所に投げ込みます。
玉ウキの動きを見ながらエビからの当たりを待ちますが・・・
荒川でエビ釣り
おっ、ウキが沈みいい引きだと思っいながら抜き上げると、定番外道のダボハゼでした。
魚肉ソーセージでも行けるんかいと思い、次はエビで有るように念じます。

しかし、その後は待てど暮らせどエビのアタリらしい動きがありません。
うーん、去年の今頃は良かったんだけどなぁー。

このポイントは、最初がダメでも時合到来があるからノンビリ行き交う電車を見ながら、餌にしなかった魚肉ソーセージを食べながらノンビリ待つことにします。

時折、聞きアワセを入れてみますが、エビが掛かっていることはありません。でも餌のソーセージが無くなっていることがあったので居るのか?

結局16時半まで粘りましたが本命は釣れず、納竿しました。
釣れませんでしたが、この2ヶ月間はコロナ禍で釣り以前に外でゆっくりすることが無かったので良かったかな。

コメントを残す